September 21 - 23 weekend, 2012

September 21 - 23 weekend, 2012

1 The Perks of Being a Wallflower|$57,090(4)$228,359
2 My Uncle Rafael|$7,839(14)$109,748

3 The Master|$5,572(788)$5,446,975
4 End of Watch|$4,818(2730)$13,152,683
5 Arbitrage|$4,812(244)$3,842,700
6 ボディ・ハント|$3,985(3083)$12,287,234
7 人生の特等席|$3,786(3212)$12,162,040
8 Dredd 3D|$2,505(2506)$6,278,491

9 バイオハザードV:リトリビューション|$2,222(3016)$33,469,530
10 Liberal Arts|$1,929(20)$76,367

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 アメリカ人にはセクシーに映るらしいジェイク・ギレンホールさんは、ツルッパゲになって挑んだ新作『End of Watch』のための役作りの最中、殺人事件を目撃したそうです。この作品でロサンゼルス市警の警官を演じているギレンホールさんは、リサーチのために5か月間、週に数回、午後4時から午前4時までロス市警の巡回同行、ほぼ毎日戦闘訓練を受けたとのこと。その際、初めての巡回で殺人事件を目撃、他にも車泥棒やDV等様々な犯罪を目撃したと言います。そう言われてみると、犯罪現場を見たことってないなぁ。ずっと前名古屋駅地下街で、警官と犯人が追いかけっこしているのを見たことがありますが、犯罪行為そのものを見たわけではないしなぁ。平和がいちばんです。

 チャートへ。『The Perks of Being a Wallflower』が首位デビュー。内気な青年チャーリーの愛や喪失、恐れや希望に溢れる青春が綴られます。ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ジョニー・シモンズ、ディラン・マクダーモットが出演。ワトソンとシモンズはこの作品での共演がきっかけでデキちゃったようで、路上でチューしているところが目撃されました。既に破局しているとの噂もありますが、どうなんでしょうか。ハーマイオニーが路上でキスですか。そりゃ年をとるわけですよ。

 『My Uncle Rafael』は2位。がけっぷちのTVプロデューサーが、アルメニア人の伯父をリアリティショウのスターに仕立て上げるところから起きる騒動を描くコメディ。ジョン・マイケル・ヒギンズ、ミッシー・パイル、ヴァヒク・ピラムゼイ、レイチェル・ブランチャードらの出演。日本では全然定着しないリアリティショウですが…と書き出しましたが、定期的に放送されている「大家族」物はそう言って良いのでしょうか。ああいうのを見せられても、どうせカメラを意識しているんでしょ?と冷めた目で見てしまうワタクシ。あぁ、世の中に揉まれるとこうなってしまうのか。関係ないのか。どっちでもいいか。

 4位インは『End of Watch』。ロサンゼルスで最も危険な地域のパトロールをすることになる若い警官ふたりを描くアクション・スリラー。ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、アンナ・ケンドリック、フランク・グリロ、アメリカ・フェレーラ。ギレンホールはこの作品のためにツルッパゲになりました。別の映画ではマット・デイモンもツルッパゲになっていました。さらに別の映画ではハリソン・フォードもツルッパゲになっていました。皆さん、もっと毛を大切にしましょう。髪の毛を洗うとき、ダメージを最小限に食い止めようと細心の注意を払っているワタクシを見習って下さい。

 6位登場は『ボディ・ハント』(原題:『House at the End of the Street』)。過去に猟奇殺人のあった家に引っ越してきた母娘。家にはある秘密が隠されていて…。ジェニファー・ローレンス、エリザベス・シュー、マックス・シエリオット、ギル・ベロウズが出演。ローレンスほど急激にスターの階段を駆け上がっている人は、最近では珍しいかもしれません。「ウィンターズ・ボーン」(10年)ではオスカー候補に挙がるわ、「ハンガー・ゲーム」(12年)は記録的大ヒットになるわ…。出てきた頃はホッペがアンパンマンみたい…なんて思ってちょっとだけバカにしていました。アイム・ソーリー。

 7位は『人生の特等席』(原題:『Trouble with the Curve』)。視力の衰えを感じる野球の老スカウトマンが折り合いの良くない娘と共に仕事をすることに…。クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラードが出演します。イーストウッドは「グラン・トリノ」(08年)が俳優として最後の作品になるとの発言をしていましたが、それを撤回。愛弟子ロバート・ロレンツの監督デビュー作ということで、出演を承諾した模様です。じいちゃん、弟子は可愛いか。そうかい、そうかい。一応ロレンツの顔を確認したところ、見事にオッサン、可愛いところは容姿に限って言えば全くありませんでした。

 9位に入ったのは『Dredd 3D』。英国の人気コミックの映画化で、犯罪都市メガシティ・ワンの法の番人ジャッジ・ドレッドが麻薬王と対決する様が描かれます。カール・アーバン、オリヴィア・サールビー、レナ・ヒーディ出演。1995年にもシルヴェスター・スタローン主演で映画化されていましたが、個人的にそちらで印象的だったのはスタローンではなく、ダイアン・レインでありました。だってアナタ、レインがジョアン・チェンに頭突きをカマすのですよ。バコーン!とね!自分は頭突きを受けていないのに、ひっくり返りましたわさ。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ