March 15 - 17 weekend, 2013

March 15 - 17 weekend, 2013

1 スプリング・ブレイカーズ|$87,667(3)$263,002
2 コクリコ坂から|$28,793(2)$57,585
3 Ginger & Rosa|$14,279(3)$42,838

4 オズ はじまりの戦い|$10,545(3912)$144,056,326
5 The Call|$6,828(2507)$17,118,745
6 NO|$3,772(48)$725,645
7 The Incredible Burt Wonderstone|$3,221(3160)$10,177,257
8 Stoker|$2,818(94)$645,657
9 アップサイドダウン 重力の恋人|$2,611(11)$28,722
10 終戦のエンペラー|$2,011(311)$2,028,581

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 ダニエル・クレイグさんがファンと一触即発の事態となる事件があったそうです。買い物中だった自分と妻レイチェル・ワイズさんを、ケータイで許可なく写真を撮っているファンに気づいたクレイグさんは、ケータイを取り上げ、「食料を買っている姿が、そんなに面白いかよ!」と激昂。今にもケータイを破壊しそうに怒鳴りまくったとのこと。その場を収めたのがワイズさんで、大変冷静に事に対処したそうです。ふむ、ワイズさん、デキる妻のようです。それにしても…前々から思っていましたが、ケータイで写真を撮るって(許可を得たとしても)失礼では?せめてデジカメぐらい使えよと思うのです。人だかりができたところで、ケータイを上にかざして写真を撮っている光景をよく見ますが、滑稽にしか見えないのはワタクシだけですか?

 チャートへ。『スプリング・ブレイカーズ』(原題:『Spring Breakers』)がぶっちぎり第1位へ。レストラン強盗で手に入れた金で旅行へ出かけた女子大生四人組が裏社会で危険に晒される様を描く犯罪スリラー。セレーナ・ゴメス、ヴァネッサ・ハジェンズ、アシュリー・ベンソン、レイチェル・コリン、そしてジェームズ・フランコの出演。清純派のイメージの強いゴメスやハジェンズが大胆な演技に挑んでいることが話題ですが…えーっと、世間は多分、ゴメスやハジェンズが清純なんかじゃないと気づいていると思います!ちょっと肌を見せるぐらい、お茶の子さいさいでしょう。そんなわけで麻薬ディーラーを演じるフランコよ、思う存分彼女たちと遊んであげて下さい。

 日本製アニメーション『コクリコ坂から』(英題:『From Up on Poppy Hill』)は2位へランクイン。1963年横浜、港の見える丘にあるコクリコ荘に暮らす16歳の少女と新聞部の少年を描く作品。アメリカ版の吹替えを担当するのはサラ・ボルジャー、アントン・イェルチン、ジリアン・アンダーソン、ボー・ブリッジス、ジェイミー・リー・カーティス、ブルース・ダーン、クリスティナ・ヘンドリックス、ロン・ハワード、クリス・ノース、オーブリー・プラザ。少女漫画が原作だそうで…、ふむ、最後に少女漫画を読んだのはいつだろう。「ちびまる子ちゃん」は少女漫画?野口さん、LOVE。

 3位インは『Ginger & Rosa』。1960年代、冷戦下のロンドン、親友同士であるジンジャーとローザの友情が、ローザがジンジャーの思想の影響を受け始めることで変化していく様を描く物語。エル・ファニング、アリス・イングラート、アレッサンドロ・ニヴォラ、アネット・ベニング、クリスティナ・ヘンドリックス、ティモシー・スポール、オリヴァー・プラット共演。目下のところ、ファニングは「ガーリー」という言葉が最も似合う少女スターではないかと思います。姉のダコタの方があっさりパンクな方向に行ってしまいましたから、彼女にはスカートが似合う女の子でい続けていただこうではありませんか。結局こういうタイプが好きな男子は多いはず。特に日本人男子には。そうでしょ?

 5位は『The Call』。殺人鬼に誘拐された少女からの電話を受けるヴェテラン電話オペレーターの戦いを描くスリラー。ハル・ベリー、アビゲイル・ブレスリン、モーリス・チェスナット、マイケル・エクランド、マイケル・インペリオリ出演。「リトル・ミス・サンシャイン」(06年)では小太りの娘っ子だったブレスリン、最近はすっかり美少女風でっせ。それも小悪魔タイプの!あちらの人はホント、急激に大人になっていくなぁ。男なんて、高校生にしてオッサン風のがごろごろしてますから。自分でも「俺、急にオッサンになっちゃったなぁ」って思うんでしょうか。

 7位に入ったのは『The Incredible Burt Wonderstone』。落ちぶれたマジシャンが新進気鋭のマジシャンと勝負する様を描くコメディ。スティーヴ・カレル、スティーヴ・ブシェーミ、ジム・キャリー、オリヴィア・ワイルド、アラン・アーキン、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ジェイ・モア出演。カレル、ブシェーミ、そしてキャリーがマジシャンに扮しますが、ブロンドのカツラとメイクのせいで、誰が誰だか分からないことになってます。ワイルドは先日、街中を半裸で動き回るジャスティン・ビーバーにTwitterで、シャツを着なさいと呼びかけたばかり。ビーバーが期待通りバカ街道を突っ走っていて、嬉しい限りです。

 10位に登場したのは『アップサイドダウン 重力の恋人』(原題:『Upside Down』)。太陽の周りを回りながら、真反対に引力が作用する双子の惑星を舞台に、恋に落ちた男女を描くSFロマンス。キルスティン・ダンスト、ジム・スタージェス、ティモシー・スポールが出演。ダンストは現在、ギャレット・ヘドランドと交際中の模様。月夜にカヌーに乗り込み、ヘドランドがダンストに想いを告白して交際が始まったとか。ホンマかよ!そういうロマンティックな(と言うか、面倒臭い)ことをする男って、本当にいるんですねぇ。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ