ヘルプ 心がつなぐストーリー

ヘルプ 心がつなぐストーリー “The Help”

監督:テイト・テイラー

出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、
   ジェシカ・チャステイン、ブライス・ダラス・ハワード、
   アリソン・ジャニー、シシー・スペイセク、シシリー・タイソン、
   メアリー・スティーンバーゲン、クリス・ローウェル、マイク・ヴォーゲル

評価:★★★




 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』は気持ち良い映画だ。気分を害したり不愉快な気分を誘ったりする類の映画ではない。1960年代、公民権運動が活発化している時代。南部ミシシッピー州に依然根強く残る黒人差別を取り上げ、人間の尊厳を問い掛けていく。いかにこの問題が深刻なものか、真摯に向き合い、しかし軽快さが忘れられることなく語られていく。

 気持ち良くなった最大の理由は女優たちのアンサンブルにある。教養と心根の優しさから黒人が受けている扱いに疑問を抱くエマ・ストーンは、溌剌としていてかつ痛快。散々耐えてきた過酷な状況を打破しようと勇気を見せるヴィオラ・デイヴィスは、慈しみに溢れる眼差しが強烈な印象を残す。冷酷な仕打ちに負けずユーモアと毒舌で乗り切るオクタヴィア・スペンサーは、まるでバレエダンサーのような優雅さで魅了する。変わったところがあるゆえ仲間外れにされるジェシカ・チャステインは、心の純粋さに嫌味がない。美しく着飾りながら心の貧しさは隠し切れないブライス・ダラス・ハワードは、潔くヒールに徹している。他の女優も含め、彼女たちのアンサンブルは調和というものが取れている。自分の出し方に節度がある。それが快感に繋がっていく。

 当時の洋服の数々も大いに見ものになっている。メイドを雇うような家庭ばかりが舞台になっているゆえ、カラフルでポップな60年代ファッションが咲き乱れている。特にハワードが着る洋服は、自己主張の強さも意識されているせいか、目に焼きつくものだ。洋服を取り囲む食器や家具、家の内装もグルーヴ感たっぷりだ。

 テイト・テイラー監督は彼女たちの物語に涙と笑いを振りかける。無教養と不寛容が生み出す差別に耐える黒人女たちの姿を茶化すことなく見つめ、しかしそこには風通しの良いユーモアを注ぎ込む。バランス感覚が良いのだ。言わばこれは長年ハリウッドが培ってきたエンターテイメントの基本中の基本なのだけど、テイラーはそれを肌で知り抜いているのだろう、塩梅が絶妙ゆえ、過度に深刻にも軽くもならず、撫でるように胸に入り込んでくる。「女の友情」との相性も良い。気持ち良さの切り取り方だけなら、スティーヴン・スピルバーグ的と言って良いかもしれない。娯楽に必要な技が押しつけがましさなく溢れている。

 ところが、どうも気にかかる。喉に何かが引っ掛かる。それはおそらく快感を意識し過ぎるがゆえ、構図が教科書的に単純化されているところから来ている。乱暴な言い方を選ぶなら、「白人は愚かで浅はか。黒人は勇気と笑いの象徴。主人公だけがそれに気づき、正義を求めて立ち向かう」という記号が散りばめられている。人間なら誰しもが持っているはずの「醜さ」を消し去った黒人と「醜さ」に気づかず横暴に振る舞う白人の対照性が安易。

 人という生き物は男であれ女であれ、異性愛者であれ同性愛者であれ、白人であれ黒人であれ、誰一人として同じ価値観の人間はいない。良いヤツも嫌なヤツも賢いヤツもそうでないヤツもいる。ここにあるのはその大前提が意識的に無視された上に成り立っている気持ち良さだ。記号化された人物が並べ立てられるゆえの不安が付きまとうのも無理はない。偽善と呼ばないまでも、差別糾弾の精神と巧く溶け合う見せ方とは言えないのではないか。そうするとハワードの描き方など気の毒に思える。せめてストーンの無意識の差別意識ぐらい浮上させられなかったのか。デイヴィスやスペンサーが秘めているはずの逆差別意識ももっと突いて欲しかった。

 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』は気持ち良い映画だ。気分を害したり不愉快な気分を誘ったりする類の映画ではない。ただ、アメリカが背負ってきた負の遺産が、こんなに分かりやすく気持ち良い箱に整理されて良いものかと心配になる。終いには罪悪感を覚えてしまうほどだ。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ