トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3 “Toy Story 3”

監督:リー・アンクリッチ

声の出演:トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、
   ネット・ビーティ、ドン・リックルズ、マイケル・キートン、
   ウォーレス・ショーン、ジョン・ラッツェンバーガー、エステル・ハリス、
   ジョン・モリス、ジョディ・ベンソン、ブレイク・クラーク、
   ティモシー・ダルトン、ボニー・ハント、ウーピー・ゴールドバーグ

評価:★★★★




 オープニングショットからグイッと胸を掴まれる。ウッディやバズを始めとするお馴染みのキャラクターたちが繰り広げる大活劇が楽しいからだ。それは彼らのご主人であるアンディが作り上げた世界。善悪に分かれたおもちゃたちが、空想の空間で生き生きと弾ける。それぞれが重要な任務を与えられ、短い時間の中でスマートな存在感を発揮、観客との再会の喜びを大いにアピールしながら駆け回る。おかえりなさいという気持ちが浮かび上がり、続いてこうでなくてはという興奮が作品全体を包んでいく。

 そもそも全ては「トイ・ストーリー」(95年)から始まったのだ。今では当たり前のCGアニメーションの始まりを告げたばかりか、観たことのない衝撃的なまでに美しい映像により世界を圧倒。それだけでなく、素晴らしい映画には素晴らしい物語がなければならないという当たり前の事実を再確認させることにも成功。以来15年、ピクサーは「美しい映像」「面白い物語」という極めてシンプルなテーマを守り続け、なんと発表した全ての映画が傑作という信じ難い離れ業をキメている。『トイ・ストーリー3』ももちろんその例に漏れない。映像と物語が完璧な調和を見せ、シリーズ三作目にしてなお新鮮な空気を発散させている。全くもって驚異的なのだけど、それをサラリとやってのけているところがカッコイイ。

 いちばんのテーマになっているのは、「成長」とそれに伴う「別れ」だ。おもちゃと熱心に遊ぶ時期は長くなく、大人になるにしたがって、その存在を忘れてしまうものだ。そのときおもちゃはどうなってしまうのか。おもちゃたちからすれば極めてシビアな問題を、相変わらずのアイデア満載の演出によりヴィヴィッドに描き出し、さらには「時間の流れ」「歳を重ねる意味」について鋭く考察していく。ポイントはアンディの視線を取り入れているところだろうか。おもちゃ側の心情だけでなく、人間側の想いを簡潔に描写していくことで、エンディングを多角的に浮かび上がらせている。溢れる想いが涙腺を心地良く直撃するのだ。このあたりは人間を取り上げた「Mr.インクレディブル」(04年)や「カールじいさんの空飛ぶ家」(09年)を経てこその演出という気がする。

 アクションの魅せ方もますます冴えている。西部劇風やSF風、脱獄映画風にスパイ映画風…というように雰囲気の全然違うヴァリエーションに富んだアクションが次々登場。特に終幕の見せ場のひとつである脱獄映画風のそれが秀逸で、それぞれのキャラクターが持ち味を存分に見せつけ、一致団結して危機を乗り越えていくところに素晴らしい快感がある。バズが初期化されてしまう件やミセス ポテトヘッドの目が行方不明になる件など、ユニークなアイデアもてんこ盛りだ。

 改めて感心したのは、ウッディの衣装がとても可愛らしい点で、カウボーイスタイルが細部まで計算し尽くされている。中でも黄色いチェック柄の上に着た牛柄のベストにはやられる。端の部分は白と黒のストライプになっているあたり、芸が細かい。赤いスカーフとカウボーイハットが映えるのも当然と言えよう。

 そうそう、バービーとケンの活躍にはちょっと驚いた。特にケンの扱いにギョッっとする。このあたりは既存のイメージに囚われないピクサー映画の真骨頂。イチゴの匂いのするクマのぬいぐるみの運命も同様で、非常に優しい視線を持ちながら、同時に酷く冷静なところがある。そしてそれが物語のアクセントにもなっているのだから、まさにパーフェクト。情を大切にしながらも、決してそれに流されないのがピクサーなのだ。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『トイ・ストーリー3』お薦め映画

シリーズ完結にふさわしい、素晴らしい感動のラスト。きっとお母様方も涙、涙である。
プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ