April 26 - 28 weekend, 2013

April 26 - 28 weekend, 2013

1 コン・ティキ|$11,084(2)$22,168
2 The Reluctant Fundamentalist|$10,307(3)$30,920

3 In the House|$7,257(4)$74,943
4 Pain & Gain|$6,178(3277)$20,244,505
5 Mud|$6,103(363)$2,215,460

6 オブリビオン|$4,695(3792)$65,090,925
7 Kings Faith|$4,608(6)$27,648
8 42|$3,130(3405)$69,011,815
9 The Big Wedding|$2,883(2633)$7,591,663
10 Disconnect|$2,360(111)$770,000

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 世界ツアーで大きな話題を呼ぶビヨンセさんが、許可したカメラマン以外によるツアー写真の撮影を禁止しました。アメフトの祭典、スーパーボウルでパフォーマンスした際、パフォーマンス中のスンゴイ形相がとあるサイトにたっぷりアップされてしまったたことが原因だそうです。ビヨンセさんがそのサイトにブサイク写真の削除を求めたところ、サイト側は「削除を求められた写真」として再び写真を紹介。それをきっかけに、ビヨンセさんがハルクになったり、ゴリラになったり、ロブスターになったり、重量挙げ選手になったり、中島知子さんになったり(嘘)…と加工したものまで出回るハメになりました。しかし…ビヨンセさんのパフォーマンス中の顔って、スーパーボウル時のものに限らず、ホントに強烈。物の怪って本当にいるんだなぁと…。

 チャートへ。第1位デビューに成功したのは、オスカー外国語映画賞候補にも挙がったノルウェー映画『コン・ティキ』(原題:『Kon-Tiki』)。コン・ティキという名のいかだにより8,000キロの太平洋横断に挑戦した男たちを描く海洋アドヴェンチャー。子どもの頃、いかだを使って用水路を渡ろうとしたことがあります。見事に沈みました。一生浮き輪でいいやと悟りました。出演はポール・スベーレ・バルハイム・ハーゲン、アンダース・バースモー・クリスチャンセン、ヤコブ・オフテブロ、トビアス・サンテルマン、オッド・マグナス・ウィリアムソン。

 『The Reluctant Fundamentalist』が2位登場。2001年米国同時多発テロをきっかけにアメリカンドリームを叶えたパキスタン人青年の人生が狂っていく様を描くドラマ。リズ・アーメッド、ケイト・ハドソン、キーファー・サザーランド、リーヴ・シュライバーの出演。ハドソンはミューズのマット・ベラミーとの交際が順調。ふたりの間に生まれた子どももすくすく育っているようですが、妊娠が分かったのは交際二ヶ月のときだそうです。ふむ、ベラミーは仕込みが早い男だったのですね!その調子でアルバムをばんばん作って下さいよ。

 4位に入ったのはマイケル・ベイ監督の『Pain & Gain』。フロリダのボディビルダーたちが恐喝・誘拐事件に巻き込まれる様を描くブラックテイストのアクション・スリラー。ボディビルダーに扮するのはマーク・ウォルバーグとドウェイン・ジョンソン。ふたりとも二の腕、太っっっ。確実に堀北真希ちゃんのウエストより太いですよ!腕にウエストがあるってどんな気分なのか味わって…みたくもないのはワタクシだけでしょうか。アンソニー・マッキー、エド・ハリス、ロブ・コードリー、トニー・シャルーブ、レベル・ウィルソン、ケン・チョン共演。

 『Mud』は5位へ。ミシシッピーの島に隠れている逃亡者の男と知り合うふたりの少年を描くドラマ。タイ・シェリダン、ジェイコブ・ロフランド、マシュー・マコノヒー、サム・シェパード、マイケル・シャノン、そしてリース・ウィザースプーンの出演。マコノヒーは新作のために敢行した激痩せ状態から戻りつつありますが、いやー、まだまだ以前のような健康体の容姿には程遠いなぁ。あそこまで身体を追い込むと、ひょっとして元に戻るのは難しいのでは…。クリストファー・ノーランの次回作に主演が決まったとの報道もありますが、なんとか撮影までに輝きを取り戻して欲しいもんです。

 『King's Faith』は7位にランクイン。ギャング生活から足を洗おうとする18歳の少年を描くインディーズ・ドラマ。 18歳かー。日本だと丁度大学受験の頃ですね。あの頃は大学はどこでも良いから、一刻も早く勉強漬けの生活を終わらせたいと思っていました。それくらい高校が用意した受験対策プログラムが辛かった…。その割りに週に二回は映画館に行っていたなぁ。時間や金はどうやってやりくりしていたんだろ。今となっては謎。クロフォード・ウィルソン、ケイラ・コンプトン、ジェームズ・マクダニエル、リン・ホイットフィールドの出演。

 9位は『The Big Wedding』。周りに内緒で離婚した熟年男女が養子の息子の結婚式の間だけは仲の良い夫婦を演じるようとすることが起きる出来事を描くロマンティック・コメディ。出演陣がやたら豪華で、ロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、キャサリン・ハイグル、アマンダ・セイフライド、トファー・グレイス、ベン・バーンズ、そしてロビン・ウィリアムス。セイフライドはこのところ、「レ・ミゼラブル」(12年)の共演者であるアン・ハサウェイとの不仲説が取り沙汰されていますが、授賞式後の対応には笑いました。「アン、愛してるわ」のツイートだけで済ませて(火に油を注ぐとも言う)、ハサウェイに近づき過ぎず、無視をすることもせず…自分へのダメージをゼロに近いところまで押さえ込みました。ふむふむ、君子危うきに近寄らず、です。

 圏外。48位に登場したのは『Arthur Newman』。人生に嫌気が差して自分の死を偽装、新しく人生をやり直そうとする男を描くブラック・コメディ。コリン・ファース、エミリー・ブラント、アン・ヘッシュの出演。ファースと言えば、「ブリジット・ジョーンズ」シリーズの第3弾の製作が噂されていますが、実現されるでしょうか。今年のオスカーで世界中が目撃したレニー・ゼルウィガーの衝撃のやつれ具合を考えると、不安を覚える方の方が多いかと思われます。ゼルウィガーはボトックスで失敗したとの噂もありますが、確かに目周りが怪しい…。挙動不審の振る舞いも怪しい…。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ