第53回グラミー賞授賞式鑑賞メモ

第53回グラミー賞授賞式の感想を箇条書きでつらつらと。

●全然期待していなかったアレサ・フランクリン トリビュートが意外に良かった(束になってかかっても、結局全盛期のフランクリンには敵わないけど)。クリスティーナ・アギレラが5人の中央にいて断然目立っていたのは(ひとりだけブロンドだし、メイクも気合い入りまくり)、スーパーボウルの失敗をここで取り返しなよ…とグラミーに言われているみたいだったなぁ。しかし、身体はもうちょっと絞れなかったのか。二の腕が来てたわー。ジェニファー・ハドソンの方が細く見えるって、ヤバいぜ…。ハドソンは相変わらず気が強そう。そしてキンキンの声がやっぱり好みではない。

●パパになったリッキー・マーティン、シルヴァーのパンツが可笑しい。

●レディー・ガガは卵から産まれたー!レッドカーペットを卵のまま通過するって、徹底しているわー。「Born This Way」のパフォーマンスは…いやー、あれは「Express Yourself」あたりの絶頂期のマドンナでしょう。メイクも楽曲もマドンナ臭が濃厚。これはもうぜひとも共演してもらいたい。[※…と思っていたら、マドンナの盗作じゃないかとの指摘があったとのこと(野暮な指摘をするねぇ)。ガガはマドンナから既に全面支持のお墨付きを得ているとか何とか]

●レニー・クラヴィッツ、プレゼンターじゃなくてパフォーマーとして来てよー。

●MUSE、「Uprising」大好きなのだー。グルーヴが妖しくて、やっぱりカッチョイイ。昨年来日ライヴに行けなかったのが本当に悔しい。マット・ベラミー、イイオトコ。ケイト・ハドソン、大金星だと思う。

●ブルーノ・マーズ、うーん、やっぱりこの人のウェーヴが来ると思う。グラミーも演出に力を入れているなぁ。B.o.B、ジャネル・モネイとのコラボレーションも良かった。

●ジャスティン・ビーバー、肌が羨ましいくらいに綺麗。でもやっぱりフツーのガキンチョにしか見えないなぁ。共演のジェイデン・スミスを見つめるウィル・スミス、ホントに親バカ。最近なんだかイメージがどんどん落ちていく…。

●アッシャーはなぜそれほどまでビーバーに入れ込むのか。ビーバーと関わるようになってから迷走しているようにしか見えん。ちゅーか、あの青い高校ジャージは何なんだ。足が異様に短く見える。

●セレーナ・ゴメスとドニー・ウォルバーグ、どういう組み合わせ?

●レディー・ガガの受賞場面。すごく緊張した様子。名前が呼ばれての喜びようは、素だったなぁ。ホイットニー・ヒューストンに感謝してたけど…ぷぷぷっ。

●マムフォード・アンド・サンズとアヴェット・ブラザース、どちらも情熱的でよろし。ボブ・ディランをすごく嬉しそうにサポートしていたのに好印象。

●レディ・アンテベラムはやっぱり良い声。カントリーにピッタリ。

●マイリー・サイラスは相変わらず姿勢がよろしくない。でもなぜキングス・オブ・レオンと?!

●シーロー・グリーン、孔雀になっちゃったよー。「F*** You」はやっぱり好き。つい口ずさんでしまう。共演のマペットの完成度が高すぎる。曲に完全に合っている。途中から登場のグウィネス・パルトロウはミシェル・ファイファーみたいに妖艶に迫ろうとするも、うーん、これだけのメンバーが一流パフォーマンスを披露する中だとやっぱり見劣りするなぁ。ジャンプスーツは百歩譲るとしても、ハイヒールはどうなのさ。ここはやっぱり一緒に孔雀になるべきだったのでは?…って絶対しないだろうけど。

●ケイティ・ペリー、空に舞い上がるとはさては去年のP!NK姐さんに刺激を受けたね?バックに結婚式の映像を流したあたりにはガクッとなったけれど、「Teenage Dream」が始まってからは、いつものペリーになってホッ。唇の色がとっても可愛い。ニコール・キッドマンが客席で一緒に歌っていたのにニヤリ。

●ノラ・ジョーンズ、ジョン・メイヤー、キース・アーバンによるドリー・パートン トリビュート。短いけれどとても良かった。さすがプロフェッショナルな3人。

●セス・ローゲン、やっぱり良い声だー。なぜ他に誰も指摘しないのだー。マイリー・サイラスへの毒入りジョーク、ナイス!お行儀良く進行し過ぎていたからね。

●「Love The Way You Lie」の伴奏でアダム・レヴィーンが出てきたのには何の意味があったのか。全く目立ってないし。リアーナは衣装がとても良い。ゴージャス。途中から出てきたエミネムが無茶苦茶カッコイイ。バックの炎の演出も効いている。あまりに鬼気迫るパフォーマンス。なんか泣けてしまったなぁ。間違いなくこの夜のベストパフォーマンス。たいした男。

●ジュエル、お久しぶりー。

●ミック・ジャガー、67歳というのが本当に信じられない。依然セクシーって一体…。盛り上げ方も上手だし…。ロッカーは太ってはいけないと改めて再確認。

●バーブラ・ストライサンド、眠くなる…。

●シンディ・ローパーって、グラミーに絶対にいるよね。いや、今回はノミネートされてたらしいけど。

●ビヨンセとグウィネス・パルトロウが隣に座っているのを発見。ニヤリ。

●エミネムの受賞場面、もうふざけた曲は歌わないのではと不安になる。

●リアーナとドレイクの共演、リアーナの衣装がおしめをしているようにしか見えなくて笑う。足(綺麗)捌きと腰の動かし方にプロの技を見る。

●マーク・アンソニーの骸骨化が止まらない。ジェニファー・ロペスは相変わらず立派な肉付き。ふたりで楽しそうにしていたけれど、滑っていた感拭えず。

●アーケード・ファイア、キラキラと演奏。アルバム・オブ・ジ・イヤーの受賞が決まった後に、もう一曲演奏って…。どこかの国のレコード大賞みたいだけど、まあいいじゃないの。楽しい楽曲だし。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 戯 言
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ