September 28-30 2018, Weekend

◆9月第4週公開映画BUZZ


“The Old Man & the Gun”
 配給:フォックス・サーチライト
 監督:デヴィッド・ローリー
 Budget:-
 Weekend Box Office:$142,131(5) Great!
 OSCAR PLANET Score:85.1 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚色賞
           主演男優賞:ロバート・レッドフォード
           助演男優賞:ケイシー・アフレック
           助演女優賞:シシー・スペイセク
           撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞
           メイキャップ&ヘアスタイリング賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

スモールフット “Smallfoot”
 配給:ワーナー・ブラザース
 監督:キャリー・カークパトリック
 Budget:$80,000,000
 Weekend Box Office:$23,045,635(4131)
 OSCAR PLANET Score:64.8
 Oscar Potential:アニメーション映画賞

“Night School”
 配給:ユニヴァーサル
 監督:マルコム・D・リー
 Budget:$29,000,000
 Weekend Box Office:$27,257,615(3010) Good!
 OSCAR PLANET Score:41.6
 Golden Globe Potential:主演男優賞:ケヴィン・ハート
                主演女優賞:ティファニー・ハディッシュ

“Little Women”
 配給:ピュア・フリックス・エンターテイメント
 監督:クレア・ニーダープルーム
 Budget:-
 Weekend Box Office:$705,063(643) zzz...
 OSCAR PLANET Score:39.3
 Razzie Potential:作品賞、監督賞、脚色賞
           助演女優賞:リー・トンプソン

“Hell Fest”
 配給:ライオンズゲイト、CBSフィルムズ
 監督:グレゴリー・プロトキン
 Budget:$5,500,000
 Weekend Box Office:$5,130,963(2297) zzz...
 OSCAR PLANET Score:29.1 BIG BOMB!!!
 Oscar Potential:None

ホールド・ザ・ダーク そこにある闇 “Hold the Dark”
 配給:Netflix
 監督:ジェレミー・ソルニエ
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:70.2
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演男優賞:ジェフリー・ライト
           助演男優賞:アレクサンダー・スカルスガルド
           撮影賞、編集賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

“All About Nina”
 配給:ザ・オーチャード
 監督:エヴァ・ヴィヴェス
 Budget:-
 Weekend Box Office:$26,468(4)
 OSCAR PLANET Score:78.9
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演女優賞:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
           助演男優賞:コモン


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 テルライド映画祭で話題を呼んだ『The Old Man & the Gun』が公開へ。デヴィッド・グランの短編の映画化で、先日82歳になったロバート・レッドフォードの引退作と謳われている。レッドフォードが扮するのは実在の強盗犯フォレスト・タッカー。ケイシー・アフレック扮する警官ジョン・ハントとタッカーの追跡劇を描く犯罪映画になる。映画祭のときからレッドフォードの引退作として申し分ないとの賛辞が飛んでいたが、なるほどその熱狂が持続、圧倒的大多数の評が支持に回っている。レッドフォードとアフレックが役にぴったりの上、語り口も先を急ぐことなく大らかな空気感を的確に捉えている。大スターを愛でるチャーム全開の娯楽作とのこと。もし賞レース参戦があるとするなら、レッドフォードの主演男優賞になるだろうが、さすがにそれは難しいか。完璧な引退作という言葉こそが、レッドフォードへの最高のはなむけになるかもしれない。興行的には限定公開で好スタート。こちらもレッドフォードのキャリアに相応しい花道興行になることが期待される。

 日本公開も近づいてきた『スモールフット』はワーナー・ブラザース製アニメーション。雪山の深くで暮らすひとりのイエティがある日、伝説の生き物スモールフット(=人間)に出会うが、そのことを仲間に信じてもらえず、スモールフットを探す旅に出る様を描く。評価はまずまず。アニメーションならではのカラフルな画面は理屈抜きに楽しく、人間の世界ではイエティこそが珍しい生物扱いされる逆転の視点を盛り込んだストーリーも悪くない。老若男女楽しめる娯楽作として及第点のこと。ただし、絶賛評は皆無。賞レースではノミネートされるかどうか、ギリギリラインの攻防になるはず。興行的には悪くはない出足だが、製作費を考えると喜べる結果ではないかもしれない。

 『Night School』はケヴィン・ハートが初めて劇場用映画の脚本を担当し、主演も兼ねるコメディ。人気急上昇中のティファニー・ハディッシュと激突する。物語は、経営していたバーベキュー・グリル店を失った中年男が一念発起、高校卒業認定試験を突破すべく夜間学校に通うことから起きる騒動を描くもの。監督のマルコム・D・リーはハディッシュをトップスターに押し上げた高評価作「Girls Trip」(17年)を手掛けた人物ということで期待値は高かったのだが、今回の批評の多くは芳しいものではない。ハートとハディッシュは魅力的で物語もまとまっているものの、肝心のユーモアやギャグが散漫で気持ち良く笑えないとの指摘が相次いでいる。これではゴールデン・グローブ賞も狙えないだろう。とは言え、さすがは人気スター共演作、週末売り上げは上々で、3日間で製作費のほとんどを回収した。ただ、続編ができる勢いまでは…???





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ