MUSIC 2017

 2017年によく聴いた音楽についてアレコレ。

 第90回グラミー賞のノミネーションを見たとき、あらら…と首を傾げたのはエド・シーランが主要部門からシャットアウトを食らっていたことだった。去年の今頃は、グラミーでシーラン旋風が巻き起こることを予想していたぐらいなので、驚いた。『÷』は社会現象的大ヒットだったのになぁ。まあ、評価とヒットは別物と言うことですな。ヒットしたものがベストと言うなら、賞なんて、必要ないもんね。

 …というわけで、我が音楽の好みは映画と違って断然メインストリーム寄りのため、シーランの『÷』はとにかく良く聴いた。いきなりシングルを2枚切るというインパクトも、その後のBUZZ作りの巧さにもまんまと乗せられて、すっかりシーランびいきに。シングルカットされた楽曲が全て全く違うタイプのそれであるあたり、シーラン天才、乗っているなぁと思わせる。所謂二枚目じゃないのもプラスに働いているかなぁ。

 個人的なシーラン熱が収まってきた頃に落とされたのは、イマジン・ドラゴンズの『Elolve』。目下のところ、世間に声を出して好きであることを叫びたいバンド(P!nk、グリーン・デイ、アデル、そしてこのイマジン・ドラゴンズが我が愛しのミュージシャン BIG 4なのだ)。ところが、一聴した感じではあまりピンと来なかった。むしろガッカリの方が大きかったかもしれない。ただ、これが聴き込んでいくうちに、どハマりしてしまうから、あら不思議。シングルの「Believer」と「Thunder」なんて、なんでこの2曲をカットしたのかとすら思ったのだけど、とんでもないスルメぶりで、今となってはもはや中毒的に聴いている。だから、あぁ、先日の来日公演、行けなかったのが悔しくて悔しくて…。東京で一日だけってのは、やっぱり辛いわー。

 後半は待ちに待ったP!nk姐さんの『Beautiful Trauma』が遂にリリース。…されたのだけど、これがイマジン・ドラゴンズ同様、最初はピンと来なかったんだよなー。だけれど、これまた後からじわじわ来る出来映えで、今となっては一日一回姐さんの声を聴かないとすっきりしないから困る。パーティチューンはほとんどなくて、聴かせるアルバムにしてきている。個人的には弾けちゃった姐さんの方が断然好きだけれど、それでもあの歌声が流れ始めれば、無条件で聴き入ってしまう。本当に良い声だと思う。

 その他、夏にはロイヤル・ブラッドやザ・ストライプスが新作をドロップ、年末にはマルーン5やエミネム兄さんも久々の新譜を発表してくれたけれど、どれも上記3枚ほど中毒的に聴き入ることはなかったかな。グウェン・ステファニーのクリスマス・アルバムもちょっと聴いただけで終わってしまった。

 ワン・ダイレクションからはハリー・スタイルズとナイル・ホーランがファースト・アルバムを発表。これが後者の方が楽しく聴けるというのが意外だったなぁ。ホーランはルイ・トムリンソンほどではないにしてもソロは難しいんじゃないかと思っていたのだけれど、肩の力が良い意味で抜けていて、音を楽しんでる感じが伝わるのがイイ。スタイルズは逆に力入り過ぎじゃないかなぁ。関係ないけど、『ダンケルク』のスタイルズは…クリストファー・ノーランがスタイルズを褒めるコメントがやたら報道されていたけれど、うーん、うーん、うーん、役者はやめておいた方が良いのでは?冴えなかったのは役柄や演出のせいかなぁ。



 ◆My Favorite Song 2017
1. Thunder イマジン・ドラゴンズ  いやー、まさかここまで中毒性があるとは…。つい「Thunder, Thunder」と口遊んじゃうからね。
2. Castle on the Hill エド・シーラン  繰り返すけれど、シーランのシングルの切り方は天才的。いちばん好みのものをピックアップ。
3. The Cure レディー・ガガ  アルバム未収録のシングル。本当はこの手の楽曲を彼女には求めていないんだけどね。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ