March 22 - 24 weekend, 2013

March 22 - 24 weekend, 2013

1 Gimme the Loot|$23,400(1)$23,400
2 The Croods|$10,786(4046)$43,639,736

3 コクリコ坂から|$9,949(6)$131,927
4 エンド・オブ・ホワイトハウス|$9,804(3098)$30,373,794
5 The Sapphires|$9,593(4)$38,372

6 オズ はじまりの戦い|$5,669(3805)$177,097,090
7 スプリング・ブレイカーズ|$4,401(1104)$5,265,802
8 The Call|$3,550(2507)$31,105,056
9 NO|$3,292(60)$989,980
10 Ginger & Rosa|$2,903(34)$118,788

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズさんは驚異的な夜のスタミナの持ち主だそうです。同じメンバーであるナイル・ホーランさんによると、ツアー中、既に数え切れないほどの女の子を部屋に連れ込んでいる模様。昼間はたっぷり寝て、コンサートをして、夜は女の子たちと遊びまくる…というライフスタイルだそうな。19歳ですからね…という言葉だけでは説明できないタフっぷりと言えましょう。ワタクシなんか、駅の階段の昇り降りだけでハアハア言っていますよ…。あぁ、老いてるわ…。

 Box Office。公開3週目の『オズ はじまりの戦い』が興収1億5,000万ドルを超えました。最近、ジェームズ・フランコに弟がいることを知りました。作品も結構、見ていました。なるほど、似ている気がします。ザック・エフロンも入っているような気もしますが…。

 チャートへ。第1位インは『Gimme the Loot』。ブロンクスの若者ふたりが自分たちの落書きをライヴァルグループに隠されたことから始まる物語。大学時代、酔っ払って寝ていたところ、友人にジーンズに落書きをされました。油性マジックで「う●こ」と書かれました。当時気になっていた女の子の名前も書かれました。低レヴェル過ぎて、泣けてきます。あのジーンズ、未だにあるんだよなぁ…。

 ドリームワークス製アニメーション『The Croods』は2位へ。先史時代、洞窟から外の世界に旅立つクルッズファミリーの冒険を描く作品。声の出演はニコラス・ケイジ、エマ・ストーン、ライアン・レイノルズ、キャサリン・キーナー、クラーク・デューク、クロリス・リーチマン。昨年結婚したレイノルズはそのお相手であるブレイク・ライヴリーと一緒にカナダの病院の小児病棟を訪れ、病気の子どもたちや家族を励ましたことがニュースになりました。すぐに別れると思ったのに、結婚まで漕ぎ着けるとはねぇ。レイノルズはスカーレット・ヨハンソンに続いてライヴリーと一緒になったわけで、安さが拭えないわりにやるもんだと最近見直しているところなのであります。

 4位に入ったのは『エンド・オブ・ホワイトハウス』(原題:『Olympus Has Fallen』)。ホワイトハウスを占拠したアジア人テロリストに立ち向かう元シークレットサーヴィスを描くアクション・スリラー。ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、ディラン・マクダーモット、アシュレイ・ジャド、メリッサ・レオ、リック・ユン出演。地味に豪華な面子が揃っています。ジャドは最近、お直しの失敗が話題になったばかり。顔がぱんぱんになってしまったのが衝撃的でしたが、この映画の撮影時は大丈夫だったでしょうか。「ハリウッドの片平なぎさ」みたいだった昔が懐かしい…。

 オーストラリア映画『The Sapphires』は5位に登場。1968年、アボリジニーの4人の女性がコーラスグループを結成、ヴェトナムに趣く様を描く物語。ジェシカ・マーボイ、デボラ・メイルマン、シャリ・セベンス、ミランダ・タプセル、そしてクリス・オダウドが出演。もっと歌が上手かったらなぁとよく思います。自分の歌声が録音したテープから初めて流れてきたときの衝撃と言ったら…。いや、普段の声からして酷いんですけどね…。

 圏外。11位は『Admission』。プリンストン大学の入学担当事務局員の女性が天才少年との出会いにより人生を変えていく様を描くコメディ・ドラマ。ティナ・フェイ、ポール・ラッド、マイケル・シーン、ウォレス・ショーン、グロリア・リューベン、ナット・ウルフ、リリー・トムリン出演。シーンは先日、レイチェル・マクアダムスとの破局が報じられたばかり。ハリウッドでは最近大物カップルの破局が相次いでいて、ミシェル・ウィリアムスとジェイソン・シーゲル、ダイアン・レインとジョシュ・ブローリンもお別れ。皆さん、新しい未来に向かってレッツゴー。独りもなかなか楽しいものでっせ。遠い目…。ポール・ウェイツの監督。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ