August 3 - 5 weekend, 2012

August 3 - 5 weekend, 2012

1 Celeste and Jesse Forever|$26,946(4)$107,785
2 Killer Joe|$11,643(14)$220,000
3 ダークナイト ライジング|$8,425 (4242)$353,935,094
4 トータル・リコール|$7,103(3601)$25,577,758
5 Ruby Sparks|$6,186(64)$638,683
6 360|$6,093(2)$12,186
7 Diary of a Wimpy Kid: Dog Days|$4,312(3391)$14,623,599

8 Beasts of the Southern Wild|$3,631(318)$5,883,560
9 Easy Money|$3,592(6)$114,234
10 Farewell, My Queen|$3,343(56)$624,176

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 『ダークナイト ライジング』でバットマンをコテンパンに叩きのめすベインを演じているトム・ハーディさんですが、4歳になる息子ルイスくんには敵いません。ルイスくんが赤ちゃんだった頃のこと。オムツを変えていたとき、足をバタバタさせていたルイスくんのかかとがハーディさんの股間を直撃。ハーディさんは床でのた打ち回るハメになったそうです。あぁ、男にしか分からない痛みとはよく言いますが、いやホント、痛いのです。ワタクシもあの痛みを避けるためには全力をかけますよ。最後にのた打ち回ったのは大学三年生の頃。ソフトボールの試合でやったこともないキャッチャーを務めることになり、捕り損なったタマがタマを直撃。痛み以外、その後の記憶がありません。友人は陸で暴れる魚みたいだったと言っていました。

 Box Office。公開3週目の『ダークナイト ライジング』が公開3週目で興収3億5,000万ドルを、5週目の『アメイジング・スパイダーマン』が2億5,000万ドルを、6週目の『Ted』が2億ドルを超えました。『Ted』、どうやら日本公開されるみたいです。ひゃっほう。

 『Celeste and Jesse Forever』が第1位デビュー。離婚した後も友情をキープし続ける男女を描くロマンティック・コメディ。ラシダ・ジョーンズ、アンディ・サムバーグ、エマ・ロバーツ、イライジャ・ウッド、クリス・メッシーナ出演。ウッドは現在32歳。大方の予想通り、父ちゃん坊やになりました。童顔が上手に老けるのは本当に難しい。他人事ではありませぬ。急にオッサン化しないよう気をつけています。いや、周囲には既にオッサン扱いされていますが…。

 4位は『トータル・リコール』(原題:『Total Recall』)。アーノルド・シュワルツェネッガー主演の同名映画(90年)のリメイク。フィリップ・K・ディックの小説の再映画化と言った方が良いかもしれません。近未来、記憶を売買するリコール社をめぐる謎に挑む男を描くSFスリラーです。コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョウ、ビル・ナイらの出演。そう言えば、シュワ版にはシャロン・ストーンが出ていたのです。その後「氷の微笑」(92年)に巡り合ってアイスピックを振り回すわけで…。ストーンは一生涯セクシー路線で行くべきでしたね。大スターになってからめっきり肌の露出を出し惜しみ、演技派路線に行こうとするものだから、無理が出ちゃいました。

 フェルナンド・メイレレス監督の『360』は6位へ。オーストリア人作家兼戯曲家アルトゥール・シュニッツラーによる「輪舞」にインスパイアされた社会派ドラマで、階級差のある男女の関係から性道徳を問い掛ける物語。レイチェル・ワイズ、ジュード・ロウ、アンソニー・ホプキンス、ベン・フォスター、ジャメル・ドゥブーズ、モーリッツ・ブライプトロイが出演。最近はチェックすることもなくなってきたロウのM字ですが、注意深く見てみると、最近はハゲの進行を食い止めているようないないような。ひょっとして少しずつ増毛しているのでしょうか。どうせなら若い頃から増毛してくれよー。いや、増毛していると決まったわけじゃないですが。

 7位に入ったのは『Diary of a Wimpy Kid: Dog Days』。「グレッグのダメ日記」(10年)「グレッグのおきて」(11年)に続くシリーズ第3弾。ジェフ・キニーの漫画をベースにしています。夏休み、リゾート地やキャンプに出かけたグレッグと仲間たちの騒動が描かれます。ザッカリー・ゴードン、ロバート・キャプロン、レイチェル・ハリス、デヴォン・ボスティック、スティーヴ・ザーン出演。一作目にはクロエ・グレース・モレッツが出ていましたが、人気者になったので二作目では跡形もなく姿を消していました。そのモレッツは今度はあの血塗れ「キャリー」になるそうな。感慨深し。

 圏外。4週目で39位に入ったのは『Red Lights』。超常現象の審査員が初老の超能力者を調べ始めたことから起きる出来事を描くスリラー。キリアン・マーフィ、シガーニー・ウィーヴァー、ロバート・デ・ニーロ、エリザベス・オルセン、トビー・ジョーンズが出演。超能力とは違うのでしょうが、日本ではDaiGoという名のメンタリストとやらが大いに話題。あれを本当に心理誘導でやっているのだとしたら、確かに凄いですねぇ。しかーし!ワタクシがそれよりも不思議なのは、なぜ彼がDaiGoという芸名(?)にしたのかということ。芸能界には彼が出てくるよりも前に、DAIGOというヘンな喋りのタレントがいるではないですか。彼に恨みでもあるんでしょうか。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ