August 28-30 2020, Weekend

◆8月第4週公開映画BUZZ


“Bill & Ted Face the Music”
 配給:ユナイテッド・アーティスツ
 監督:ディーン・パリソット
 Budget:$25,000,000
 Weekend Box Office:$1,125,007(1007) zzz...
 OSCAR PLANET Score:72.2
 Golden Globe Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
                主演男優賞:キアヌ・リーヴス
                主演男優賞:アレックス・ウィンター

“The Personal History of David Copperfield”
 配給:サーチライト
 監督:アーマンド・イアヌッチ
 Budget:$15,600,000
 Weekend Box Office:$475,800(1360) zzz...
 OSCAR PLANET Score:84.2 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚色賞
           主演男優賞:デヴ・パテル
           助演女優賞:ティルダ・スウィントン
           美術賞衣装デザイン賞、作曲賞

“The New Mutants”
 配給:20世紀スタジオ
 監督:ジョシュ・ブーン
 Budget:80,000,000
 Weekend Box Office:$7,037,017(2412) zzz...
 OSCAR PLANET Score:36.9
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           助演男優賞:チャーリー・ヒートン
           助演男優賞:ブルー・ハント
           助演男優賞:ヘンリー・ザーガ
           助演女優賞:アリス・ブラガ
           助演女優賞:アニヤ・テイラー=ジョイ
           助演女優賞:メイジー・ウィリアムス


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 今やカルト作(?)として人気を博す「ビルとテッドの大冒険」(89年)「ビルとテッドの地獄旅行」(91年)。29年ぶりとなるシリーズ第3弾『Bill & Ted Face the Music』が配信・劇場同時公開でお目見えした。ロックスターを夢見るビル(アレックス・ウィンター)とテッド(キアヌ・リーヴス)の元へ未来から訪問者がやってくる。その者が言うには、彼らの音楽だけが世界を救うとのことで、ビルとテッドは再びタイムトラヴェルに出ることに…という、やっぱりか、ハチャメチャストーリー。シリーズ物は回を追う毎につまらなくなるもので、加えて間が空き過ぎると需要までなくなってしまうものだが、どっこい批評家はビルとテッドの帰還を歓迎している。ぶっ飛んだ設定とストーリー、そしてキャラクターの魅力が見事な再生を果たし、相変わらずの世界観がチャームでいっぱいに満たされているという。細かい点に苦言を呈した評も少なくはないが、大したダメージにはならない。ひょっとすると第4弾の製作もあるのではないか。ただ、配信同時スタートとは言え、劇場動員に関しては寂しい数字に終わっているのが気にかかるところ。また、断るまでもなく、賞レース参戦は目指していない。

 英国映画『The Personal History of David Copperfield』はチャールズ・ディケンズの小説を映画化したもの。母の再婚により不幸な境遇で生きることを強いられるデヴィッド・コパーフィールド少年が作家として成功するまでを描き出す。春の公開がここまで伸びてしまったが、何とか劇場公開に漕ぎ着けた。批評家たちから発せられる言葉は大半が温かいもの。魅力的な物語は時代を超えて愛されるものだと証明する充実した出来映えで、古典らしからぬファニーなチャームが全開、世界観に新鮮な風を吹かせることに成功している。デヴ・パテルらキャストも見事なパフォーマンス。美術や衣装も素晴らしい。…となると賞レース参戦を期待してしまうのだが、実はこの映画、英国アカデミー賞では前年が対象で(見事候補入り)、会員の多くが被っているオスカーでは、英国会員たちからの票は見込めないのではないかとの見方が支配的。興行成績も一館あたりのアヴェレージが400ドルを下回るという厳しい数字が報告されている。





ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク