January 24-26 2020, Weekend

◆1月第4週公開映画BUZZ


“The Gentlemen”
 配給:STXフィルムズ
 監督:ガイ・リッチー
 Budget:-
 Weekend Box Office:$10,651,884(2165)
 OSCAR PLANET Score:59.1
 Oscar Potential:主演男優賞:マシュー・マコノヒー
           助演男優賞:コリン・ファレル
           助演男優賞:ヒュー・グラント
           助演男優賞:チャーリー・ハナム
           助演女優賞:ミシェル・ドッカリー

“The Turning”
 配給:ユニヴァーサル
 監督:フローリア・シジスモンディ
 Budget:$14,000,000
 Weekend Box Office:$6,950,045(2571) zzz...
 OSCAR PLANET Score:31.0 BIG BOMB!!!
 Razzie Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演女優賞:マッケンジー・デイヴィス

“The Last Full Measure”
 配給:ロードサイド・アトラクションズ
 監督:トッド・ロビンソン
 Budget:-
 Weekend Box Office:$1,056,416(614) zzz...
 OSCAR PLANET Score:55.3
 Oscar Potential:主演男優賞:セバスチャン・スタン
           助演男優賞:エド・ハリス
           助演男優賞:ウィリアム・ハート
           助演男優賞:ジェレミー・アーヴァイン
           助演男優賞:サミュエル・L・ジャクソン
           助演男優賞:クリストファー・プラマー
           視覚効果賞、録音賞、音響効果賞


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 ガイ・リッチーと言えば、やはり「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」(98年)をベストに挙げる人が多いだろう。『The Gentleman』はそのリッチーが久しぶりに犯罪群像コメディのジャンルに復帰した作品。ロンドンで大帝国を築き上げた麻薬王のアメリカ人が引退を決意、その後釜を狙う者たちが入り乱れる様を描く。アメリカからマシュー・マコノヒーが参戦すれば、イギリスからはヒュー・グラントやコリン・ファレル、チャーリー・ハナムが登場、興味をそそられる配役になっている。果たして、評価は悪くない。このジャンルに新風を吹かせるほどにリッチーの演出が冴えを見せるわけではないものの、大人数の出し入れをもたつくことなく処理、一定の緊張感とサスペンスを創り出すことに成功しているとのこと。批評家に嫌われがちな最近のリッチー映画にしては歓迎されていると見て良いだろう。ただ、興行的には可もなく不可もなく。公開館数が控えめなせいもあるが、もう少しソリッドなスタートを切りたかったところ。なお、賞レース参戦は端から狙っていない。





ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ