September 14 - 16 weekend, 2012

September 14 - 16 weekend, 2012

1 The Master|$147,262(5)$736,311
2 Arbitrage|$10,163(197)$2,002,165
3 10 Years|$7,569(3)$22,707
4 バイオハザードV:リトリビューション|$6,989(3012)$21,052,227
5 Liberal Arts|$6,859(4)$27,435

6 Keep the Lights|On $6,396(5)$112,024
7 Sleepwalk with Me|$2,930(118)$1,265,056
8 For a Good Time, Call...|$2,527(107)$815,473
9 The Possession|$2,016(2860)$41,133,490
10 Robot & Frank|$1,809(209)$2,573,006

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 小奇麗な男が多い映画スターの中で、常に汗臭い匂いを漂わせているコリン・ファレルさんは、人生をヨガに救われたと告白しています。ドラッグやアルコール漬けの毎日を送っていたファレルさんですが、ヨガと出合ったことで生活が一変。仕事にがんがん打ち込み、子どもとの時間も大切にできるようになったのだとか。コカインやウイスキーに塗れていた日々とはおさらばということですね。セラピー代要らずで万々歳ではないでしょうか。ヨガかー、身体が死ぬほど堅いワタクシには無理。床に手を着こうとしても、30センチぐらい離れてるもんな。

 チャートへ。ぶっちぎりで第1位に入ったのはポール・トーマス・アンダーソン監督作『The Master』。第二次大戦後のアメリカ、宗教組織を立ち上げるリーダーと彼に心酔する男を描く作品。あのサイエントロジーがモチーフになっているということで話題になっています。サイエントロジーと言えば、やっぱりトム・クルーズ。ケイティ・ホームズと結婚する前、組織主導でクルーズの花嫁オーディションが敢行されたとかされなかったとか。なんか結婚相談所よりも強力な斡旋をしてくれそうな予感…。花嫁が見つからないと嘆いているアナタ、是非。出演はフィリップ・シーモア・ホフマン、ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ローラ・ダーン。

 2位登場は『Arbitrage』。ヘッジファンドの大物が大きなミスを犯し、発覚する前に会社を畳もうとするのだが…。リチャード・ギアが主演します。ギア様はこんなシリアスなドラマでも髪型がいつもと同じ。すっかり白髪が増えましたが、ふっさふさの髪をなびかせての登場です。前はこれをバカにしていましたが、最近は偉いかも…とも思います。だっていくら気に入っているからって、死ぬまで同じ髪型って…。ロバート・レッドフォードと共に髪型変わらない俳優界のツートップと言って良いでしょう。共演はスーザン・サランドン、ティム・ロス、ブリット・マーリング、レティシア・カスタ、ネイト・パーカー。

 『10 Years』は3位へ。高校の同窓会に集まった仲間たち。それぞれはどう成長したのかを描くアンサンブル・コメディ。ワタクシは同窓会というヤツが苦手で苦手で…。逢いたい人がいるなら個別に逢えば良いじゃないの。どうせ可愛かったあの子は結婚して幸せなんだろーよ!…と身も蓋もないことを思うダメなヤツなのです。でもそろそろ幹事役が回ってきそうで怖いのです。あぁ、面倒臭いの嫌だー(本音)。チャニング・テイタム、ジェナ・ディーワン、クリス・プラット、ロザリオ・ドーソン、ジャスティン・ロング、オスカー・アイザック、ケイト・マーラ、ロン・リヴィングストン、リン・コリンズ、アンソニー・マッキー、マックス・ミンゲラ、ブライアン・ゲラティが出演。

 4位は人気シリーズ第5弾『バイオハザードV:リトリビューション』(原題:『Resident Evil: Retribution』)。アンブレラ社に捕らえられたアリスが逃亡、再び過酷な状況に立ち向かう様が描かれます。主演はもちろんこの人、ミラ・ジョヴォヴィッチ。ジョヴォヴィッチはこの作品のため、律儀にもまたしても来日。笑顔を振り撒いていました。映像で見る限り、すごく良い人そう。シリーズが終わっても、ちょくちょく着てね。共演はシエンナ・ギロリー、ミシェル・ロドリゲス、ケヴィン・デュランド、リー・ビンビン、ショーン・ロバーツ。ヨハン・アーブ。

 5位インは『Liberal Arts』。仕事がスランプ中の35歳男が講演するために戻った母校で一人の女学生に出会い…。ジョシュ・ラドナー、エリザベス・オルセン、リチャード・ジェンキンス、アリソン・ジャニー、エリザベス・リーサー、ザック・エフロン。主人公はどうやらワタクシと全く同じ世代のようですが…、あぁ、35歳ってもっと大人だと思っていたなぁ。中身、全く子どもだもんなー。いつになったら大人になれるのやら、考えるとめまいを誘発するのでやめておきます…。

 圏外。18位デビューは『ゲットバック』(原題:『Stolen』)。出所した日に娘を誘拐された男がその救出に命を賭ける様が描かれます。ニコラス・ケイジ、ジョシュ・ルーカス、マリン・アッカーマン、サミ・ゲイル、ダニー・ヒューストン。金銭問題でゴタゴタしている内にケイジは、いよいよ作品がアメリカの方でも拡大公開されなくなってきました。これは危険な兆候。スティーヴン・セガールやジャン=クロード・ヴァン・ダムと同じパターンです。あぁ、ここはひとつ出演料は抜きでオスカー狙い作品に出演、再評価を獲得して復活を狙うというのはどうでしょう。セガールやヴァン・ダムにはできない技が、アナタには使えるはず!





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ