April 30-2 2021, Weekend

◆4月第5週公開映画BUZZ


ウィズアウト・リモース “Without Remorse”
 配給:アマゾン・スタジオ
 監督:ステファノ・ソッリマ
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:42.4
 Oscar Potential:主演男優賞:マイケル・B・ジョーダン
           助演男優賞:ジェイミー・ベル
           助演女優賞:ジョディ・ターナー=スミス

ミッチェル家とマシンの反乱 “The Mitchells vs. the Machines”
 配給:Netflix
 監督:マイケル・リアンダ
 Budget:$100,000,000
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:90.2 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞、脚本賞、アニメーション映画賞

闇はささやく “Things Heard & Seen”
 配給:Netflix
 監督:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:44.6
 Oscar Potential:主演女優賞:アマンダ・セイフライド
           助演男優賞:ジェームズ・ノートン

“Four Good Days”
 配給:ヴァーティカル・エンターテイメント
 監督:ロドリゴ・ガルシア
 Budget:-
 Weekend Box Office:$303,000(298) zzz...
 OSCAR PLANET Score:55.3
 Oscar Potential:主演女優賞:ミラ・クニス
           助演女優賞:グレン・クローズ


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 配給がユニヴァーサルからアマゾン・スタジオへと移った『ウィズアウト・リモース』が配信公開された。トム・クランシーの小説を映画化したもので、妻を殺害したロシアの武装集団への復讐を重ねる元ネイヴィー・シールズ所属の男が、事件の背後に国家の陰謀が隠れていることに気づき…というストーリー。好調マイケル・B・ジョーダン主演作ということで期待値は高かったが、残念、評価はイマイチ。ジョーダンのパフォーマンスは堂々たる主演スターのそれであるものの、その一方、時代遅れの愛国精神が見え隠れる展開はありふれたものでしかなく、シリーズ化を念頭に置いた構成が興を削ぐ結果に繋がっているとのこと。賞レース向きの題材ではなく、技術部門も含め、参戦の可能性は限りなくゼロに近いだろう。

 配給がソニーからNetflixへ移ったアニメーション『ミッチェル家とマシンの反乱』は配信の前に劇場でも封切られた。横暴な人間たちに対してロボットが反乱を起こした社会、風変わりなミッチェル家の面々がそれを防ぐべく奮闘する。プロデューサーのフィル・ロード、クリス・ミラーは「LEGO®ムービー」(14年)「スパイダーマン:スパイダーバース」(18年)を手掛けたコンビで、そのネームヴァリューも効いたか、批評はまるでピクサー映画のように絶賛一色。誰もが身近に感じるだろうスマートフォンや家電が暴走を始めるヴィジュアルがユーモラスかつエネルギッシュ。それに立ち向かう家族の物語もキャラクターも良く練られていて、大人から子どもまで安心して楽しめる痛快アニメーションに仕上がっているとのこと。この賛辞は賞レース参戦レヴェルにあると言って良く、アニメーション映画賞で旋風を巻き起こすかもしれない。

 Netflixは『闇はささやく』もドロップ。エリザベス・ブランデイジの小説の映画化で、新天地へ越してきたばかりの夫婦が新居にまつわる呪われた過去を解き明かす過程で、自分たちの抱える秘密と向き合うことに…というストーリー。ホラーテイストの内容は毎度批評家受けが悪いものだが、これも例に漏れず。原作の旨味を活かすことのできない生温い脚色と演出。ありふれた恐怖に包まれた、ありふれたホラー映画でしかないと手厳しい言葉が飛んでいる。主演のアマンダ・セイフライドは「Mank マンク」(20年)で初オスカー候補に挙がったばかりだが、その効果が出るのはこれからとなる。





ブログパーツ

スポンサーサイト



プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク