ブラックパンサー

ブラックパンサー “Black Panther”

監督:ライアン・クーグラー

出演:チャドウィック・ボウズマン、マイケル・B・ジョーダン、
   ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、マーティン・フリーマン、
   ダニエル・カルーヤ、レティーシャ・ライト、ウィンストン・デューク、
   アンジェラ・バセット、フォレスト・ウィテカー、フォレスト・ウィテカー、
   スターリング・K・ブラウン、セバスチャン・スタン

評価:★★★★




 初登場した「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(16年)では輪郭がはっきりしなかった『ブラックパンサー』だけれど、単独主役の今回は、見違えるように魅力的なヒーローとして現れる。アフリカ系のヒーローという点はもちろん重要。けれど、それだけに留まらない革新性がたっぷり詰まっている。

 ブラックパンサーはワカンダという名の国の国王だ。ワカンダはアフリカにあり、背景の多くが大自然なのが気持ち良いし、多数の民族が見せるメイクや衣装は大いに斬新。バックに流れる音楽は太鼓が大きく取り上げられ、妖しさ全開の儀式の数々はミステリアスそのもの。ウマではなくサイが暴れ回るのもナイスだ。つまりアフリカのヴィジュアルを徹底的に利用する。

 …かと思えば、そこにポンと放り込まれるハイテク機器の数々。世界には周到に隠しているものの、ワカンダは超文明国で、メカ好きが泣いて喜ぶスマートアイテム、スマートシステムの宝庫。手の平に遠く離れた地の会話相手の顔が現れるのなんて序の口。山の内部にSF以外何物でもない世界が広がり、遠隔操作で機体が操られ、移動手段は透明化するジェット機だ。自然とハイテクの共存がこんなに新鮮だとは…。

 ブラックパンサー自身の戦い方はさほどインパクトがあるものではないものの、彼を形作る苦悩は見事に新しい。世襲制であるブラックパンサーはワカンダに古くからある万能鉱石ヴィブラニウムを守ることを使命のひとつにしている。悪役はそれを世界で苦しむ仲間のために使おうとする。新ブラックパンサーはヴィブラニウムの扱い方と共に、どんな国王を目指すべきか自問自答する。クロヒョウスーツを纏ったチャドウィック・ボウズマンが役柄を引き締める。

 彼を取り囲む人物も魅力的な者ばかり。彼なりの大義を持つ悪役を演じるマイケル・B・ジョーダンはボウズマンと美しく対を成すことに成功。友人役のダニエル・カルーヤの動きも面白い。けれど、より注目すべきは女たちだ。ブラックパンサーの元恋人は可憐なルピタ・ニョンゴ。ブラックパンサーのメカ担当として冴えた知性を見せる妹にはレティーシャ・ライト。そして、もしかしたらブラックパンサー以上にカッコイイ最強の女戦士にはダナイ・グリラ。いずれも添え物ではない立体的キャラクターだ。

 相乗効果でアクションも冴える。長回し(風)カメラワークで高揚感を一気に高める。ハイテクカーを使ったカーチェイスはスピード感抜群。かと思えば、生身の肉体が活かされたアナログなバトルもたっぷり。人海戦術の最中でも各々の個性は炸裂。血の通った者たちによる戦いだと、僅かほどにも忘れられない。だからアクションの中で物語がぐいぐい動く。

 これまでアフリカ系を主人公にした映画と言うと、人種差別を扱ったものばかりだった。そうでなければ、あからさまにアフリカ系の観客に狙いを定めたチープな映画か。『ブラックパンサー』はそんな世界に風穴を開ける。アフリカ系がそのルーツに敬意を表し、かつ充実のパフォーマンスを見せる。もちろんそれはどんな人にも届くメッセージ性を秘める。『ブラックパンサー』は既存のアフリカ系映画の枠を軽々飛び越えたのだ。最高にクールな映画だ。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ