August 26 - 28 weekend, 2011

August 26 - 28 weekend, 2011

1 Higher Ground|$7,165(3)$21,495
2 Circumstance|$6,188(7)$43,318

3 The Help|$5,233(2778)$96,833,423
4 Colombiana|$3,982(2614)$10,408,176
5 The Guard|$3,595(107)$1,777,900
6 Don't Be Afraid of the Dark|$3,089(2760)$8,525,728
7 Our Idiot Brother|$2,744(2555)$7,011,631
8 Brighton Rock|$2,731(12)$32,774

9 猿の惑星:創世記(ジェネシス)|$2,628(3374)$148,674,018
10 ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路|$2,534(7)$73,586

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 「トランスフォーマー」シリーズをクビにされたことで知られるミーガン・フォックスさんが、右腕の内側に入れていたというマリリン・モンローさんのタトゥーを消すことにしたそうです。イタリアのファッション誌のインタヴューによると、フォックスさんは消す理由として「マリリンは情緒不安定で、躁鬱病の気があって、しかもネガティヴだったらしいのよ。負のエネルギーは要らないわ」と語ったそうな。なんだか「自分は物知りなの」みたいな言い方に聞こえますが、そういうあんぽんたんなところもフォックスさんの魅力でありましょう。あの顔、あのスタイルで、頭まで良かったら、うーん、そりゃダメよ。目指すはシャロン・ストーン姐さん路線であります。

 チャートへ。ヴェラ・ファーミガが初監督(兼主演)に挑戦した『Higher Ground』が第1位デビュー。妊娠と結婚をきっかけにキリスト教原理主義者となった女が、宗教を離れ新しい人生を歩もうとする様が描かれます。ジョシュア・レナード、ノーバート・レオ・ブッツ、ジョン・ホークス、ビル・アーウィン、ドナ・マーフィ共演。宗教と言えば、そろそろサイエントロジーはまた映画を作らないのでしょうか。ある意味傑作な「バトルフィールド・アース」(00年)を超えるものをお願いしたいんですけどねぇ。ちなみに「バトルフィールド・アース」はラジー賞7部門独占受賞の快挙を達成しています。

 2位に登場したのは『Circumstance』。レズビアンのイラン人少女のいる家族の物語。サンダンス映画祭で観客賞を受賞しています。日本ではゲイの男性芸能人はたくさんいますが、女性芸能人は全然見ませんねぇ。アメリカだとエレン・デジェネレスのポーシャ・デ・ロッシのカップルを筆頭に結構見かけますけど。ちゅーか、男性芸能人もゲイはゲイでもオカマチャンなタイプばっかり。福山雅治だとか竹野内豊みたいな正統派二枚目タイプがカミングアウトしたら(裾野が広がって)面白いのに…。

 4位は『Colombiana』。幼い頃に両親を殺した犯人の行方を追いながら暗殺の仕事を続ける女を描くアクション・スリラーです。製作と脚本はあのリュック・ベッソンなのですが、元々はあの「レオン」(94年)の続編用に書かれた物語を改変して作ったとのこと。没になった脚本も無駄にはしない、エコなベッソン。たまには良いことをするものです。主演をアバターなゾーイ・サルダナが務める他、ジョルディ・モリャ、レニーー・ジェームズ、アマンダ・ステンバーグ、マイケル・ヴァルタン、クリフ・カーティス、カラム・ブルーが出演。

 6位に入ったのは『Don't Be Afraid of the Dark』。19世紀に建てられた大邸宅に越してきた家族が、地下に棲む魔物に襲われる様を描くホラーです。73年のTV映画「地下室の魔物」のリメイクで、安易な企画の匂いもしますが、ギレルモ・デル・トロが絡んでいるとなるとちょっと期待値が上がります。オリジナルでは魔物は醜い顔をした小人だったそうですが、今回はどうでしょうか。意表を突いて、日本各地で目撃されている「ちっさいオッサン」風というのはどうでしょう。出演はケイティ・ホームズ、ガイ・ピアース、ベイリー・マディソン。

 『Our Idiot Brother』は7位へ。刑務所帰りの男が三姉妹と一緒に暮らすことになる話。ポール・ラッドがどこかの宗教の教祖みたいな風貌で主役として登場、エリザベス・バンクス、ゾーイ・デシャネル、エミリー・モーティマーが三姉妹に扮します。ラッド、撮影現場はさぞかし楽しかったことでしょう。ワタクシならば、誰を三姉妹にキャスティングするでしょうか。ミラ・クニス、アマンダ・セイフライド、アンバー・ハードでどうでしょう。いやらしい演技、お願いします。スティーヴ・クーガン、ヒュー・ダンシー、ラシダ・ジョーンズ共演。

 8位インは『Brighton Rock』。グレアム・グリーンの原作の映画化で、殺人を犯した不良青年ピンキーとそれを目撃したウエイトレス、ローズの物語。サム・ライリー、アンドレア・ライズボロー、ヘレン・ミレン、ジョン・ハート、そしてアンディ・サーキスが出演。サーキス、今回は人間役のようでホッと一安心。ゴラムやらキングコングやらチンパンジーやらばっかりではね…。ちなみに次回作はモーションキャプチャー・アニメーション「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」で、ハドック船長役なんだとか。ホントにモーションキャプチャー専門みたいになってます…。その後にはまたゴラムを演じるみたいだし…。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ