第40回ゴールデン・ラズベリー賞ノミネーション予想

 あぁ、俺もラジー賞に投票したいなぁ。…と思ったら「ゴールデン・ラズベリー賞財団」なるものに会費を払えば良いのです。特に資格はなく、金さえ払えば、アッという間にあなたもラジー会員です。会費は新規会員が40ドル。継続会員が25ドル。これを高いと見るかどうかは個人の判断で分かれるところでしょうが、金を払ってまで最低映画を選びたいだなんて、「映画好き」であることは間違いない…かもしれません。いや、違うかもしれません。どっちでもいいですか。そうですか。

 えぇ、管理人は全く入りたいと思いませんが…。えぇ、「タダ」で楽しんでこそのラジー賞だと思っています。会費を払ってまで最低映画を選んでくれるラジー会員の皆様、こんな日本の片隅に生きているオッサンを楽しませてくれてありがとうってもんです。

 ラジー賞のいい加減さはこの賞の醍醐味です。いい加減だから、余計に笑って済ませられるのでしょう。

 ちなみに…某国の最高映画賞の会員になるにはどうしたら良いのか公式サイトで調べてみたところ、いやー、推薦云々なんて言葉もありますが、お金の匂いがプンプンしますね!特に「協会会員資格」の「その他」の部分!そして実際の会員内訳も!…なんて書くと、アンチのように思われるでしょうか。いや、別に思われても良いんですけど…。毎度ダラダラした授賞式進行は、もはや突っ込む気にすらなりませんが、あれがなくなったら案外寂しいかも…なんて思ったり思わなかったり…。えっ、なんでラジー賞の記事で某国の最高映画賞のことを書いているのかって?深い意味は断じてありません!

 …と、そんなこんなで、今年も適当に各部門を予想。以下の通り。



◆作品賞
キャッツ
The Fanatic
ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊
ランボー5 ラスト・ブラッド
Zeroville
 runner-up:ミスター・ガラス
        ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
        ヘルボーイ


◆監督賞
フレッド・ダースト(The Fanatic)
ダニエル・ファランズ(ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊)
ジェームズ・フランコ(Zeroville)
トム・フーパー(キャッツ)
M・ナイト・シャマラン(ミスター・ガラス)
 runner-up:マイケル・ドハティ(ゴジラ キング・オブ・モンスターズ)
        エイドリアン・グランバーグ(ランボー5 ラスト・ブラッド)
        ニール・マーシャル(ヘルボーイ)


◆主演男優賞
ジェームズ・フランコ(Zeroville)
デヴィッド・ハーバー(ヘルボーイ)
マシュー・マコノヒー(セレニティー:平穏の海)
シルヴェスター・スタローン(ランボー5 ラスト・ブラッド)
ジョン・トラヴォルタ(The Fanatic、Trading Paint)
 runner-up:ジェラルド・バトラー(エンド・オブ・ステイツ)
        ジェームズ・マカヴォイ(ミスター・ガラス)
        キアヌ・リーヴス(レプリカズ)


◆主演女優賞
ヒラリー・ダフ(ハリウッド1969 シャロンテートの亡霊)
ミーガン・フォックス(Zeroville)
アン・ハサウェイ(The Hustle、セレニティー:平穏の海)
フランチェスカ・ヘイワード(キャッツ)
レベル・ウィルソン(The Hustle)
 runner-up:ミラ・ジョヴォヴィッチ(ヘルボーイ)
        デミ・ムーア(Corporate Animals)
        タイラー・ペリー(A Madea Family Funeral)


◆助演男優賞
ジェームズ・コーデン(キャッツ)
マイケル・マドセン(Trading Paint)
タイラー・ペリー(A Madea Family Funeral) as Joe
タイラー・ペリー(A Madea Family Funeral) as Uncle Heathrow
ブルース・ウィリス(ミスター・ガラス)
 runner-up:オスカル・ハエナダ(ランボー5 ラスト・ブラッド)
        セルヒオ・ペリス=メンチェータ(ランボー5 ラスト・ブラッド)
        セス・ローゲン(Zeroville)


◆助演女優賞
ジェシカ・チャステイン(ダーク・フェニックス)
キャシー・デイヴィス(A Madea Family Funeral)
ジュディ・デンチ(キャッツ)
フェネッサ・ピネダ(ランボー5 ラスト・ブラッド)
レベル・ウィルソン(キャッツ)
 runner-up:リディア・ハースト(ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊)
        サーシャ・レイン(ヘルボーイ)
        パトリス・ラヴリー(A Madea Family Funeral)



 今年はもう、『キャッツ』の年と言って良いでしょう。オスカーでもそうですが、稀に他作品を寄せつけない、ぶっちぎり独走映画が現れます。「バトルフィールド・アース」(00年)「ジーリ」(03年)「氷の微笑2」(06年)「ジャックとジル」(11年)あたりが分かり易い例。『キャッツ』もその仲間入り間違いなし、ではないでしょうか。実際作品を観てみると…、ヴィジュアルの気色悪さのみならず(まさかネズミやゴキブリまで人間に演じさせるとは…おぇっ)、ないに等しい物語がちっとも映画向きではないことが分かります。トム・フーパー、本当に「英国王のスピーチ」(10年)を監督した人でしょうか…。

 そんなわけで有力候補の皆さん、ノミネートされると良いですネ!





ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ