アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹

アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹 “Alvin and the Chipmunks: The Squeakquel”

監督:ベティ・トーマス

出演:ザッカリー・リーヴァイ、デヴィッド・クロス、ジェイソン・リー、
   ウェンディ・マリック、キャスリーン・ジューステン、シャリース

声の出演:ジャスティン・ロング、マシュー・グレイ・ガブラー、
   ジェシー・マッカートニー、クリスティーナ・アップルゲイト、
   アンナ・ファリス、エイミー・ポーラー

評価:★★




 『アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹』の冒頭、「デスパレートな妻たち」(05年~)のマクラスキーさん役でお馴染みのキャスリーン・ジューステンが出てくる。彼女を人間のメインに置いてくれたら良かったのに…。

 一作目の「アルビン 歌うシマリス3兄弟」(07年)を観てからまだ3年も経っていないというのに、覚えているのはCGで作られたシマリスが愛らしかったことだけ。でも別に落胆はしていない。「シマリスが可愛かったからそれでいいじゃないか」という気分は、予想以上に強力で、CGで作られた動物がこんなに可愛く見えた例はなかったのではないかと思う。このシマリス人形が売りに出されたら、飛びつく人が大勢いても驚かない。

 毛並みが細部まで描き込まれ、小動物特有のぽちゃぽちゃ感が大切にされ、その衣装も大雑把には処理されない。これで声が機械的なものでなかったらパーフェクトである。愛らしさという点においては。

 続編らしくビジネスの匂いが漂っている。冒頭でジェイソン・リーがいきなり負傷し、ほとんど姿を見せないのには大人の事情が見え隠れする。シマリス3兄弟に対抗して、シマリス3姉妹を投入するのはいかにも安易なアイデアだ。意外なほど大胆な省略術が取り入れられているのは、上映時間を短くしたいがゆえであって、演出ではないだろう。兄弟のチームワークが乱れるのは予想通りだし、前作で金の亡者だったデヴィッド・クロスを再び登場させるのは無理矢理でしかない。この脚本で企画が通ったのは、ビジネスになるとフンだからとしか思えない。

 でもまあ、一作目のように相変わらずシマリスは可愛いのである。ふと思ったのは、長編ではなくて短編アニメーションにしてはどうかということだ。長編にしてしまうと脚本上の細かい粗が目につくけれど、短編ならばアイデア次第で十分ユニークな画面を作ることできるのではないか。幸いなことに、外見的にも内面的にもシマリスの描き分けはできている。成功する可能性は決して低くないと思うのだけど…。

 新登場のシマリス3姉妹も予想以上に愛らしくて、シルバニアファミリーにライヴァル登場といった感じ。彼女たちの物語はほとんど「ドリームガールズ」(06年)のパロディ。すごく単純な漫画になっている。注目は彼女たちが歌うのがケイティ・ペリーやP!nkの楽曲という点で、この「ヒット曲をどんどん入れちゃえよ!」的なチープな発想が、ズバリ的中している感。特に大々的に取り上げられるビヨンセの「Single Ladies (Put a Ring on It)」はとても可愛い使い方。

 リーの代わりに出てくるザッカリー・リーヴァイにも物語が用意されている。いい年こいてゲーム中毒で、一日中ダラダラしている男。彼が高校のとき好きだった同級生に再会して…という展開。かなりどうでもいい。シマリスの物語だけでは映画が短くなり過ぎてしまったのだろうか。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ