ペネロペ・クルス

 当時は全然意識しなかったけれど、現在飛ぶ鳥落とす勢いのペネロペ・クルスの映画デビュー作は『ハモンハモン』(92年)だったのだという。ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞したこの映画でクルスは、後の夫となるハヴィエル・バルデムとあまりにも濃厚なラヴシーンを見せつけた。獣同士が貪るセックスと言うか何と言うか。お互いに欲しくてたまらない興奮状態に行き着くまでが早くて、その爆発力が、あぁ、なんともまあスペイン…。さすがマタドールの国だ。フラメンコの国だ。映画デビュー作でこんなラヴシーンをやってのけるとは、アッパレではないか。

 もちろん映画界はアッという間に注目したけれど、クルスはすぐに世界進出しなかった。スペインで演技力を磨くことを選んだ。そのキャリアの中でもペドロ・アルモドヴァルとの出会いは重要な意味を持つ。『ライブ・フレッシュ』(97年)『オール・アバウト・マイ・マザー』(98年)の連続出演、そして高評価は、いよいよクルスの美貌と実力を世に知らしめる。クルス本人もひょっとするとある種の達成感を感じたのかもしれない。遂に世界を目指す。行き先はもちろん、映画の都ハリウッドだ。

 『ハイロー・カントリー』(98年)を経て作られたのが『ウーマン・オン・トップ』(00年)で、これこそ紛れもなくクルスのハリウッド初主演作だ。いつでもどこでも自分(女)が上位にいないと気が済まないシェフの役。なかなか愛らしかったのだけれど、作品がこじんまりまとまってしまったからか、批評的にも興行的にもクルスをハリウッドブレイクへと導くことはできなかった。そしてこの最初のつまずきが、しばらくクルスのキャリアに影を落とすことになる。「ビッグスターの相手役」という特に演技力を必要とされない役柄での起用が続いてしまったのだ。

 『すべての美しい馬』(00年)『ブロウ』(01年)『コレリ大尉のマンドリン』(01年)『バニラ・スカイ』(01年)『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(05年)…いずれも話題作ではあるものの、クルスでなければならない理由は見つからない。この時期、最も注目されたのが『バニラ・スカイ』の共演者にしてキング・オブ・ハリウッドであるトム・クルーズとの交際というのが残念無念である。

 クルスはハリウッドに失望したのかもしれない。女優として一からやり直そうとしたのかもしれない。スペインに戻って恩師の作品への出演を選ぶ。それがアルモドヴァルの『ボルベール<帰郷>』(06年)だった。

 クルスはアヒル口の愛らしい外見をしているけれど、いちばんの魅力は大地と密着した野性味にある。折れそうに細いのに(ただし下半身は意外にご立派)芯はあまりに強靭で、そこからは「生」のエネルギーが逞しく溢れ出ている。生きる本能が全身を包み込み、それが変幻自在に表情を変える。アルモドヴァルはそれを知り抜いていた。娘であり母であるヒロインのバイタリティをクルスの個性を利用して表現、作品のテーマを明確にしていた。母国語であるスペイン語による演技だったのも彼女らしさを最大限引き出す効果を上げていたと思う。クルスはこの演技により共演女優たちと共にカンヌ映画祭女優賞を受賞、アカデミー賞でもスペイン人として初めて主演女優賞にノミネートされる。

 こうして考えると、自分の魅力を分かっている監督との出会いは非常に大切なものなのだ。演技力があっても見当違いの役柄で起用されては、観客の心には残らない。作品の出来映えが良くなければ、むしろつまらない俳優扱いされてしまう危険すらある。しかし、デキる監督がバックについていれば、他の作品が失敗に終わっても、軌道修正はそうでない場合よりは容易くなる。監督と俳優の間で本来の絆以上のものがぶつかり合い、新たなる傑作を生み出す可能性が高くなる。

 アルモドヴァルとの再会により本来の自分を取り戻したクルスは、その後絶好調だ。『それでも恋するバルセロナ』(08年)で自由奔放な魅力で場をさらってオスカーを獲得。再びアルモドヴァルと組んだ『抱擁のかけら』(09年)の艶かしい演技が絶賛され、『NINE』(09年)は作品評価こそ伸び悩んだものの彼女のスキャンダラスな存在感は高い注目を集めて三度目のオスカー候補に挙がった。いずれも舞台がヨーロッパなのは偶然ではないだろう。ついでに言うと、バルデムと紆余曲折を経て結婚したのも今の勢いを象徴しているだろう。

 クルスの最新作は超人気シリーズに女海賊役で新たに出演する『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(11年)だ。作品はくだらないが、ジョニー・デップに負けない情熱的なエネルギーを発散している。更なる飛躍は今後、アメリカの大地でもその魅力を発揮できるかどうかに懸かっているだろう。尤も、今後もヨーロッパを拠点に活動を続けても相当に面白いポジションを築けると思う。今最も目が離せない女優の一人だ。



教訓:道に迷ったときはその魅力を引き出してくれる恩師と母国に戻ってみる



MY ペネロペ・クルス ムービー BEST 3
 1. 『ボルベール<帰郷>』(06年)スペインの大地と一体化したエネルギー
 2. 『オール・アバウト・マイ・マザー』(98年)女性賛歌に終わらないパワーが女優たちに感染
 3. 『エレジー』(08年)ベン・キングスレーとの絡みから匂い立つ官能!





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ