ビル・カニンガム&ニューヨーク

ビル・カニンガム&ニューヨーク “Bill Cunningham New York”

監督:リチャード・プレス

出演:ビル・カニンガム

評価:★★★★




 迂闊だった。どうしてこれまでビル・カニンガムのことを知らずに生きてこられたのだろう。The New York Timesでコラムを書いているカニンガムは、50年以上に渡ってニューヨークの街角を歩く人々の姿を切り取ってきたファッションフォトグラファーだ。年齢は80歳を超える。ファッション界の大物とも顔見知りだし、おそらくファッションに興味のある人の間では相当な有名人でもあるだろう。ただ、その仕事はよく知られていても、彼自身はヴェールに包まれている。『ビル・カニンガム&ニューヨーク』はその謎を解き明かす。

 カニンガムは所謂有名人には興味がない。彼がカメラを向け続けるのは道行く人々だ。「最高のファッションショーは、常にストリートにある」と言ってのけ、ニューヨークで生活する人々の着こなしを撮り続ける。彼が興味を持っているのは洋服であり、それを自分の身体の一部として馴染ませている人こそが、彼にとってのスターなのだろう。「ファッションは鎧」、洋服を見れば、その人が分かるのだ。その面白さをカニンガムは知っている。一見「有名人を撮らないパパラッチ」だけれど、全く性質が違う。

 そうして出来上がった写真の多くが、躍動感に満ち溢れていること!ポーズを取った写真よりも日常生活の一部を切り取った写真がユニークだ。紙面に選ばれるのは、洋服を着ることで自分を表現している人たちだ。スタイリストによって一流ブランドを着せられている有名人なんかではない彼らの、唯一無二の個性を楽しむ。人は誰一人、同じではない。カニンガムは言う。「誰でもセンスはある。ただ勇気がないんだ」。恐れることなく洋服と一体化した者を、カニンガムは愛する。

 ニューヨークの街はカニンガムに寛容だ。たまに「勝手に撮るな」という辛辣な言葉(もっともな言葉でもある)を投げ掛けられるものの、多くは気にすることなくカメラを受け入れる。車や人が行き交う街角が、カニンガムにウィンクしているようだ。この街がなければカニンガムの写真は完成しないかもしれない。もしロサンゼルスやラスヴェガスだったら?想像できない。

 カニンガムの私生活も探られる。欲するならばいくらでも贅沢できるだろうに、彼の生活は質素だ。カーネギーホールの上という場所こそリッチな匂いを漂わせるものの、スタジオを居住空間に仕立て上げたその部屋は、とても小さい。にも関わらず仕事に関するものが大量に並べられている。それこそ足の踏み場もないくらいの雑多な感じ。彼にとってみれば、道具が置けて、寝ることさえできればそれで良いのに違いない。

 街中で写真を撮り続けられたら他には何も要らないという姿勢は、仕事中のスタイルにも表れている。ブルーの上っ張りを着て、カメラの入った鞄を肩にかけ、愛用の自転車を漕ぎ出せば、周りは全てがカニンガムの被写体になる。ファッション好きでありながら、自分には無頓着なのが可笑しい。食に対するこだわりはなく、コーヒーは安ければ安いほど旨いと言う。ポンチョはすぐに破れるから安物だし、破れてもビニールテープで修復して着続ける。

 つまり彼は、仕事一色の生き方だ。友人はいるものの恋人はいない。ひょっとしてある種の人から見れば、彼は淋しい人、孤独な人なのかもしれない。けれどカニンガムは、淋しさや孤独と付き合う術を体得している。人生を賭けてやりたいことはストリートファッションを撮り続けることで、そのための犠牲は苦でなくなる。いや、犠牲なんて思ってすらいないだろう。ニューヨークで自分の世界を創り上げている。そこでの彼は、彼自身の王なのだ。こんな幸せなことがあるだろうか。

 有名人が集うパーティでご馳走が並んでも目もくれない。一杯の水も拒否する。フォトグラファーとして客観性を保つためだ。芸術文化勲章を受賞するためにパリを訪れるも、結局人々にカメラを向ける。そして撮り続けることは「仕事ではなく喜び」だとスピーチする。彼の笑顔には自分らしく生きる者しか得られないだろう本物の輝きがある。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ