ニューイヤーズ・イブ

ニューイヤーズ・イブ “New Year's Eve”

監督:ゲイリー・マーシャル

出演:ハル・ベリー、ジェシカ・ビール、ジョン・ヴォン・ジョヴィ、
   アビゲイル・ブレスリン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、
   ロバート・デ・ニーロ、ジョシュ・デュアメル、ザック・エフロン、
   ヘクター・エリゾンド、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、
   セス・マイヤーズ、リア・ミシェル、サラ・ジェシカ・パーカー、
   ミシェル・ファイファー、ティル・シュヴァイガー、ヒラリー・スワンク、
   ソフィア・ヴェルガラ、アリッサ・ミラノ、ケーリー・エルウェス、
   カーラ・グギノ、コモン、サラ・ポールソン、チェリー・ジョーンズ

評価:★




 『ニューイヤーズ・イブ』だなんて言うと妙にオシャレに聞こえるものの、何のことはない、「大晦日」のことだ。…と言っても、日本のように大掃除を済ませ、御節を仕上げ、小林幸子を見て、除夜の鐘を聞き、場合によっては日付が変わると同時に初詣に出かける、…という厳かさとは全くの無縁。年が変わる、その瞬間を皆でパーッと騒いで過ごそうじゃないか。要するにパーティをする日だ。それもとんでもなくスケール大きく…。何ともまあ、アメリカ的バカバカしさに満ち溢れていると思う。別に貶してはいない。

 年が変わろうとするときの大騒ぎを貶しはしないけれど、『ニューイヤーズ・イブ』は貶す。出るわ出るわ、スターが出るわ。どこを切ってもスターが顔を見せるこの映画、あの「バレンタインデー」(10年)の姉妹編というから、深く納得する。とにかく脚本が酷い。

 「バレンタインデー」と作り方は同じだ。タイムズスクエアの年越しイヴェントに関係している人々の大晦日を追うというもの。彼らには悩みがあり、それが新しい年を迎える時刻に向かって解決に向かう。ある者は今年もまた何も行動できなかったと嘆き、ある者は昔の恋人との再会に苛立ち、ある者はイヴェントが成功するかどうか気が気でない。その悩みのイチイチが実にくだらない。何もできなかったことを他人に叶えてもらおうというのは他力本願が過ぎるし、恋人の再会に苛立つのは未練が残っているだけ、イヴェントの成功云々は仕事を持っている人間なら普通のことだ。とりわけ大晦日を毛嫌いする者の理由が作品を象徴していると言えるだろう。昔恋人にフラれたからだとさ。いや、ホントくだらない。ついでに言うなら、大晦日ならではの話もごく僅かだ。

 作り手はこうしたくだらない悩みの数々を塗しながら、次から次へと出てくる登場人物の繋がりを明らかにしていく。これが血縁関係だとか友人関係だとか以上のものが一切見当たらないのに心底驚く。例えば、ザック・エフロンとアシュトン・カッチャーは親友同士だけれど、電話で一言二言言葉を交わすだけで、後は一切関わりを見せない。テキトーに人間関係を創り上げていることが丸分かり。それならばミシェル・ファイファーとサラ・ジェシカ・パーカーが姉妹でもおかしくないし、ヘクター・エリゾンドとキャサリン・ハイグルが父娘でも成立するだろう。

 こうしたテキトーを恥ずかしがらない無神経さには驚かされるけれど、いよいよまとめに入るときそれが極まる。どうやら伝えたいのは、またしても「愛」というヤツのようで、その名前の下に、彼らは一人また一人と幸せを噛み締める。笑いもあれば、泣かせも入る。タチが悪いのは泣かせの方で、涙を絞る取るために、従軍問題や消え行く命が大々的に取り上げられる。それに疑問を持っていない。むしろ誇りを感じている。

 これだけ酷いと、スターたちが魅力的に見えないのも仕方がない。ジョン・ボン・ジョヴィはフツーのオッサンになってしまったし、アビゲイル・ブレスリンはやたら整形っぽい鼻の少女に成長してしまった。ロバート・デ・ニーロは依然小遣い稼ぎ的演技で満足しているし、キャサリン・ハイグルはビンタが巧いことだけはよく分かる。アシュトン・カッチャーはヒゲ面だとむさ苦しく、リア・ミシェルは映画スターの資質を感じない。サラ・ジェシカ・パーカーは魔女っぽさに磨きをかけ、ソフィア・ヴェルガラのオッパイには感心感心。ハル・ベリーはおでこのシワが気になり、ヒラリー・スワンクはヒラリー・スワンクだ。

 ギョッとしたのはミシェル・ファイファーとザック・エフロンの組み合わせ。むっちむち体型になってきたエフロンと一緒の画面に入ると、ファイファーがやけに老けて見える。役柄上そう見せているということもあるだろうけれど、それにしてももう少し綺麗に撮れるだろう。エフロンの若さに対抗するようにはしゃぐファイファーが、哀れを誘う。パーティ場面のショボいダンスには本当に驚いた。大女優に何をやらせるんだ!あ、でもエフロンはさすがにダンスは巧いね。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ