ザ・ファイター

ザ・ファイター “The Fighter”

監督:デヴィッド・O・ラッセル

出演:マーク・ウォルバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、
   メリッサ・レオ、ジャック・マクギー、メリッサ・マクミーキン、
   ビアンカ・ハンター、エリカ・マクダーモット、デンドリー・テイラー

評価:★★★★




 アイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードがその兄ディッキー・エクランドとタッグを組み、世界チャンピオンになるまでが描かれる。…となると爽やかな根性ボクシング映画、或いは生真面目な伝記映画、若しくはブルーカラーの家族を取り上げた温かな家族映画あたりを想像する。ところがこの『ザ・ファイター』、そういった直球の面白さも確かに具えながら、同時に奇妙な捩れを引き起こしてもいる。家族の形がかなり歪で、そこに特異な磁力が宿っていて、しかもそれを方々に向けてかき乱すのだ。寂しい匂いが立ち込めた、ローウェルの町で。

 真っ先に磁石となるのはエクランドだ。自身も優れたボクサーなのに自堕落な生活が災いして落ちぶれてしまったエクランドは、熱心に弟を指導しながら、しかし再びドラッグに溺れ、犯罪に手を出し、遂には刑務所送りとなる。要するに分かりやすくトラブルメイカーなのだけれど、同時に憎み切れない愛敬を持っているのがポイントだ。彼のいる場所では必ず何かが起きる。陽気でお調子者で口も達者で、後は努力さえあれば花が開いただろう男の転落が生々しい。クリスチャン・ベールは外見の作り込みもさることながら(大幅な減量、歯並びを変え、髪を引っこ抜く)、家族への愛情と芯の弱さがせめぎ合いを見せるエクランドの複雑さを迫力たっぷりに見せる。刑務所に入ったエクランドの態度が可笑しい。今度こそ反省しているかと思いきや、「俺はハリウッドスターになるぞ」と笑いながら、刑務所仲間と自身のドキュメンタリー映画のTV放送に余裕綽々。

 瞬発力ある磁力を発散するのがエクランドとするなら、怪物的要素の強い磁力を放出し続けるのは兄弟の母アリス・ウォードだ。マネージメントを担当、コトを自分の思い通りに運ばせようとする彼女は、家族への愛情が膨れ上がり、それを自身でも知らず知らずのうちにコントロールできずにいる。愛情が複雑怪奇な方向へ暴走するモンスターな磁力。メリッサ・レオの達者な演技がそれをホンモノにする。

 このふたつの磁石はただいるだけでも相当な吸引力を発揮するのだけれど、N極とS極を自在に変える柔軟さもあるし、気まぐれに力を強めたり弱めたりもする。彼らが出てくる度に真っ直ぐ進んでいた物語が壁に衝突するのが厄介と言うか面白いと言うか。作り手もそのことを承知のようで、ベールとレオのツーショットを幾度となく挿入して、その奇怪さを示してみせる。全くもって、納得だ。

 そんなわけで前半は、ミッキー・ウォードに主役としてもっと存在感を出せよと声をかけたくなるほどなのだけど、心配は無用、いよいよ彼が家族のためではなく自分のために戦いを挑み始めるあたりから、グイグイと前に出てきて頼もしくなる。きっかけを作ったのは恋人のシャーリーン(エイミー・アダムスが強さと温か味のある好演)ではあるものの、やはりウォードの芯が強固だったのだろう。マーク・ウォルバーグも内向的で無口、押しの弱い男の強さを徐々に押し出してくる。身体の作り方も素晴らしい。クライマックスのファイトシーンにおける珍しい試合運びが嘘臭くなかったのがウォルバーグのアプローチが正しかったことを証明している。

 意外に面白いのはカメラワークで、まるで姿の見えない最後の登場人物であるかのように、密接に兄弟に接近していく。しかもその表情が物語が進むに連れて変わっていく。前半は家族のゴタゴタをゴシップを眺めるかのように見つめていたのが、家族の頑丈な土台が徐々に見えてくるに連れ、真摯な視線を感じさせるようになる。一貫してファンキーな姿勢なのも好もしい。

 ウォードの足を引っ張っていたのは家族だった。しかし、最後に支えたのも家族だった。デヴィッド・O・ラッセルはこれまでのハズしたリズムを封印し、物語の強さを信頼したように見える。陰影豊かな画面に浴びせられたパンチが温かく、力強い。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ザ・ファイター』お薦め映画

家族と別れて成功したとして、果たして彼は幸せになれるだろうか? 勝利の瞬間、そこに喜びを分かち合う家族はいないのだ。家族を選ぶか、成功を選ぶか、それとも両方を手にするか? 兄弟愛に泣く、お薦め作品だ。
プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ