ビリー・リンの永遠の一日

ビリー・リンの永遠の一日 “Billy Lynn's Long Halftime Walk”

監督:アン・リー

出演:ジョー・アルウィン、クリステン・スチュワート、クリス・タッカー、
   ギャレット・ヘドランド、ヴィン・ディーゼル、スティーヴ・マーティン

評価:★★




 冒頭で紹介される主人公のビリー・リン19歳は、米軍特技兵だ。ちなみに童貞。2004年、任務先のイラクの戦場で敵に撃たれた軍曹を守るべく、身体を張って危険に立ち向かう姿がテレビ放映され、一躍英雄となる。仲間たちと帰国した彼が感謝祭のフットボールイヴェントに駆り出される様は、さぞかし誇らしく楽しく威風堂々したものに…はならない。やっぱりね。

 アン・リー監督は戦場描写の過酷さに重きを置いていない。狙いを定めるのはアメリカという国そのものだ。大量破壊兵器の存在を名目に始まったイラク戦争。けれど、アメリカの大地から遠く離れたところで血が流れる戦争は結局、ビジネスの一環でしかない。ビリー・リンの存在はアメリカの士気を高め、国で呑気に暮らす人々の愛国心を煽り、その美談で国を、人々をエンターテイメントの熱狂へと巻き込む。

 戦場とのあまりの落差。それに全く気づいていな人々、真実に無視を決め込む人々の姿の恐ろしさと愚かしさは、確かに戦争の一側面であり、決して目を背けてはならないものだろう。「英雄たち」を全米ツアーに連れ出すのも、彼らへの敬意を欠いた演出も、なるほどこれがアメリカだ。ただ、本来これはアメリカ人監督が突きつけなければならない現実で、でもそれを台湾監督がやってしまうあたりに違和感は感じる。

 それから狙いはちゃんと定まっているのにも拘らず、案外主人公のドラマは胸に迫らない。ひとつはビリー・リンが、確かにPTSD(心的外傷後ストレス障害)なのに、それを胸に仕舞い込む質だからだ。彼は分かりやすく戦争の記憶に苦しみはしない。ある瞬間になると、回想に入り、辛い思い出に涙を流す。それを繰り返すのみなのだ。だからいくらツアーがバカであっても、優等生な態度が崩れない。演じるジョー・アルウィンの幼さの残る表情と筋肉が、ほとんど動かないのもそれを補強する。

 しかも、ビリー・リンの心の旅は3つの時間軸から描かれ、この編集がほとんど機能していない。戦場場面、帰国後家族と過ごす場面、そしてツアー場面。これが代わる代わる映し出されるものの、ツアー場面の出来事が過去のエピソードを引き出すだけの効果しか上げていない。むしろしつこいこの話法が煩く感じられるくらいだ。とりわけクライマックスのハーフタイムショーが始まってからの編集が酷い。

 ビリー・リンとチアガールの少女のエピソードにはちょっと身を乗り出す。目と目が合うや否や、惹かれ合うふたつの若い魂。恋の未熟さもさることながら、瞬く間に盛り上がるふたりに付き合っていられないとそっぽを向きたくなるのだけど、最後にふたりの温度差があからさまになり、現実が途端にひりひりと痛み出す仕掛けになっている。そこでビリー・リンは我に返るのだ。ほとんどビリー・リンの心象が迫らない中、この部分だけは妙に切ないものがある。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ