December 2 - 4 weekend, 2011

December 2 - 4 weekend, 2011

1 The Artist|$35,211(6)$501,624
2 Shame|$34,952(10)$349,519
3 A Dangerous Method|$29,894(4)$412,937
4 The Descendants|$8,344(574)$17,677,071
5 マリリン 7日間の恋|$4,834(244)$3,860,751
6 スリーピング ビューティー/禁断の喜び|$4,604(2)$9,207
7 ヒューゴの不思議な発明|$4,107(1840)$25,121,185
8 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1|$4,087(4046)$246,926,409
9 The Muppets|$3,222(3440)$56,357,170
10 Kinyarwanda|$3,014(7)$21,097

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 スカーレット・ヨハンソンさんは「TwitterやFacebookは絶対にやらないわ!」と宣言しています。日常の何でもないことを何故世間に報告するのか分からないとのこと。全てを曝け出すほど私はバカじゃないわよ!ってことでしょうか。まあ、ワタクシも同感なんですが、情報発信の場として使っている人や企業も多いですからね。ただ、どうしてSNSってあんなに重いんでしょうか。ワタクシのパソコンがショボいせいなんでしょうか。どーでもいいでしょうか。アーメン。

 チャートへ。『The Artist』が2週連続のトップに入った今週、2位へハイエストデビューしたのは英国映画『Shame』。セックス依存症のニューヨーカーが妹との同居をきっかけに苦悩を深めていく様を描くもの。マイケル・ファスベンダー、キャリー・マリガン、ジェームズ・バッジ・デイルが出演。レイティングが「NC-17」(17歳以下は鑑賞禁止)になったことが話題になっていて、どうやらそうなった理由はフロンタルヌードを含む裸がバンバン出てくるからの模様。役柄から言って脱いでいるのはファスベンダー?あ、でもセックスなら相手が必要ですよね。そういうことですよ。でもでも、日本ではモザイクがかかっちゃうんでしょうか。頼むよ、映倫さん…。 

 6位に入ったのはオーストラリア映画『スリーピング ビューティー/禁断の喜び』(原題:『Sleeping Beauty』)。睡眠薬を飲んで一晩ベッドで眠るアルバイトに就く女子大生が描かれます。エミリー・ブラウニング、レイチェル・ブレイク、ユエン・レスリー、ピーター・キャロル、クリス・ヘイウッド、ヒュー・キース・バーン。ブラウニングはどうやらヌードを披露しているようで、子役時代から知っている方々は感慨深いものがある…のかもしれません…。マニアの方はコスプレ映画「エンジェル ウォーズ」と一緒に見ると、より楽しめるでしょう。…ホントか?

 10位に登場したのはアメリカ・フランス合作映画『Kinyarwanda』。フツ族によるツチ族大虐殺が始まるルワンダ紛争末期の1994年、イスラム教最高指導者がツチ族の殺戮に加わることを禁止、モスクが宗教や部族を超えた避難所と化していく様が描かれます。もう何度も映画で取り上げられている題材。語られていないドラマはまだまだあるのでしょう。映画の力を信じて、二度と同じ間違いが起こらないで欲しいところですが、現実は…。サンダンス映画祭ワールドシネマドラマ部門観客賞受賞作です。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ