キング

キング “The King”

監督:デヴィッド・ミショッド

出演:ティモシー・シャラメ、ジョエル・エドガートン、ロバート・パティンソン、
   ベン・メンデルソーン、ショーン・ハリス、リリー=ローズ・デップ、
   トム・グリン=カーニー、トーマサイン・マッケンジー、
   ディーン=チャールズ・チャップマン、エドワード・アシュレイ、
   アンドリュー・ヘイヴィル、イヴァン・ケイ、スティーヴン・エルダー、
   ゲルゲイ・スチ、トム・ラクロワ、ジェレミー・シュヴィヨット

評価:★★




 ティモシー・シャラメが演じるのは後のヘンリー五世であるハル王子だ。冒頭、その彼のひょろひょろの半裸が連発される。今いちばん勢いのある若手スターのひとり、シャラメの今この瞬間の美しさを収めたい。その狙いは分かるものの、ウィリアム・シェイクスピア劇とは思えないグラビア風の画にイマイチ乗り切れない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ザ・ランドロマット パナマ文書流出

ザ・ランドロマット パナマ文書流出 “The Laundromat”

監督:スティーヴン・ソダーバーグ

出演:メリル・ストリープ、ゲイリー・オールドマン、アントニオ・バンデラス、
   ジェフリー・ライト、アレックス・ペティファー、メリッサ・ローチ、
   ジェフ・ミチャルスキー、ジェーン・モリス、ロバート・パトリック、
   デヴィッド・シュワイマー、クリステラ・アロンツォ、ラリー・クラーク、
   ウィル・フォーテ、マティアス・スーナールツ、
   ジェームズ・クロムウェル、シャロン・ストーン

評価:★★




 パナマ文書が世界を震撼させてから(いや、呆れさせてから)、もう3年以上経つのか。説明の必要はないだろう。法律事務所モサック・フォンセカから漏れた機密資料のことで、そこにはタックス・ヘイブンを利用した大企業や大富豪の税金逃れ、或いは犯罪者の資金隠しについて、細かに記されていた。スティーヴン・ソダーバーグは節税と脱税の薄い壁をどうのように崩していくのだろう。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

アザーフッド 私の人生

アザーフッド 私の人生 “Otherhood”

監督:シンディ・チュパック

出演:アンジェラ・バセット、パトリシア・アークェット、フェリシティ・ハフマン、
   ジェイク・ホフマン、ジェイク・レイシー、シンカ・ウォールズ、
   ハイディ・ガードナー、スティーヴン・クンケン、ダミアン・ヤング、
   アフトン・ウィリアムソン、フランク・デ・ジュリオ、ベッキー・ニュートン、
   マリオ・カントーネ、ティム・バグレー、
   モリー・バーナード、エミリー・トレメイン

評価:★★




 「子どもたちを自立した人間に育てた。おかげで私たちは不要になった」。母の日に花もカードも送ってこない息子たち。不満顔の母親三人の会話に出てくるセリフだ。斯くして三人は息子たちの住むニューヨークに連絡もせずに乗り込む。そう、『アザーフッド 私の人生』は痛い母親たちの物語だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ルディ・レイ・ムーア

ルディ・レイ・ムーア “Dolemite Is My Name”

監督:クレイグ・ブリュワー

出演:エディ・マーフィ、キーガン=マイケル・キー、マイク・エップス、
   クレイグ・ロビンソン、タイタス・バージェス、
   ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ、コディ・スミット=マクフィー、
   スヌープ・ドッグ、ロン・セファス・ジョーンズ、
   バリー・シャバカ・ヘンリー、ティップ・“T.I.”・ハリス、ルネル、
   タシャ・スミス、クリス・ロック、ウェズリー・スナイプス

評価:★★★★




 アメリカコメディ界には、マシンガントークを売りにするアフリカ系コメディアンが定期的に現れる。ルディ・レイ・ムーアはその走りなのかもしれない。最初こそ鳴かず飛ばずだったものの、下品な下ネタを吐くキャラクター、ドールマイトを生み出してからはとんとん拍子の出世ぶり。文化の違いか、その下ネタのどの辺が面白いのかはイマイチ理解できないものの、『ルディ・レイ・ムーア』の主人公を眺めていると、単純に元気が沸いてくることは確かだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プライベート・ライフ

プライベート・ライフ “Private Life”

監督:タマラ・ジェンキンス

出演:ポール・ジャマッティ、キャスリン・ハーン、ケイリー・カーター、
   モリー・シャノン、ジョン・キャロル・リンチ、デニス・オヘア、
   デスミン・ボルヘス、エミリー・ロビンソン

評価:★★★★




 主人公の四十代夫婦は不妊治療に励む。シヴィアな問題であり、それにまつわる現実が残酷に突きつけられる。夫婦の心は激しく揺さぶられる。当事者の方々が観たら気分が滅入るところも多いと察する。それでも『プライベート・ライフ』には勝算がある。夫婦を演じるのがポール・ジャマッティとキャスリン・ハーンだからだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ