October 19 - 21 weekend, 2012

October 19 - 21 weekend, 2012

1 The Sessions|$28,367(4)$113,467
2 Holy Motors|$9,433(2)$27,680

3 The Thieves|$8,988(17)$360,762
4 パラノーマル・アクティビティ4|$8,501(3412)$29,003,866
5 アルゴ|$5,065(3247)$43,011,964
6 Alex Cross|$4,489(2539)$11,396,768
7 モンスター・ホテル|$4,314(3014)$118,522,389
8 96時間 リベンジ|$3,801(3489)$105,832,339
9 Sinister|$3,468(2542)$31,735,643
10 Simon and the Oaks|$3,315(7)$37,477

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 先日デブ化したことが大きく報道されたレディー・ガガさんですが、新しい飲料水ブランドを立ち上げる計画があるようです。この飲料水はダイエット用のもので、数カ月前からプロジェクトが進んでいたとのこと。ふむ、本当ならばガガさんが劇的に変身して登場する日も近いかもしれません。マイナス報道を逆手にとってしまうガガさん、素敵です。報道の数日後には「ボディ・レボリューション2013」なる企画を始めていたしなぁ。これぐらいのしたたかさがないと生き残れないということでしょうか。デブ化を利用してオペラをやるって手もありますよ(いや、それはオペラに対する偏見?)。それにしても…海外のシンガーはデブになっても肌の露出を控えないのが凄いなぁ。ガガさんもマライア・キャリーさんもクリスティーナ・アギレラさんもブリトニー・スピアーズさんもジャネット・ジャクソンさんも、脂肪を蓄えたまま露出キープ。単なる脱ぎたがりってこと?

 Box Office。公開3週目の『96時間 リベンジ』が興収1億ドルを超えました。リーアム・ニーソン絶好調。第3弾の企画が始まったということですが、ニーソンはあまりやる気がない模様。これはもう、ギャラを大幅アップして出演をお願いするしかないでしょう。あぁ、金はいくらあっても困りません。

 チャートへ。『The Sessions』が堂々の第1位へ。幼少期にかかったポリオにより首から下が麻痺してしまった男が、司祭のアドヴァイスを受け、セックスセラピストの助けを借りて童貞を捨てようとする話。ジョン・ホークス、ヘレン・ハントがオスカー候補確実。ウィリアム・H・メイシーもイケるかも…と言われている注目作です。ホークス、まさかの大ブレイクですよ…。「ウィンターズ・ボーン」(10年)でキャリアが変わりました。今は亡き大泉滉顔俳優界のトップの座を、イーサン・ホークと共に争うことになるとは誰が予想したでしょうか。

 2位インはカンヌ映画祭で話題騒然となったレオス・カラックス監督作『Holy Motors』。ホーリー・モーターズというリムジン会社からの依頼により、毎日異なる人物になりきって人生を送る男を描く作品。ドニ・ラヴァン、エディット・スコブ、エヴァ・メンデス、そしてカイリー・ミノーグ。いやー、ミノーグは生き残りましたね。中高生の頃、ミノーグ、ティファニー、デビー・ギブソンを勝手にアイドル御三家として愛でていましたよ。ミノーグの世界デビュー曲「I Should Be So Lucky」は未だに空で歌えるもんなー。

 4位はハロウィンシーズン恒例の人気モキュメンタリー・ホラーシリーズ第4弾『パラノーマル・アクティビティ4』(原題:『Paranormal Activity 4』)。何者かにとり憑かれ妹の幼い息子を連れ去ったケイティの行方が描かれます。何本ビデオが残っているんだー、と突っ込むのが正しい見方だと思われます。このシリーズの登場で遂に打ち切られてしまった「ソウ」シリーズですが、復活がアナウンスされました。やっぱりか!貞子並にしぶといですよ。

 6位に入ったのは『Alex Cross』。ジェームズ・パターソンの人気小説の映画化で、刑事であり心理学者であるアレックス・クロスと連続殺人鬼の対決が描かれます。この「アレックス・クロス」シリーズはモーガン・フリーマンの主演で「コレクター」(97年)「スパイダー」(01年)が作られたことがありますが、今回クロスを演じるのはタイラー・ペリー。殺人鬼をマシュー・フォックスが演じます。個人的にフォックスはどうも筋骨隆々なところがマシュー・マコノヒーと被るのですが、マコノヒーが役作りのために激痩せしているので、今がチャンスです!ハンサムな筋肉バカスターのポジションを獲得しちゃって下さい。エドワード・バーンズ、レイチェル・ニコルズ、ジャン・レノ共演。

 10位デビューはスウェーデン映画『Simon and the Oaks』。第二次世界大戦下のスウェーデン、ふたりの少年の成長を描く物語。キャストの中にビル・サースガードなる名前があるのですが、これがステラン・スカルスガルドの息子、アレクサンダー・スカルスガルドの弟なのです。スカルスガルド家は芸能一家ですが、マイチェックによりますと、長男のアレクサンダーが一人勝ちと言うか何と言うか。あぁ、あれだけ背が高くて、細身で、顔が小さくて、しかもハンサムで…あぁ、世の中って平等じゃありません。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ