February 8 - 10 weekend, 2013

February 8 - 10 weekend, 2013

1 Identity Thief|$11,000(3141)$34,551,025
2 Lore|$5,250(6)$31,498

3 カルテット! 人生のオペラハウス|$3,856(244)$5,000,417
4 Warm Bodies|$3,774(3009)$36,481,172
5 Side Effects|$3,571(2605)$9,303,145
6 愛、アムール|$3,010(125)$3,019,111
7 世界にひとつのプレイブック|$2,287(2809)$89,519,510
8 John Dies at the End|$2,263(9)$45,182
9 ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日|$1,889(924)$108,530,249
10 ヘンゼル&グレーテル|$1,751(3285)$43,836,018

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 ライアン・ゴズリングさんがGQ誌のインタヴューで、編み物が趣味だと告白しています。ゴズリングさんによると、「ラースと、その彼女」(07年)の撮影現場で、女優たちが編み物をする場面を撮っていたとき、撮影の合間に挑戦してみたところ、編んでいるときリラックスできることに気づいたのだとか。以来、編み物が趣味。ホントかよ!?…って、これからのエヴァ・メンデスさんのファッションは要チェックですね。毛糸の手作りのものはないか、目を凝らしてみることにいたしましょう。あ、なんなら商売しても面白いかも。欲しい人、星の数ほどいると思ふ…。

 チャートへ。初登場第1位は『Identity Thief』。個人情報を盗まれた男と盗んだ詐欺師女が巻き起こす騒動を描くコメディ。ジェイソン・ベイトマンとメリッサ・マッカーシーが主演。なんとマッカーシー、主演作が登場です。恐るべしオスカー効果。同じデブ女優だと、レベル・ウィルソンという若手が頭角を現してきていますから、のんびりしていられません。デブも大変です。ジョン・ファヴロー、アマンダ・ピート、ティップ・“T.I.”・ハリス、ジェネシス・ロドリゲス、モリス・チェスナット、ジョン・チョウ、ロバート・パトリックが共演。

 2位に入ったのはドイツ・オーストラリア・英国合作『Lore』。第二次世界大戦終戦の1945年、ナチスである両親を連合国軍に逮捕された少女を描く作品。オスカーの外国語映画賞ではオーストラリアの代表に選ばれていましたが、ノミネートならず。主演はサスキア・ローゼンダール。なかなか可愛らしい顔をしております。世界進出を狙ってくると見ました。

 スティーヴン・ソダーバーグ監督のスリラー『Side Effects』は5位へ。妻に処方された新薬の予期せぬ副作用により窮地に陥るニューヨークカップルを描くスリラーです。ルーニー・マーラ、チャニング・テイタム、ジュード・ロウ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの出演。テイタムはすっかりソダーバーグ映画の常連です。さてはアンタ、「Magic Mike」(12年)のストリッパー役で気に入られましたね?ソダーバーグにくっついている限り、多分キャリアは安泰でしょう。引退するとかしないとかはっきりしないソダーバーグを、しっかり映画界に繋ぎとめておくことがあなたの使命です。

 『John Dies at the End』は公開3週目にして8位へランクイン。とあるバンドのイヴェントであるドラッグを呑んだことで幽体離脱してしまった男が巻き起こす騒動を描くコメディ。幽体離脱、実はあるのです!一回だけ!目を開けると、寝ている自分が見えるのです。思い切ってそのままどこかに飛んでいけば面白かったのですが、根性なしだったため、そのままジッとしていました。そしたらいつの間にか元に戻っていました。誰も信じてくれませんが。チェイス・ウィリアムソン、ロブ・メイズ、そしてポール・ジャマッティ出演。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ