深夜の衝撃

 アカデミー賞専門サイト OSCAR PLANET では毎年、ノミネーションが発表された直後からその結果を紹介している。やっぱりこういうのは、速報で盛り上がるのも楽しいからだ。ただ、これについてはひとつ困っていることがある。発表があってから1時間ぐらいはパソコンの前でガチャガチャ作業しているのだけれど、その後ベッドに入っても、全然寝つけないのだ。

 理由は明らかだ。ノミネーションの結果に興奮、気持ちが高ぶって、眠るどころじゃなくなってしまうのだ。明日は明日の予定があるのに、これは困る。

 今年も案の定、眠れなかった。いや、いつも以上に眠れなかったと言って良い。毛布に包まりながらノミネーション結果を思い、あぁ、そのショッキング過ぎる結果に悶々としながら、そのまま朝を迎えてしまった。あぁ、オスカーめ…。

 …というわけでは今回は、ノミネーション受けて各部門の感想を少々…。


◆作品賞
 ほぼ予測通りの結果。ただ、ウェス・アンダーソンとポール・トーマス・アンダーソンを応援している者としては『ムーンライズ・キングダム』と『ザ・マスター』の落選は寂しい。

◆監督賞
 いつも以上に眠れなくなってしまったのは、もちろんこの部門のせい。賞レースを引っ張ってきたベン・アフレックとキャスリン・ビグローがまさかの落選…。これはオスカー史上に残る大波乱と言って良い。メディアは通常、最多ノミネート作を中心にノミネーション結果を伝えるものだけれど、今回ばかりは賞レースを牽引してきたこのツートップの落選を最も大きく取り上げていた。そりゃそうだろう。特に俳優たちからはアフレックの落選を嘆くコメントが引っ切り無し(俳優会員たちはこの部門の投票権はない)。ふたりを破ったミヒャエル・ハネケとベン・ザイトリンはサプライズだったわけだけれど(特にザイトリン)、彼らに集まるはずだった注目は全てアフレックとビグローが持っていった感。アフレックの『アルゴ』は芸術的にも娯楽的にも非常に良くできた作品だったので、個人的なショックも大きかった。せめてノミネートだけはされて欲しかった。でも…アフレックの落選はひょっとして『アルゴ』逆襲の起爆剤になるのではないか…とも思っている。本来なら監督賞候補を逃がした映画は作品賞に輝くことはないのだけれど、まだ『アルゴ』の火は消えていない…気がする。

◆主演男優賞
 接戦になるときはスターパワーが強力な方が勝つ。これはオスカーの鉄則。おそらく最後の席はホアキン・フェニックスとジョン・ホークスの争いだったはずで、そうなるとやはりフェニックスの方がよりメジャー感があった。フェニックスはオスカーに出席するのかなぁ。して欲しいなぁ。そして思い切り弄られて欲しいなぁ。あ、ブラッドリー・クーパー、ヒュー・ジャックマン、初ノミネートおめでとう。

◆主演女優賞
 マリオン・コティヤールじゃなくてナオミ・ワッツがイン。おそらく最後は、ふたりの争いだったはず。クヮヴェンジャネ・ウォレスとエマニュエル・リヴァはこの部門の最年少・最年長ノミネート記録を達成。おめでとうございます。

◆助演男優賞
 最後の席に収まったのはクリストフ・ヴァルツだった。これにより候補者全員がオスカー受賞者という結果に…。…と聞くと、レオナルド・ディカプリオの落選は惜しまれるところ。候補に挙がっていたら、おそらく予想以上の強さで票を集めたはず。ひとりだけ「受賞未経験」というシチュエーションは、とても美味しいのだ。ディカプリオはしばらく、賞レースに絶対に絡まないタイプの作品を手掛けると良いかもしれない。その方が役者としても面白くなると思う。あと…マシュー・マコノヒーの落選も無念。来年強力作が控えているとは言え、本当に注目される保証はないのだから。そうそう、まさかのDVDスルーとなったウィリアム・フリードキン監督作『キラー・スナイパー』を是非見て下さい。マコノヒーの怪演が楽しめます。

◆助演女優賞
 ジャッキー・ウィーヴァーが滑り込みノミネート。これで『世界にひとつのプレイブック』は主要6部門全てでノミネートされる快挙達成。つまり俳優たちはこの作品をかなり愛している。…となると、ロマンティック・コメディとは言え、作品賞受賞の可能性もまだまだ十分残っているということだ。ウィーヴァーが入ったことで、アン・ダウドが押し出されてしまったのは寂しい。と言うか、気の毒。キャンペーンで自腹まで切ったのにねぇ。『Compliance』の日本公開の目はなくなってしまったか。


 …と色々ドラマがあったわけだけれど、やっぱり「アフレック(&ビグロー)落選」が全てを持っていったような気がする。別にアフレックが監督たちに嫌われているわけではないと思うのだけどなぁ(むしろオスカーは俳優監督に優しい)。アフレックはこれに懲りずに、良い作品をどんどん手掛けて欲しい。応援している。


※追記:ゴールデン・グローブ賞授賞式を見た。やはり『アルゴ』のオスカーの目は消えていないと思った。会場が温かくアフレックを祝福しているのが伝わってきた。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ