アーサー・クリスマスの大冒険

アーサー・クリスマスの大冒険 “Arthur Christmas”

監督:サラ・スミス

声の出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヒュー・ローリー、ビル・ナイ、
   ジム・ブロードベント、イメルダ・スタウントン、アシュリー・ジェンセン、
   マーク・ウートン、ローラ・リニー、エヴァ・ロンゴリア、
   ジョーン・キューザック、アンディ・サーキス、ドミニク・ウエスト

評価:★★★




 最近作られるクリスマス映画を観ては苦々しく思っていたことがある。サタンクロースの世界がすっかりハイテク機器に塗れている点だ。プレゼントがコンピュータで決定される様、プレゼントがベルトコンベアーに乗せられて移動していく様、サンタがそれを当然のことのように受け入れている様…。時代は21世紀、サンタの世界も旧式のままじゃいられないということなのだろうけれど、そうした画面を観て感じるのは味気なさばかりだ。人の心が大切に想われるこの日に、なぜ機械化された画を見せられなければならないのか。『アーサー・クリスマスの大冒険』でもハイテク化は進んでいる。妖精たちがパソコンと睨めっこ、プレゼントを仕分けし、サンタがステルス式宇宙船(ただしソリ型)に乗って世界各地にプレゼントを配るのだ。あぁぁぁ…。

 ため息が漏れる。ところが、だ。この映画はここからそれに首を傾げるような表情を見せ始める。引退したじいさんサンタはハイテク化に納得がいかず、昔ながらのソリとトナカイのあのスタイルが忘れられない。主人公のアーサーはわけあって、じいさんサンタと共に旧式スタイルでプレゼントを届ける冒険に出ることになる。つまり「新式」と「旧式」が衝突する。そしてそこに見える価値観こそ、テーマのひとつになっている。

 旧式を愛するじいさンサンタとハイテクを操るアーサーの兄(サンタの長男)が対立する図式の中で、現サンタはどっちつかずの宙ぶらりんのところを右往左往している。ここでアーサーがサンタクロースのやり方には特にこだわりを持っていないという設定が効いてくる。サンタ一族の家族問題を浮かび上がらせ、しかしいつしか「クリスマスの意味」「サンタクロースの意味」を問い掛ける方向に流れていく。

 それはもちろん、大切なのは人を想う気持ちというシンプルなものだ。しかし、それが観る者の心を優しく動かす。クライマックス、サンタファミリーがある場面を目撃してそれを思い出す場面にはグッと来る。あぁ、クリスマスってこんなに温かいものだったとほっこりする。

 個人的には結局、サンタには昔ながらのスタイルの方がロマンティックだと思う。高級ヴァイオリンを思わせる質感のソリ、トナカイの駆ける声、りんりんと鳴る鈴の音。こうでなくてはと膝を打つ。そして、ここでは同時に、プレゼントにおいてはラッピングが嬉しいポイントであることも指摘されている。プロフェッショナルな妖精の一人が美しい紙でプレゼントをスピーディに包む場面にワクワクする。

 アニメーションならではの工夫がふんだんに取り入れられた映像も見ものだ。この時期ならではの赤・緑・白を基調にした色遣いが楽しいし、3Dも煩くない(空を駆ける場面で威力を発揮する)。サンタたちの髪やヒゲで遊んでいるのも愉快だ。特に感心したのはアーサーのセーターの描写。毛糸の網目に繊細さと温もりが優しく表現されている。途中で赤いパーカーを羽織ってしまうのが残念なくらいだ。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ