August 21-23 2020, Weekend

◆8月第3週公開映画BUZZ


“Unhinged”
 配給:ソルティス・スタジオ
 監督:デリック・ボルテ
 Budget:$33,000,000
 Weekend Box Office:$4,000,761(1823) zzz...
 OSCAR PLANET Score:47.3
 Oscar Potential:主演男優賞:ラッセル・クロウ
           助演女優賞:カレン・ピストリアス

“Tesla”
 配給:IFCフィルムズ
 監督:マイケル・アルメイダ
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:62.8
 Oscar Potential:主演男優賞:イーサン・ホーク
           助演男優賞:カイル・マクラクラン
           美術賞、衣装デザイン賞


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 メジャースタジオ作品ではないものの、新コロショックに揺れる映画界で最初に本格的に劇場公開に挑戦する作品と言って良いだろうか。ラッセル・クロウが主演する『Unhinged』が封切られた。渋滞中、謎の男と険悪なやりとりをした母息子が彼の逆鱗に触れ、執拗に付きまとわれる様を描くスリラーになる。見物は悪役に挑むクロウの震撼パフォーマンス。母息子が助けを求める先を次々突破、親子を恐怖のどん底に突き落とす振る舞いが真に迫っている。ただ、それがあったとしても出来は物足りないというのが批評家の意見で、退屈はしないB級映画以上のものは見当たらないとか。賞レース参戦を見据えた映画ではない。さて、注目の興行成績は一応第1位へ。400万ドルという数字は通常ならば大コケ認定されるものだが、現在は新コロ禍、評価は割れるだろう。ただ、製作費3,300万ドルを劇場だけで回収するのが絶望的であることは確か。間もなく公開になる『TENET テネット』がどういう結果を出すか、業界関係者の注目はそちらに移っている。

 これまで何度も組んでいるマイケル・アルメイダ監督とイーサン・ホークが再タッグを組んだのが『Tesla』。天才発明家として名高いニコラ・テスラが主人公。彼が交流電気方式や無線電力伝送を実現する戦いの半生を描き出す。サンダンス映画祭でまずまずの評価を獲得していた作品だが、今回のリリースに当たっても悪くない判定。不敵な試みに挑んでいることもあり決して全てが上手く機能しているとは言い難い実話ドラマだが、テスラを演じるホークのパフォーマンスがそれをカヴァーする充実のレヴェル。作品そのものを一見の価値あるものにしているとのこと。おそらく賞レースに絡んでくることはないと思われるが、ホークがインディペンデント・スピリット賞で認められる可能性は残されているかもしれない。





ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク