アルビン3 シマリスたちの大冒険

アルビン3 シマリスたちの大冒険 “Alvin and the Chipmunks: Chipwrecked”

監督:マイク・ミッチェル

出演:ジェイソン・リー、デヴィッド・クロス、ジャニス・カーマン

声の出演:ジャスティン・ロング、マシュー・グレイ・ガブラー、
   ジェシー・マッカートニー、エイミー・ポーラー、
   アンナ・ファリス、クリスティーナ・アップルゲイト

評価:★




 今回喋るシマリスたちが今度向かう先は無人島だ。前二作ではエンターテイメントの世界にどっぷり浸かっていたシマリスたちが、大自然がたっぷり残る島で大騒動。漂流したがゆえ持ち物は何もない。エサを調達しなければならない。火を起こさなければならない。寝床は木や葉っぱで作らなければならない。命懸けのサヴァイヴァル!…にはもちろんならない。

 漂流なんて言っても、シマリスたちに切迫感はゼロ。こんな状況でも楽しく遊んでいる。ジャングルに放り出された彼らが、相変わらずぽちゃぽちゃと可愛らしい姿で遊んでいる姿を眺めよう。シリーズは三作目となり、しかし、やっていることはこれまでと全く同じ。

 …というわけで『アルビン3 シマリスたちの大冒険』は、見事にオコサマ向けの作りになっている。実際子ども受けは良いのではないかと想像する。動物が喋るぞ。しかも可愛いぞ。歌も上手いぞ。踊りもできるぞ。「Trouble」(P!nk)「Conga」(グロリア・エステファン)「Bad Romance」「Born This Way」(レディー・ガガ)「Fireworks」(ケイティ・ペリー)といったヒット曲に乗せて、シマリスたちが歌っちゃう踊っちゃう。でもはい、それでオシマイ。

 シマリスたちの飼い主ジェイソン・リーは出番が増えている。せっかく二作目ではゲスト出演的扱いだったのに、今回は再び出演時間大幅増量。無理矢理出てきたデヴィッド・クロスと共に、笑えない掛け合いを繰り広げる。情の深さを見せてさすが、なんてちっとも思えないのは、もちろん演出がテキトーだから。途中からリーが気の毒で気の毒で。もう少し良い仕事、あるだろう。それともギャラが高いのか。角度によってはブラッド・ピットに似ているのは、新しい発見。髪の生え際の後退は似ていないけど。

 このシリーズで唯一大いに褒められるべきは、細部の細かさだ。特に衣装の可愛らしさが素晴らしい。前作からシマリス姉妹が登場して、現実の女たちがそうであるように、オシャレに気を遣う。小さなリスだからと気を抜かず、デザインも色の選び方も、体型に合わせた可愛いものばかり。無人島で立てるツリーハウスも、そのまま商品になりそうな愛らしさだ。この細かさをどうしてストーリーに持ち込めないのか、大いに謎。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ