September 2 - 5 weekend, 2011

September 2 - 5 weekend, 2011

1 Love Crime|$9,288(5)$46,439
2 Higher Ground|$7,212(17)$166,182
3 The Debt|$7,038(1826)$14,753,014
4 The Help|$6,993(2843)$124,272,124
5 Saving Private Perez|$5,144(161)$828,242
6 The Guard|$4,293(178)$2,706,346
7 Circumstance|$4,280(11)$114,389
8 Colombiana|$3,661(2614)$24,132,335
9 Shark Night 3D|$3,609(2806)$10,126,458
10 猿の惑星:創世記(ジェネシス)|$3,234(3193)$162,550,178

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 Green Day(グリーン・デイ)のヴォーカル、ビリー・ジョー・アームストロングさんが搭乗していた飛行機から降ろされてしまいました。キャビンアテンダントが腰パンで座っていたアームストロングさんにズボンを上げるように命じましたが、アームストロングさんは拒否、そのまま飛行機から降ろされたとのことです。ズボンぐらい上げればいいのにねぇ。何か譲れない理由でもあるんでしょうか。普通に履くとアレがデカ過ぎて苦しいとか。ちゅーか、ビリー!腰パンで良かった良かった。ライヴじゃいっつも尻を見せてますからね。ちなみにワタクシ…アームストロングさんの腰パンは似合っているので許せるのですが、日本の街中で見かける若者たちの腰パンのカッコ悪さには毎度眩暈を覚えております。

 Box Office。公開4週目の『The Help』がまさかの興収1億ドル突破を記録。さらに『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』が5週目で1億5,000万ドルを、『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』が10週目で3億5,000万ドルを超えました。ワタクシは敗者復活、宝くじの日の「お楽しみ抽せん」でもかすりもしませんでした…。

 チャートへ。レイバーデイの関係で4日間の集計。おフランス映画『Love Crime』が首位デビューに成功。女エグゼクティヴとそのアシスタントが反目し合い、ある事件をきっかけに一方が復讐を計画する物語。クリスティン・スコット=トーマスとリュディヴィーヌ・サニエが激突します。ワタクシは迷うことなくサニエを応援します…。それにしても女同士の対立はどうしてこうも怖いのでしょう。近くで目撃したならば、すぐにその場から離れるのが賢明だと思われます。監督はアラン・コルノー。ブライアン・デ・パルマによるリメイクも決定しています。

 3位に入ったのは『The Debt』。イスラエル映画のリメイクで、ナチスの戦争犯罪者を30年以上に渡って追跡するエージェントを描く作品。現代と過去が交互に描かれる作りの模様です。ヘレン・ミレン&ジェシカ・チャステイン、シアラン・ハインズ&サム・ワーシントン、トム・ウィルキンソン&マートン・ソーカス…という組み合わせで二人一役となっています。ワーシントンがハインズになるのかー。摩訶不思議。それにしてもチャステインは本当に作品数がすごいことになっています。特別な大ヒット作もないのに、こんなに急にブレイクした女優も珍しいなぁ。

 メキシコ映画『Saving Private Perez』は5位へランクイン。メキシコの犯罪王が母親の命令により行方不明となっている弟を探すことになる様を描くウエスタン・コメディ。いつでもどこでも母の命令は絶対なのです。夏休みが終わってしまって憂鬱な少年たちよ、逆らったら父ちゃんのようになっちゃいますよ。出演はミゲル・ロダルテ、アダル・ラモーンズ、ジェイミー・カミル。

 『Shark Night 3D』は9位。週末を湖のほとりの別荘で過ごすことになった7人が、なぜだか湖にうじゃうじゃいるサメに襲われる様を描くホラーです。昨年の今頃は「ピラニア3D」がアメリカ公開されていましたが、おそらく間違い探しができる仕上がりだと思われます。きっとオネエチャンたちは薄着で身体をアピールしてくれることでしょう。お父さん、良かったですね。あ、でも男も脱いでるかもしれません。気をつけましょう。出演はサラ・パクストン、クリス・カーマック、クリスティーヌ・クイン、ジョエル・ムーア、ダスティン・ミリガン、デイモン・リパリ、クリス・ジルカ、ジル・モンティ、キャサリン・マクフィー、シンカ・ウォールズ、アリッサ・ディアス。思う存分殺されて下さい。

 圏外。11位は『Apollo 18』。17号で終わったはずのアポロ計画。しかし、実際は18号が月に向かっていた。果たして本当は何が起こったのか…。すっかりお馴染みになったモキュメンタリースタイルで描かれるホラーです。当然出てくる俳優たちは無名の人がズラリ。皆さん、これをきっかけにスターの座へ!…と目論んでいるんでしょうが、そう言えば、大ヒットしたモキュメンタリー映画からでもスターというのは生まれていませんねぇ。キビシー。ティムール・ベクマンベトフが監督。

 『Seven Days in Utopia』は12位へ。ツアーの結果が最悪で自暴自棄になった若手ゴルファーが、テキサスの田舎町ユートピアで老カウボーイに出会うことから起きる出来事を描く作品。ロバート・デュヴァル、ルーカス・ブラック、メリッサ・レオ、デボラ・アン・ウォールが共演。小さい頃は大人になると誰でもゴルフを始めるものだと思っていましたが、全然そんなことにはならないままに早35年。ひょっとしてフツーの方々は「部長ナイスショーット!!」って絶叫しているものなんでしょうか。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ