フッテージ

フッテージ “Sinister”

監督:スコット・デリクソン

出演:イーサン・ホーク、ジュリエット・ライランス、クレア・フォーリー、
   マイケル・ホール・ダダリオ、フレッド・ダルトン・トンプソン、
   ジェームズ・ランソン、ヴィンセント・ドノフリオ

評価:★★




 『フッテージ』で最も面白いヴィジュアルは、かなり早い段階に訪れる。ノンフィクション作家を家長に持つ家族が、以前殺人事件があった家に越してくる。その中でいちばん最初に怪現象に遭遇するのが12歳の長男だ。皆が寝静まった真夜中、廊下にぽつんと置かれた段ボール箱から突如飛び出してくるのだ。しかもエビ反り体勢で!当然顔は上下逆になるから、誰なのか一瞬では判別できない。「エクソシスト ディレクターズカット版」(00年)のスパイダーウォークを思い出す。怖い。だけど笑える。コレだ。

 ご丁寧に屋根裏部屋に映写機と共に置かれていた8ミリフィルムに残されている映像が、案外ソフトな描写で拍子抜けだ。大木に吊るされたり、車ごと焼かれたり、水中に引きずり込まれたり…確かに残酷なスナッフフィルムではあるものの、強烈なインパクトと呼ぶほどではない。思わずのけぞってしまうような悪魔的な画が欲しかったところだ。ただし、記録メディアがCD-RやUSBメモリでないのは悪くない。

 全然似ていないのに、次第に稲川淳二に見えてくるイーサン・ホークがこのフィルムに着目する。そもそもが家で起こった殺人事件の調査目的でやってきた彼は、映像が何を意味するのか突き止めようとするのだ。それなのに、あぁ、ホークの調査が生温いこと。書斎にこもってフィルムを映写、それをパソコンに落として分析するという地味な作業を、亀の歩みでこなしていく。家から出ることなく、フィルムを小出しに見ていくだけなのがまどろっこしい。ホークよ、足を使っててきぱき調査せんかい。そりゃベストセラーは夢のまた夢だ。

 小さな恐怖描写が彼方此方に散りばめれるものの、いずれも冷静な気分を誘う。ギョッとする場面はある。あるけれどしかし、それは突然の巨大音やショッキングな映像等、頭の悪いホラーの演出を倣っているに過ぎないことに気づく。後半には目には見えない存在が堂々姿を見せ、想像力まで奪っていく。

 しかし、いちばんの無念は、恐怖の根源であるはずの8ミリフィルムから毛穴に染み入るような禍々しさが感じられない点だ。デジタル撮影ゆえに映像の美しさが恐怖を邪魔しているというのもある。けれどより大きな原因は、次第に浮上する呪いが薄味だからではないか。とある邪教の存在が明らかになっても、その呪いが人間ならではの怨念の結びつかない。代わりにゲーム的な展開に向かって直進していく。呪いには法則があるってアンタ…。

 これはひょっとして日本製ホラーの影響ではないか。分かりやすいところで、貞子の出てきたアレ。ビデオテープを他の人に見せければ7日間以内に死ぬだとか、ダビングすれば死ななくて良いだとか…。ホラーの世界にまでゲーム感覚が持ち込まれるだなんて、世知辛い。いや、話の鍵を握る邪教の怪人の容姿が、懐かしのダダ星人風なのはナイス!なんだけど…。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ