June 18-20 2021, Weekend

◆6月第3週公開映画BUZZ


あの夏のルカ “Luca”
 配給:ディズニー
 監督:エンリコ・カサローザ
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:80.0 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           視覚効果賞、録音賞、作曲賞
           アニメーション映画賞

“Hitman's Wife's Bodyguard”
 配給:ライオンズゲイト
 監督:パトリック・ヒューズ
 Budget:$70,000,000
 Weekend Box Office:$11,397,820(3331)
 OSCAR PLANET Score:32.8 BIG BOMB!!!
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:ライアン・レイノルズ
           助演男優賞:アントニオ・バンデラス
           助演男優賞:モーガン・フリーマン
           助演男優賞:サミュエル・L・ジャクソン
           助演女優賞:サルマ・ハエック

ファザーフッド “Fatherhood”
 配給:Netflix
 監督:ポール・ウェイツ
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:60.4
 Oscar Potential:主演男優賞:ケヴィン・ハート
           助演男優賞:リル・レル・ハウリー
           助演女優賞:アルフレ・ウッダード


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 ピクサー・アニメーション第24作となる『あの夏のルカ』が登場。北イタリアの海辺の町ポルトロッソを舞台に、海に暮らすシー・モンスターの少年ルカとその親友アルベルトのひと夏を描き出す友情物語。果たしてその評価は、今回もまた、好意的見解が圧倒的優勢。ピクサーにしか表現できない人物造形、物語、そして画の魅力。アニメーションという芸術における最高峰の技をたっぷり楽しめる一品。子どもだけに終わらず、全世代にアピールする内容なのはこれまで通り。ただ、ピクサーのベストではないとの声も決して小さくはない。…となると、アニメーション映画賞では参戦は間違いないと思われるが、受賞までは届かない可能性大。なお、本作は劇場公開をスキップ、Disney+での配信公開に切り替えられている。ピクサー側がこの戦略に不満を抱いているとの噂もあるようだが、果たして…。

 日本ではNetflixによる配信公開だったアクション・コメディ「ヒットマンズ・ボディガード」(17年)の続編。その『Hitman's Wife's Bodyguard』は前作から4年後が舞台。ボディガードのマイケルが、今度は前回担当した暗殺者ダリウスの妻ソニアの警護に当たることに…。アントニオ・バンデラスやモーガン・フリーマンが新しく投入されるなど、続編らしく派手に作ろうとしたは良いものの、無念、評価は伸びず。一作目も目新しいところのない古風なアクション・コメディだったが、今回もそれを踏襲、結果ますます個性の感じられないありふれた娯楽作になった感。ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン、サルマ・ハエックら人気スターたちのアンサンブルだけが救いとの声が飛んでいる。シリーズとしての知名度は低くないゆえ、ラジー賞に目を止められる可能性がある。ただし、興行的には何とか1,000万ドルを超えることに成功。酷評を考えれば、悪くない?





ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク