May 3-5 2019, Weekend

◆5月第1週公開映画BUZZ


“Long Shot”
 配給:サミット・エンターテイメント
 監督:ジョナサン・レヴィン
 Budget:$40,000,000
 Weekend Box Office:$9,740,064(2320) zzz...
 OSCAR PLANET Score:72.8
 Golden Globe Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
                主演男優賞:セス・ローゲン
                主演女優賞:シャーリズ・セロン
                助演男優賞:オシェア・ジャクソン・ジュニア

“Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile”
 配給:Netflix
 監督:ジョー・バーリンジャー
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:52.4
 Oscar Potential:主演男優賞:ザック・エフロン
           助演女優賞:リリー・コリンズ

“UglyDolls”
 配給:STXフィルムズ
 監督:ケリー・アズベリー
 Budget:$53,000,000
 Weekend Box Office:$8,603,407(3652) zzz...
 OSCAR PLANET Score:35.3
 Oscar Potential:アニメーション映画賞

“The Intruder”
 配給:スクリーン・ゲムス
 監督:デオン・テイラー
 Budget:$8,000,000
 Weekend Box Office:$10,855,054(2222)
 OSCAR PLANET Score:33.8 BIG BOMB!!!
 Oscar Potential:None

“El Chicano”
 配給:ブリアークリフ・エンターテイメント
 監督:ベン・ヘルナンデス・ブレイ
 Budget:$8,000,000
 Weekend Box Office:$700,261(605) zzz...
 OSCAR PLANET Score:42.4
 Oscar Potential:None


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 2009年のサマーシーズンは『アベンジャーズ エンドゲーム』の前代未聞の大爆発により始まったが、それに勝負を挑むのが『Long Shot』。観客層が大分異なることを意識しての公開日設定だと思われる。ところが、オープニング興行成績は完全なる不発。ロマンティック・コメディというジャンルは爆発的なスタートダッシュを望み難いジャンルではあるが、さすがに1,000万ドルを下回る数字は低過ぎる。サウス・バイ・サウスウエスト映画祭でプレミア上映され好評を博したときから、期待値は高かったのだが…。そう、評価は悪くない。問題児の政治ジャーナリスト(♂)と次期女性大統領候補の国務長官(♀)の恋模様を描く物語。ありふれた設定に思えるが、ポイントを押さえた気持ちの良い演出とセス・ローゲンとシャーリズ・セロンによる素晴らしく愉快なケミストリーのおかげで、展開に重層性が増し、ロマコメ好きのニーズを十分に満たす仕上がりになっているという。もしかするとゴールデン・グローブ賞で目に留められる可能性があるかもしれない。…と言いたいところだが、興収を見る限り、実現は難しいだろう。

 Netflixからリリースされた『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』は、高い知能や巧みな話術、そして甘いマスクを利用して女性たちを誘い、暴行、殺人を繰り返した実在の殺人鬼テッド・バンディを描く実話スリラー。バンディは14歳で初めて殺人を犯し、30人以上を殺害したとも言われている。この殺人鬼をいかにも陽気なアメリカンなザック・エフロンが演じたのがミソだろうか。批評家はエフロンのイメージ一新パフォーマンスを中心に賛辞を贈っていて、案外予測の範囲内、想像の範囲内に収まる物語の欠点がカヴァーされているとの指摘が目立っている。賞レースに参戦するほどの勢いは感じられないものの、エフロンのキャリアにとっては重要な一作になったと言って良いのかもしれない。

 子どもには『UglyDolls』が登場。人気ぬいぐるみシリーズをアニメーション化したもので、愛されたいと願う(世間一般の価値観からすれば)ブサイクなぬいぐるみたちが自分自身を発見していく様を描く。批評家の反応は総じて不評。まさに幼児に狙いを定めたような内容と絵柄で、彼らに見せるには問題ないとしつつ、大人が鑑賞するには新しい点は何もないと手厳しく斬った評が大半。これではアニメーション映画賞レースへの参加は望めないだろう。興行的にも全く良いところのない出足になっている。





ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ