セクレタリアト 奇跡のサラブレッド

セクレタリアト 奇跡のサラブレッド “Secretariat”

監督:ランダル・ウォレス

出演:ダイアン・レイン、ジョン・マルコヴィッチ、ディラン・ウォルシュ、
   マーゴ・マーティンデイル、ネルサン・エリス、オットー・ソーワース、
   フレッド・トンプソン、ジェームズ・クロムウェル、スコット・グレン、
   アマンダ・ミシェルカ、ケヴィン・コノリー、ディラン・ベイカー、
   ネスター・セラーノ、エリック・ラング、ドリュー・ロイ

評価:★★★




 『セクレタリアト 奇跡のサラブレッド』とあるのは馬の名前だ。アメリカ競馬史上最強馬と言われる。美しい赤毛から「ビッグ・レッド」と親しまれ、1973年のケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークスの三大レースを全て勝利で飾る。後方から追い上げて軽やかに抜き去る走り方は優雅で、なおかつレコードも凄まじい。実際の映像を見ると、あまりの強さに唖然とする。走りだけで感動を呼び起こす。

 …となると、あまり映画向きの馬ではないだろう。強い。あまりに強い。ケンタッキーの前哨戦ウッドメモリアルステークスこそ体調不良で失速するも、それ以外は圧勝という言葉が相応しい。次元が違う。特にベルモントの走りは信じ難い。努力の末に栄光を掴むのではない。不運に泣かされるわけでもない。挫折を経験して這い上がるのでもない。そう、セクレタリアトはエリート馬だ。母馬の中から産まれた直後に立ち上がるという奇跡を見せてから、ずっとエリート馬だ。映画には努力が要る。運も必要だ。挫折を乗り越えるところに人は何かを思う。そういう要素がセクレタリアトには欠けている。

 ランダル・ウォレス監督も頭を悩ませたに違いない。セクレタリアトの何に軸を置けば良いのだろう。そうして選ばれたのは、セクレタリアトを信じ続けた人々の物語だ。セクレタリアトとは違い、馬主のペニー・チェネリーはエリートではない。愛する家族と平凡に暮らす主婦だ。その彼女がセクレタリアトに希望を光を見る。それを見失わない。何があっても信じ続ける。競馬について知識を獲得し、自分の判断を大切にし、いざというときは決断力も発揮する。彗星のように現れたチェネリーはいつしか、競馬界のファーストレディと呼ばれることになる。

 問題はこれがディズニー映画ということだ。品行方正をモットーにしているディズニーが散りばめるのは、夢、希望、成功だ。チェネリーは男性社会である競馬界、家庭と仕事の両立、相続税の絡んだ金銭問題に直面し、そのいずれもを乗り越えていく。チェネリーの切り札は「信じる心」だ。いくらなんでも行儀が良過ぎる。子どもの世界が舞台ではないのだから、もっとどろどろとしたものだろうに、汚いところは無視される。ディズニー映画だからと割り切るのは難しい。「他人がどう思おうと自分を力を信じること」「最後まで諦めない心」。自分のレースをすることが大切だとセリフで示されるのも気恥ずかしい。

 ただ、力のある俳優たちにより、水浸しは避けられる。チェネリーに扮するダイアン・レインの凛とした佇まいが、調教師役のジョン・マルコヴィッチのユーモラスな立ち振る舞いが、波乱に乏しい平和な物語を軽薄なものに見せない。地味を極めた脇の俳優たちも充実している。特にレインはセクレタリアトと並ぶ、この映画のスターだ。柔らかな70年代の洋服をまとい、強い眼差しに本物のエレガンスを見せる。

 レースシーンの見せ方も健闘している。馬と併走しているような撮り方が逞しい。舞い上がる砂埃や歓声の波、何よりスピードがぐんぐん高まっていく感じが良く出ている。騎手を本物の騎手であるオットー・ソーワースに演じさせるのも賢明な判断だ。実際に騎乗したソーワースが馬と一体化する喜びが感じられる。勝利への疾走が人生のエモーションを刺激する。

 ベルモントステークス前夜、レインがセクレタリアトの瞳を見つめる場面が良い。チェネリーという女性を、セクレタリアトという馬をよく表している。信頼に言葉は要らない。ウォレスがセクレタリアトの目をアップで捉えたショットを度々挿入するわけだ。

 これは典型的なディズニー映画の外観を、セクレタリアトの蹴りにより崩そうとした映画だ。必ずしも最良の結果とはなっていないものの、それでもその心意気は買える。セクレタリアトの走りがそれぞれの人生に重なっていく魔法を信じたくなる。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ