ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男

ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 “The Hoax”

監督:ラッセ・ハルストレム

出演:リチャード・ギア、アルフレッド・モリーナ、マルシア・ゲイ・ハーデン、
   ホープ・デイヴィス、ジュリー・デルピー、スタンリー・トゥッチ、
   デヴィッド・アーロン・ベイカー、クリストファー・エヴァン・ウェルチ、
   アントーニ・ノッパーズ、メイミー・ガマー、イーライ・ウォラック

評価:★★★




 新聞や雑誌の記事の捏造事件の話は今も昔も頻繁に耳にする。映画でも取り上げられることは多く、最近だと「ニュースの天才」(03年。ビリー・レイ監督、ヘイデン・クリステンセン主演)が政治雑誌の記事でっち上げ事件を痛快に魅せていた。『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』も同じくでっち上げ事件を題材にしているものの、ニュース記事中心のそれとはスケールが違う。主人公である実在のライター、クリフォード・アーヴィングは、「アビエイター」(04年。マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演)に詳しいハワード・ヒューズの偽伝記を書き上げてしまったというのだ。あの誰もが知っている大富豪の伝記だなんて、バレるに決まっているだろう。それでもアーヴィングは没落がすぐ傍で手を拱いている栄光に向かって突き進む。ある意味アッパレ。

 アーヴィングが言うには「ヒューズは変わり者として知られていて、人前には全然出てこない。だから彼を知っている人はほとんどいない。伝記が出ても口を出してくることはないだろう。偽の伝記を書いてもバレないだろう。つまり偽伝記で名声も大金も手にできるだろう」ということらしい。時代は1970年代初頭、筆跡鑑定も雑だったようで、「ヒューズの手紙」がホンモノだと判定され、後はとんとん拍子で事態は展開していく。前半で描かれるこのあたりの描写は、いつものラッセ・ハルストレム作品とは違って、リズミカルそのもの。詐欺行為には違いないものの、それが成功していく過程の活気を楽しげに捉えている。アーヴィングはヒューズの存命中に偽伝記を書き上げていくわけで、その図太さが愚かしいと言うか、大胆不敵と言うか。とにかく妙に応援したい気持ちにさせられるところが巧い。

 アーヴィングは金に困っていた。偽伝記の執筆に着手したのは金のためが大きかっただろう。それが名声を手にしたいという欲求が膨らんでいき、いつしか彼自身を呑み込んでしまうのが面白い。最初は一流ライターになりたいという夢があったに違いない。しかし、金銭的な余裕がなくなっていったことで、彼の中のバランスが崩れてしまったのだろう。何が目的なのか分からなくなっていく。強気でガンガン攻めるアーヴィングと、気が弱い相棒のディック・サスキンドを対比させながら、夢や金と名声を擦り合わせていく構成が効いている。

 いつ真実がバレるのだろうか。というサスペンスが話の軸にあるけれど、過剰にそれに寄りかかることがないのは、リチャード・ギアの起用が思いの外成功しているからではないか。アーヴィング本人に似せたのか髪型を珍しく変えたギアが、しかしニヤケ顔はいつもの調子で、勢い良く突っ走っていく。精神的に追い詰められていく際の壊れ方にはもう少し迫力が欲しいものの、真面目な顔でもどこかヘラヘラしたところのある特徴を役柄に滑り込ませて、憎めない魅力を作り出している。相棒役のアルフレッド・モリーナの、気弱さを現実感たっぷりに魅せる存在感も見ものと言える。

 終幕にはややトリッキーな仕掛けが用意されている。歴史の裏でヒューズが暗躍していたという豪快な仮説を放り込む。アーヴィングはハワードを利用して名声と金を得ようとして、しかし、いつの間にかヒューズの妖しい存在に呑み込まれてしまうのだ。つまりアーヴィングは名声にもヒューズにも呑まれてしまう。ヒューズは画面に出てこないというのに、それでもアーヴィングは敵わない。器の違い。哀れで、でも可笑しい。

 アーヴィングは自分の行為が詐欺に当たることを当然気づいている。得られるものも偽りの名声だと分かっていたはずだ。「俺は最低の大ボラ吹きだ」と自分を責めるセリフも吐く。それなのに止められない。近年は表現者として上に行くことよりも、有名になること自体を目的としている「セレブリティ」と呼ばれる者たちが溢れかえっている。名声欲が世界の隅々まで侵食している時代。これからも同じような事件が途切れることはないだろう。アーヴィングの滑稽さを笑ってばかりはいられない。ハルストレムの視線は穏やかで、でもその中には厳しさが隠れている。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ