August 31-2 2018, Weekend

◆8月第5週公開映画BUZZ


“The Little Stranger”
 配給:フォーカス・フィーチャーズ
 監督:レニー・エイブラハムソン
 Budget:-
 Weekend Box Office:$401,563(474) zzz...
 OSCAR PLANET Score:65.5
 Oscar Potential:主演男優賞:ドーナル・グリーソン
           主演女優賞:ルース・ウィルソン
           助演男優賞:ウィル・ポールター
           助演女優賞:シャーロット・ランプリング
           美術賞、衣装デザイン賞

“Operation Finale”
 配給:MGM
 監督:クリス・ウェイツ
 Budget:$24,000,000
 Weekend Box Office:$6,022,758(1818) zzz...
 OSCAR PLANET Score:59.5
 Oscar Potential:主演男優賞:オスカー・アイザック
           助演男優賞:ベン・キングスレー
           助演女優賞:メラニー・ロラン

“Kin”
 配給:サミット・エンターテイメント
 監督:ジョナサン・ベイカー、ジョシュ・ベイカー
 Budget:$10,000,000
 Weekend Box Office:$3,035,618(2141) zzz...
 OSCAR PLANET Score:36.9
 Razzie Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演男優賞:ジャック・レイナー
           主演男優賞:マイルズ・トゥルイット
           助演男優賞:ジェームズ・フランコ

“Destination Wedding”
 配給:レガッタ
 監督:ヴィクター・レヴィン
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:45.3
 Oscar Potential:主演男優賞:キアヌ・リーヴス
           主演女優賞:ウィノナ・ライダー


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 「ルーム」(15年)でオスカー候補に挙がって以来、その動向が注目されていたレニー・エイブラハムソンが新作をドロップ。『The Little Stranger』がその作品で、サラ・ウォーターズのベストセラーの映画化になる。第二次世界大戦後、ひとりの医師がある家族の住む屋敷を訪れるが、そこで怪現象が続発して…。所謂ゴシックホラーというのが、エイブラハムソンの新作として意表を突くところなのだが、批評家の反応はまずまず。どうやらムード先行型のホラーのようで、細部まで丁寧に作り込まれ、芸術性がたっぷり感じられるところに作り手の個性が見えるのだが、肝心の恐怖という点に関しては物足りなさを指摘した声が大きくなっている。決して悪い判定ではないものの、これまでのエイブラハムソン映画と較べると、鈍い反応と言って良いだろう。賞レース参戦はまずない。ただより深刻な事態なのはBoxOfficeで、公開館数が抑えられているとは言え、一館あたり僅か847ドルの売り上げに留まっているのは悲劇的としか言いようがない。

 『Operation Finale』は実話物。元ナチス親衛隊の将校アドルフ・アイヒマンを取り上げた映画が続いているが、これもその流れに入ると言って良いだろう。アイヒマンの行方を追うイスラエルの諜報機関モサドエージェントを描くスリラーになる。批評家受けの良さそうな題材だが、なるほど悪くはない判定。史実が持つ力を越えられたかというと疑問が残るものの、誠実な態度で題材に取り組み、事件の複雑さと奥深さを何とか掬い上げている。力のあるキャストの好演も魅力。尤も、賞レース参戦が期待できるほどの激賞ではなく、映画的な面白味に欠けるとの指摘は少なくない。興行的にも平凡な結果が報告されている。

 『Kin』は出所したばかりの青年とその弟が、異星人と犯罪者の両方から逃げる様を描くSFアクション・スリラー。同じベイカー兄弟監督が手掛けた短編「Bag Man」の世界観を引き継いだ内容とのこと。8月末という大量動員の見込めない時期に封切られるのは、配給会社の自身のなさの表れだったか、批評は芳しくない。ファミリードラマの要素を含んだアクションが展開されるものの効率的に機能しているとは言えず、期待されたヴィジュアルの面白さや胸踊るサスペンスも見当たらない。どこから見ても平凡な仕上がりとのこと。興行的にも極めて厳しい結果に終わっている。もちろん賞レース参戦は狙っていないが、話題性不足でラジー賞の望みすら小さいとは、寂しい結果ではないか。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ