夏休みだからボツにした雑文を載せちゃいましょう Vol.01

 ちょこちょこ雑文は書いているものの、気分が乗らなくなったり、タイミングを外したり…色々な理由で没にすること多々。今回はそんな中から一本ピックアップ。夏休みだしね。

 選んだのは、日本の若手俳優について思うことをちょろちょろ。何故ボツにしたのかと言うと、その後も次々出てくる若手を思いながらきりがないよなー、と思い始めて…。それに熱心なファンの方々(或いは批判そのものが趣味の輩)から過激なクレームが来そう…と腰が引けたというのもあったりして…。書いたのは一年くらい前かなぁ。

 以下。ボツ文。



 洋画の感想しか書いていないせいなのだろうけど、時々日本の俳優では誰が良いと思うか聞かれる。外国の俳優に関しては感想を読めば大体想像がつくものの、日本の俳優はさっぱり分からないから教えてよー、ということだと思われる。そんなに語れるほど邦画や日本ドラマは観ていないので、好みも何もあったものじゃないというのが本音なのだけど、それでもまあ、抱いている印象ぐらいなら書けるかなぁ…と思ったので書いてみよう。…と言っても、今更佐藤浩市や堤真一、西島秀俊あたりの男らしい草臥れ方に憧れる…などと書いても面白くもないので(だって皆さんも同じでしょう?)、最近の若手男優に絞って一言添えてみることにある。そのうち女優版も書くかもしれない。


●綾野剛…いつの間にか主演級に。ロングヘア時代が懐かしい。「最高の離婚」のボーっとした感じ、最高だった。
●池松壮亮…巧いと言えば巧いものの、それを自覚しているのが透けて見えるのがちょっと嫌。脇にいてくれる分にはいいけど。
●瑛太…いつ見ても、動きが綺麗な人。作品がつまらなくても、彼の演技だけは常に見応えあり。近年は「最高の離婚」がベスト。
●市原隼人…なんでこんな風になっちゃったのか。暑苦しいのを熱いと言い包めるタイプの演技を連発してイメージが動かなくなった。
●岡田将生…「ゆとりですがなにか」の演技が最高だった。松坂桃李、柳楽優弥との掛け合い、良かったなぁ。是非もっとコメディを!
●小栗旬…何だろう、この人を見るときのもどかしさは…。自分を人間的に大きく見せようという意識が強過ぎる?ただ、最近は肩の力が抜けたかな。
●窪田正孝…初めて意識して観たのは「ゲゲゲの女房」かなぁ。主役をやるには華が不足気味だけど、性格俳優としてイケそう。
●坂口健太郎…塩系…と言うんですか?確かにさっぱり風味の存在感。同じタイプがいないので、案外独走態勢に入るかも。
●鈴木亮平…何故だろう。どうしても韓国俳優に見えるんだよなー。イ・ビョンホンあたりと同系列に並べたくなる。
●菅田将暉…多分大物。早々と怪優方向に進みそう。この若さにして妙な色気あり。鬼ちゃん役のCMは見る度にイライラするけど。
●染谷将太…オススメの人。すっとぼけているだけのようで骨がある。メジャー作品にもハマる器用さも…。
●高良健吾…「おひさま」も良かったけれど、「べっぴんさん」で物凄く凛々しく登場して驚く。暗い「べっぴんさん」の中で唯一の光。
●斎藤工…自己愛臭が強過ぎて苦手だったけれど、「ミス・パイロット」でちょっと和解。コメディをバンバンやった方が良いと思う。
●佐藤健…俳優としてよりもFit'sのCMで見せるダンスの方が印象的(ってどうなんだ)。アクション似合いそう。
●玉木宏…「ウォーターボーイズ」のアフロ爆発男って彼だったのか!この世代では最も声が良い人だと思う。
●妻夫木聡…このメンバーの中に入れてはいけないかな。「カバチタレ!」の超脇役時から目をつけていたのは、今となっては自慢。
●永山絢斗…兄ちゃんと較べられるのは損かなぁ。内向的なイメージがつき過ぎているかもしれない。
●野村周平…「梅ちゃん先生」の少年、こんなにチャラチャラした奴だったとは…。このところ一気に苦手になった。
●林遣都…「DIVE!!」の頃から順調に推移。爽やかだけれど、骨のある演技。スターよりも「俳優」になりそう。
●東出昌大…デカっ。杏とあっさり結婚して、いい人だと確信。演技も素朴さがよろし。スケール感って演技じゃどうにもならないときがあるしね。
●福士蒼汰…当初綺麗な顔の俳優が出てきたな…と思ってたら、山﨑賢人が出てきて急に褪せて見えるようになった。うーん…。
●藤原竜也…「そして、誰もいなくなった」、これは珍作。彼が舞台向きの人だと良く分かる。共演のジャニーズの大根ぶりが笑えた。
●松山ケンイチ…すっかり大物。演技のスケールの大きさ、天賦の才能を感じずにはいられない。
●松坂桃李…主役も脇役もイケる器用なスター性。身長高いんだけど、そう見えない。身長通りの大きさに見えるようになったとき、天下かも。
●向井理…好きでもなんでもなかったけれど、主役をやるようになってから、限界を感じさせる人。演技が悪い意味で軽い。
●三浦春馬…綺麗な顔なのは間違いないけれど、良いんだか良くないんだか良く分からない人。怪優路線を目指しても案外面白いかも。
●柳楽優弥…「誰も知らない」、懐かしい。一時期デブってどうなるかと思ったものの、持ち直す。「ゆとりですがなにか」では儲け役を楽しそうに。
●山﨑賢人…多分大物。若手の中では珍しくスター性抜群。ただ作品が子ども向け物ばかりなのがなー。大人のドラマに積極的に出るべき。
●山田孝之…苦手。「WATER BOYS」「FIRE BOYS め組の大吾」に出ていた頃の初々しさが消滅。…と思っていたら、最近また良いかも…?



 以上。ボツ文。

 以下、蛇足。

 この文を書いてからも竹内涼真(珍しいほどに濁りがない)やら中川大志(「家政婦のミタ」のとき中学生小学生だったってこと?)やら間宮祥太郎(「ミス・パイロット」のとき20歳だったってこと?)やら新田真剣佑(無敵のハンサム顔。でも何、この目の怖さは…。生気はどこ)やら…次々出てきて追いつくのに大変大変。個人的に注目しているのは北村匠海。何と言っても、ここ数年の最大の個人的ドラマヒット作「ゆとりですがなにか」で松坂桃李を追い詰める(?)バカモンスター役で笑わせてくれたので、ひいきにしたいのだー。彼がやってるらしいバンド(?)の曲を聴いてみたら、こちらでも笑わせてくれたので(ゴールデンボンバー的匂い)好感度上昇。

 「ゆとりですがなにか」は本当に面白かったなぁ。宮藤官九郎の脚本がよくできていることもあるけれど、岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥の掛け合いがサイコー。いちばんの儲け役は言動が突飛で不敵な柳楽だけれど、岡田もヌケた感じが気持ち良くフィットしていたし、松坂もまさかの童貞役が可笑しくて可笑しくて。今夏放送された続編もやっぱり面白かった。毎年観たいわー。

 ゆとりな岡田や松坂より下の世代だと、誰も目から見てもやっぱり菅田将暉と山﨑賢人がツートップでしょう。どちらもスター性が抜きん出ている。キラキラしているとはこのことで、何だかオッサンの目から見ても眩しいわー。スター性と言うのは実は演技力云々よりも大切で、これがないと演技力がいくらあっても画面を支えられない。世間がこのスター性の重要性に気づいて寛容の精神で若者たちを見守れば良いのに。…とまあ、観る度にイメージが変わる菅田と王道ハンサム路線をガンガン突き進む山﨑、うーん、がっぷり四つに共演して欲しい(いや、共演自体は何度もしてるみたいだけど)。若い俳優が元気が良いと何だか嬉しい気分になるのは、自分がオッサンになったからかー。

 関係ないけど、菅田と山﨑は以前松坂が急激に露出を増やした頃に主演した「今日、恋をはじめます」にも出ていたそうで、でも全然覚えてないなぁ。映画の内容が赤面場面連発で恥ずかしかったことだけは覚えてるんだけど。人に歴史あり。

 ちなみに…ジャ●ーズ所属タレントたち、EX●LE系俳優たちに関してはいよいよ全く語る資格なし。己の偏見が圧勝してしまって、素直に見られぬ。そうそう、大人気らしい高橋一生の魅力も全然わからん。ちゃらーん…。

 さらにちなみに…この蛇足文は北村匠海の所属しているDISH//というグループが2年ほど前に出したらしい「イエ~ィ!!☆夏休み」を流しながら(ありがとうYouTube)書いている。いいわー。バカっぽくて、わけが分からなくって、でも青春って感じだー。とりわけ「九十九里も目を閉じればワイキキビーチ・ノースショア すかした湘南GALより天然純情の千葉GAL」の件なんて、サイコー。「part II」という歌詞が入ってくるあたりの能天気さもサイコー。春畑道哉も大黒摩季も分かってるわー。

 さらにさらにちなみに…TUBEと言ったら、世間は「シーズン・イン・ザ・サン」なんだろうけど、個人的には断然「あー夏休み」が好きだわー。「サマードリーム」も好きだけど。

 …って、何、このとりとめのなさ。まさに雑文。ハハン。



※訂正
 松坂、菅田、山﨑が共演したのは「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の間違い。どちらにせよ、松坂しか覚えてないなぁ。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ