運命の元カレ

運命の元カレ “What's Your Number?”

監督:マーク・マイロッド

出演:アンナ・ファリス、クリス・エヴァンス、
   アリ・グレイナー、ブライス・ダナー、エド・ベグリー・ジュニア、
   クリス・プラット、ジョエル・マクヘイル、マイク・ヴォーゲル、
   アンディ・サムバーグ、アンソニー・マッキー、トーマス・レノン、
   デイヴ・アナベル、マーティン・フリーマン、
   オリヴィエ・ジャクソン=コーエン、ヘザー・バーンズ

評価:★★




 リストラに遭ったばかりの女が、雑誌のある特集記事に目を留める。それによると、女性が生涯ベッドを共にする男の数は平均10.5人だという。そして、寝た男の数が多ければ多いほど、結婚からは遠のくというのだ。さらに、20人を超えたら、未婚率は96%だというのだ。占いを信じ心を支配されたかのように、異性経験豊富な女は焦り出す。自分はもう新しい男とは寝られない。それならば過去の男たちの中に運命の人がいるのではないかと思い込む。おいおい、その前に仕事探せよ!

 ここから分かるのはもちろん、女があんぽんたんだということだ。かくして始まる運命の男探しの調査。もちろん過去の恋人にすがって生きている人はあまりいないから、運命の男にはなかなか巡り会えない。調査に協力するお向かいさんのプレイボーイと結ばれることは、火を見るよりも明らかだ。『運命の元カレ』は予定調和のまま語られるロマンティック・コメディ。あんぽんたん、もうちょっとぶっ飛んでくれよ。

 言うまでもなく、恋人調査の過程に起こるドタバタが笑いの中心になる。これが大変にくだらない。男に合わせるために、真っ黒に日焼けしたり、ヘンテコな訛りをつけて話したり、政治家風のスーツを着用したり、キッツキツのドレスを着ておっぱいの谷間を強調したり、髪が燃えても微笑んだり。過去の恋人たちもそれに対抗するかのように、寝ている最中に人形を操ったり、女性器を見て彼女を思い出したり、突然ゲイ告白したりと愚かしさを強調する。要するに、バカをやることが面白いとフンだ作りだ。

 これはアンナ・ファリスが主演しているということも関係しているのかもしれない。場面によってサリー・フィールドに似ていたりブリトニー・スピアーズに見えたりするファリスは、コメディはコメディでもバカコメディを得意としている女優だ。思い切りバカになる潔さが、ほとんど女を捨てているのではないかという域にまで近づくのを恐れない。出世作が「最終絶叫計画」(00年)なのだから、当然か。ただ、時に可愛いバカが愚かしいバカにしか見えない。せっかくの喜劇センスをもっと大切にして欲しいと思うときもある。

 ファリスの相手役を演じるクリス・エヴァンスは役柄にぴったりだ。素っ裸でアパートの廊下に出ることを躊躇わない男。ファリスの部屋に入り浸り、遊びの女が自分の部屋から帰るのを待っている。軽い男に何の違和感も感じさせないのが素晴らしい。「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」(11年)ではヒーローを演じていたけれど、いやいや、本性はこっちだろう。

 誰もいないバスケットボールコートでストリップごっこに興じる場面がある。相手がゴールを外す度に服を脱ぐ。身体が火照った後は、素っ裸になって海へとダイヴ!こういう学生のバカ騒ぎが似合っちゃうファリスとエヴァンス。その後、経験数が増えてしまうため、キスだけで切り上げられるのはエヴァンスが可哀想だったけど…まあ、どうでも良い。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ