June 21 - 23 weekend, 2013

June 21 - 23 weekend, 2013

1 モンスターズ・ユニバーシティ|$20,587(4004)$82,429,469
2 ワールド・ウォーZ|$18,412(3607)$66,411,834
3 アンコール!!|$12,864(2)$25,728

4 マン・オブ・スティール|$9,814(4207)$210,078,153
5 The Attack|$9,126(3)$27,379
6 Lost and Found in Armenia|$7,604(1)$102,934
7 シージャック|$5,627(7)$5,627
8 マニアック|$5,571(1)$5,571

9 This is the End|$4,350(3055)$58,082,166
10 Fill the Void|$4,059(46)$629,684

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 一時は森久美子さんを倣って巨体歌手と化していたクリスティーナ・アギレラさんが、ダイエットに成功しました。オーディション番組「The Voice」でスレンダーな身体を披露したアギレラさん。フレッシュダイエットというデリヴァリーサーヴィスによるダイエット食品のおかげで痩せられたとのこと。が、アギレラさんはこれを否定。「ダイエット食品で痩せたわけではない」と怒っているとか。自力で痩せたことにした方がカッコ良いということでしょうか。別に痩せりゃ何でも良いと思いますが…。ちなみにフレッシュダイエットとは、カロリー計算された料理が届くサーヴィス。できるだけ楽したい怠け者…じゃなかった忙しい人向けと言えましょう。

 Box Office。公開2週目の『マン・オブ・スティール』が興収2億ドルを、5週目の『Epic』が1億ドルを超えました。『マン・オブ・スティール』は来年早々と続編が公開されるとの一部報道がありましたが、いやー、それはやめた方が良いと思いますね。どう考えても時間が足りないでしょうよ。スーパーマンだからって、何でもかんでも早過ぎるのはよろしくないでしょう。特に夜は…。

 チャートへ。第1位は『モンスターズ・ユニバーシティ』(原題:『Monsters University』)。ピクサーの大ヒット作「モンスターズ・インク」(01年)の前日譚。サリーとマイクが大学で出会いコンビを結成、最高の怖がらせ屋になろうと奮闘する様が描かれます。そうかー、モンスターには学校があるのか。日本の妖怪には学校も試験もないのにねぇ。それどころか会社も仕事もなくて、夜は墓場で運動会ですよ。声の出演はビリー・クリスタル、ジョン・グッドマン、スティーヴ・ブシェーミ、ヘレン・ミレン、アルフレッド・モリーナ、デイヴ・フォーリー、ショーン・P・ヘイズ、ネイサン・フィリオン、ジョン・クラシンスキー、ボニー・ハントら。

 2位に入ったのはマーク・フォスター監督の『ワールド・ウォーZ』(原題:『World War Z』)。マックス・ブルックスのベストセラー小説の映画化で、中国の小さな村から始まった疫病の蔓延と人々がゾンビと化した終末的世界が描かれます。出演はブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ダニエラ・ケルテス、ジェームズ・バッジ・デイル、マシュー・フォックス、デヴィッド・モース。ピットは先日、中年太りが報じられました。腹回りが明らかにだぶついているそうな。でもねー、キアヌ・デーヴス…じゃなかったキアヌ・リーヴスよりはマシだよなー。カンヌに現れたリーヴス、作品を撮影していないからってあの肥えっぷりはないよなー。…と、自分のことを棚に上げて言ってみる。

 『アンコール!!』(原題:『Unfinished Song』)は3位へ。病に倒れた妻の代わりにロックやポップスを歌う老人合唱団に入る頑固夫を描く作品。老人版「glee」みたいな感じでしょうか。合唱というと、どうしてもドリフの少年少女合唱隊を思い出してしまいます。好きだったな。ああいうの、今はできないもんかね。テレンス・スタンプ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジェマ・アータートン、クリストファー・エクルストンらが出演。

 5位インは『The Attack』。レバノン・フランス・カタール・ベルギー合作映画で、ヤスミナ・カドラのベストセラーが原作。テルアヴィヴで幸せな生活を送っていた外科医が、妻が自爆テロの首謀者だったことを聞かされて真相を探る様が描かれます。アリ・スリマン、デヴゲニア・ドデナ、レイモンド・アムサレムらの出演。スリマンはジェイソン・ステイサム系ハゲの俳優。小奇麗にすれば結構ハンサムだと思いますが、自分よりも1歳年下というのがショック…。本当ならこれぐらい大人な感じになっていないといけないんだよなー。

 7位に登場したのはデンマーク映画『シージャック』(英題:『A Hijacking』)。インド洋で身代金目的のための海賊にシージャックに遭った商船のオーナーが船員たちを救おうとする様を描くドラマティック・スリラー。ヨハン・フィリップ・アスベック、ソーレン・マリン、ダール・サリム出演。今海賊と言ったらジョニー・デップなのかもしれませんが、個人的には「黒ひげ危機一髪」だったりします。どこに行ったのかなぁ。バネの部分が壊れちゃった記憶があるので、多分捨てたんだろうなぁ。

 1980年のカルトホラーをリメイクした『マニアック』(原題:『Maniac』)は8位。マネキンの修復家の青年が夜な夜な町に繰り出し、女を殺害しては本物の「ウィッグ」を収集する話。出演はイライジャ・ウッド、ノラ・アルネゼデール。ウッドの殺人鬼役、意外にハマっていましたね。殺人鬼の視点で描かれるので、ほとんど映りませんでしたけど…。個人的には殺人場面よりも、ウッドのM字ハゲが進行中だったのが衝撃でした。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ