愛しのクイニーアマン

 「クイニーアマン」というパンの名前を覚えたのは、もう10年以上前のことになるだろう。調べてみたところ、どうやら当時はちょっとしたブームが巻き起こっていたらしい。ブームは知らなかったのに何故名前を記憶しているのかというと、懐かしの「ポストペット」を使っていて、うさぎのムーン(名前)のおやつとして入手したからだ。二文字ほど入れ替えたり並べ変えたりしたらデンジャラスな言葉になりそうな点も、記憶に残った理由だと思われる。

 それが今年に入ってすぐ、ひょんなことからクイニーアマンを貰う機会があった。食してみたところ、これがなんともまあ美味しくて美味しくて、ほとんど感激してしまったのだ。近所のスーパーマーケットに入っているパン屋さんで買われたというそのパン、お値段、たったの100円。これはもう、これから週に二回は食べるが良いというお告げであろう。そんな風に張り切っていたところ、ところが、そのパン屋さんが閉店してしまったではないか。一粒の涙がこぼれ落ちる。

 が、あの味をこのまま諦めるのは惜しい。他のパン屋でも焼いているかもしれない。これはもう新たなるクイニーアマンを求めてパン屋巡りするべきではないか。そう思い立ち、実は1月から名古屋駅にあるパン屋を中心にクイニーアマン食べ比べをしていたのだった。クイニーアマン、クイニーアマン、美味しいクイニーアマンよ、寄ってこい。

 色々調べて回ったところ、パン屋にクイニーアマンを置いてある確率は、大体50%ほどだ。値段は150円から250円ぐらいまでまちまち。パン一個に250円というのは、我が金銭感覚からすると高いと感じてしまうのだけれど、もしあの味を得られるのであれば、それぐらいは仕方がない。250円で天国へ行けるのであれば、むしろ安いと言える。地獄に落ちるしかない悪人たちも、250円出せば天国に行けるのだ。

 5月31日現在のWikipediaによると、クイニーアマンは「フランスのブルターニュ地方における伝統的な洋菓子の一種」。名前にはブレイス語でバターの意味があり、「強力粉と薄力粉を混ぜたものにドライイースト、砂糖(グラニュー糖)、塩、バターを加えてブリオッシュ風の生地を作り、冷蔵庫でしばらく寝かせ」て作るとのこと。バターの愉快な匂いに包まれた、甘くて香ばしい味わいを創り出した偉大なる人物は、おフランス人のイヴ=ルネ・スコルディアというパン職人らしい。1860年ぐらいのことらしく、なんと150年も前からおフランス人はクイニーアマンを楽しんでいたのだ。衝撃だ。日本人は饅頭だけで満足している場合ではない。これはもう、エイブラハム・リンカーンと同列に語るべき人ではないか。スコルディアさん、今まで名前を存じ上げなくてアイム・ソーリー。

 調査では、コンビニも含め、約6軒からクイニーアマンを入手することができた。スコルディアさんが生み出した味を再現できているパン屋は(いや、スコルディアさんのクイニーアマンは食べたことがないけど)、その内3軒だ。硬過ぎたり甘過ぎたり、我が舌を満足させられなかったパン屋よ、更なる修行を積むが良い。

 ここでは、及第点のクイニーアマンの中でも、最も美味しかったパン屋を挙げる。じゃじゃーん、No.1は…DONQさんのクイニーアマンです!!!!!

 名駅では近鉄パッセの地下に入っているパン屋さん。神戸に本社があるパン屋さんで、どうやら全国に店舗があるらしい。DONQでは元々のクイニーアマンにカラメルやパイの要素を盛り込んだ「クイニィアマンレテュー」として販売していて、一個252円。特にパイ生地のオリジナリティがよろしい。あまりの美味さに、家族や知り合いに次々差し入れをしたのだけれど、差し入れた先では毎度感動の嵐が吹き荒れていた。そうでしょう、そうでしょう。これがクイニィアマンレテューの実力ですよ。

 DONQのNo.1が決まって以来、それこそ毎週のようにクイニィアマンレテューを食していた。食後のお楽しみというヤツで、うーん、250円で買える幸せもなかなか良いものだと優雅に構えていたのだけれど、ある日突然、クイニィアマンレテューは近鉄店から消えた。正確には普通の「クイニーアマン」へと姿を変えた。一個230円。

 普通のクイニーアマンも美味しい。悪くない。けれどやっぱり「クイニィアマンレテュー」には敵わない。DONQさんよ、なぜ「クイニィアマンレテュー」をやめたのだ。近鉄店だけなのか。そうなのか。どうなんだ。そうならば、他の店舗まで足を伸ばす覚悟だ。

 「クイニィアマンレテュー」が食べられなくなってから2カ月近く経つ。怖ろしいことに、夢にまで見るようになった。禁断症状の表れと言えるだろう。あぁ、食べたいのに食べられないなんて、それならば出会わなければ良かったのに…。つまらない恋愛映画の主人公のような思いでいる今日この頃。なんとかまたあの味を手に入れられるよう、新しい旅に出るつもりだ。

 余談になるけれど、高校生の頃だから20年ぐらい前か、結婚式に出席するため滞在した浜松のホテルで、モーニングとして出てきたクロワッサンの美味しさも忘れられない。あれ以上のクロワッサンにお目にかかったことは、一度たりともない。誰か美味しくて死にそうになるくらいのクロワッサンをご存知の方、ぜひとも教えて下さい。さらに余談になるけれど、物産展で30分も並んで入手した「マ●ムシ●コ」の「マ●ムブリ●レ」は、どうも美味しさが分かりませんでしたわさ。なんだか甘いだけだったなぁ。あぁ、あの30分並んだことで使ったエネルギーをクイニーアマン調査に費やせば良かった…。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ