L.A. ギャング ストーリー

L.A. ギャング ストーリー “Gangster Squad”

監督:ルーベン・フライシャー

出演:ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、
   ニック・ノルティ、エマ・ストーン、アンソニー・マッキー、
   ジョヴァンニ・リビージ、マイケル・ペーニャ、ロバート・パトリック、
   ミレイユ・イーノス、サリヴァン・ステイプルトン

評価:★★




 不謹慎にもオープニングシーンに興奮する。1949年のロサンゼルスを牛耳っていたミッキー・コーエンが、ハリウッドの丘に立つ。目的はヘマをやらかした小者の処刑だ。そのやり口が強烈なのだ。手と足を鎖で納豆風に縛り上げる。鎖が繋ぐ先にあるのは車だ。怒りが頂点に達したコーエンは、静かに命令を下す。車が全速力で走り出し、身体が引き千切られる。バラバラになった身体をコヨーテが美味そうに喰う。

 思うにギャング映画で最も重要なのは、役者の顔だ。軟弱な顔が出てきてしまっては、全然気分が出ない。その点、『L.A. ギャング ストーリー』は優秀だ。コーエンを演じるのはショーン・ペンだ。このところ演技過剰が目立つペンだけれど、ここでは大芝居、大いに結構。存分にやってこそ輝くキャラクターだ。コーエンは単なる悪党ではない。その支配力は警察にも裁判所にも及ぶ。企業家としても絶大なる影響力を持つ。映画スター以上に時代のカリスマと言って良い。ペンが顔面を捩じれば捩じるほどに画面が活気づく。

 ペンに対抗する手段としてまず、人数を揃える。ギャング側はペンひとりに代表させ、対抗する警察側は6人のチームが組まれる。ジョシュ・ブローリンの強面は役柄にぴったりだし、シャレ者担当としてライアン・ゴズリングが出てくるのも頷ける。けれど、6人束になってかかっても、ペンの存在感に負ける。6人のバックにニック・ノルティを置いて、初めて何とか格好がついた感じだ。でもストーリー上、これぐらいのバランスで良いのかもしれない。カリスマがあっさり敗れ去っては話にならない。

 ただ、警察チームが仕掛ける作戦はもっと捻るべきだ。コーエンの息のかかった場所を次々襲うのは良いとして、いずれも行き当たりばったり、出たとこ勝負なのはつまらない。チームの武器が恐れを知らぬ勇気と貴い正義心だなんて、週刊少年ジャンプじゃないんだから。何しろチームはこれを、「戦争」として捉えている。奴と俺たちの違いはどこにあるのだろうと苦悩することもある。警察がそこまでするかと呆れるくらいにあくどく、目を背けたくなるほどに過激に勝負を挑んだ方が、断然盛り上がったはずだ。警察であるという誇りが、お行儀よく足を引っ張っている感が否めない。

 アクション場面は人物の出し入れがもたつく。コーエン側には部下たちがたっぷりいるし、チームも6人が総攻撃をかけるものだから、その混沌を整理し切れない。せっかく動きの速い役者が揃えられているのに。チーム側の各々の役割がもう少しはっきり打ち出されていたら、ケレンが弾けたかもしれない。個性が活かされない。

 40年代の美しい美術や衣装に包まれたエマ・ストーンはコーエンの女として華麗に舞う。黒味の差した赤や青のドレスを妖艶に着こなす。けれど、育ちの良さを隠せないストーンよりも印象に残るのは、ブローリン演じる警官の妻を演じたミレイユ・イーノスだ。身重の彼女は夫の立場を理解しながらも、その安全を心から願う。コーエン担当になったことを怒りながら、けれど覚悟を決めてからは献身的に彼をサポートする。眼差しの切なさにグッとくる。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ