June 16-18 2017, Weekend

◆6月第3週公開映画BUZZ


カーズ クロスロード “Cars 3”
 配給:ディズニー
 監督:ブライアン・フィー
 Budget:$175,000,000
 Weekend Box Office:$53,688,680(4256) Good!
 OSCAR PLANET Score:62.0
 Oscar Potential:アニメーション映画賞

“Rough Night”
 配給:コロンビア
 監督:ルシア・アニエロ
 Budget:$20,000,000
 Weekend Box Office:$8,004,283(3162) zzz...
 OSCAR PLANET Score:51.4
 Golden Globe Potential:主演女優賞:スカーレット・ヨハンソン
                助演女優賞:ケイト・マッキノン
                助演女優賞:デミ・ムーア

海底47m “47 Meters Down”
 配給:ディメンション・フィルムズ
 監督:ヨハネス・ロバーツ
 Budget:-
 Weekend Box Office:$11,205,561(2270)
 OSCAR PLANET Score:57.1
 Oscar Potential:主演女優賞:マンディ・ムーア
           助演女優賞:クレア・ホルト
           視覚効果賞、録音賞、音響効果賞

“All Eyez on Me”
 配給:サミット・エンターテイメント
 監督:ベニー・ブーム
 Budget:$45,000,000
 Weekend Box Office:$26,435,354(2471) Great!
 OSCAR PLANET Score:35.5
 Oscar Potential:主演男優賞:ディミトリアス・シップ・ジュニア
           録音賞、音響効果賞

“The Book of Henry”
 配給:フォーカス・フィーチャーズ
 監督:コリン・トレヴォロウ
 Budget:$10,000,000
 Weekend Box Office:$1,424,540(579) zzz...
 OSCAR PLANET Score:32.0 BIG BOMB!!!
 Razzie Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演男優賞:ジェイデン・リーベラー
           助演男優賞:ジェイコブ・トレンブレイ
           助演女優賞:ナオミ・ワッツ

“Maudie”
 配給:ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
 監督:アシュリング・ウォルシュ
 Budget:-
 Weekend Box Office:$69,085(24) zzz...
 OSCAR PLANET Score:78.5
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演女優賞:サリー・ホーキンス
           助演男優賞:イーサン・ホーク
           美術賞、衣装デザイン賞


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 年末封切りの『リメンバー・ミー』に注目を奪われている感はあるものの、ピクサーは今年新作を2本リリース。「カーズ」シリーズから第3弾『カーズクロスロード』が公開になった。マックィーンが若手だったのは昔。ヴェテランと言っていいキャリアを積んだ彼が、次世代カーの台頭と大事故をきっかけに人生(車生?)の岐路に立つことに…。監督のブライアン・フィーは前二作でストーリーボードアーティストとして参加した人物とのこと。このシリーズは実はピクサー映画にしては批評家受けがさほど良くなく、前作(11年)など否定派の方が優勢だった程なのだが、今回はシリーズの世界観を良く知るフィーの抜擢が良かったか、好意的見解が多くなっている。図らずも感動を呼び起こすストーリーが用意され、映像は極めて美しい。シリーズの奥行きを深くするテーマを見誤らない視点が頑丈に定まっているとのこと。シリーズ化するにしても何故「カーズ」なのか、という疑問は多かったが、そんな不満を吹き飛ばす出来と見て良いだろう(ただし、手放しの絶賛は少ない)。アニメーション映画賞レース参戦はぎりぎりのところだろうが、まずはシリーズが息を吹き返したと見て良いのではないか。また、興行成績は前二作に及ばず、ピクサー映画としてもスロウスタートになっているが、今回は評価を考えると粘り腰の興行になる可能性がなきにしもあらず。観客の反応も上々の模様。

 珍しやスカーレット・ヨハンソンがバカコメディに挑んだのが『Rough Night』。バジェラッテパーティのためにマイアミのホテルに集まった女5人が、誤って男性ストリッパーを殺してしまい、その対処にあたふたすることに…。おそらく「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(09年)の女版のような線を狙ったのだと思われるが(話自体はクリスチャン・スレーター主演「ベリー・バッド・ウェディング」(98年)風)、批評家は「ハングオーバー!」程に寛容な反応を返していない。ヨハンソン、ケイト・マッキノンを初めとする才能豊かな女優陣が集められ、散発的に可笑しい場面は見受けられるものの、彼女たちの魅力がフル活用されているかと言うと疑わしいとする評が大勢を占めている(とは言え、完全否定も見当たらない)。ゴールデン・グローブ賞に引っ掛かるのも難しいと思われる。尤も、配給会社が期待しているのは賞よりも大ヒットのはずだ。ところが残念、そちらも完全に不発に終わっている。

 『海底47m』は日本でも今夏の公開が決まっているB級映画。姉妹が海底47メートルの檻に閉じ込められてしまい、無線や酸素がないという極限下で、サメと格闘する。所謂ワンシチュエーションスリラーで、どう見せるかが極めて重要になるのだが、批評家の反応は素っ気ない。この時期になるとプログラムされたように発表になるサメ映画。それに新味を吹かせる出来映えではなく、手に汗握る恐怖は皆無。ただ、それでも首筋をひんやりさせる程度の楽しさはあり、多くを望まなければ気軽に見られるとの声も出ている。もちろん賞レースは狙っていない。また、興行的にもB級映画に見合った数字で、これならば配給会社の良い小遣い稼ぎになると思われる。

 音楽映画からは『All Eyez on Me』。東西ヒップホップシーンの対立が激しくなるばかりの1996年、伝説のラッパー、トゥパック・シャクールを描く。ご存知のようにトゥパックは凶弾に倒れた伝説の人物。作り手が狙うのは、批評的にも興行的にも異例の成功を収めた「ストレイト・アウタ・コンプトン」(15年)の夢再び、と言ったところだろう。ただ、夢は夢のまま終わり、批評家からはたっぷりの苦言を呈されている。主演のディミトリアス・シップ・ジュニアは献身的な演技を見せているものの(トゥパックにそっくり)、主人公の内面を描くというよりはエピソードの羅列に終始した内容でしかないとの指摘が多数。もちろん賞レースチャンスは消滅したと見て良い。ただ、興行的にはスター出演映画ではないにも拘らず、2,600万ドルを超える強力スタート。「ストレイト・アウタ・コンプトン」には及ばずとも上々の興行結果と讃えて良い。

 『The Book of Henry』は隣の家に住むクラスメイトの少女が抱える秘密に気づいた少年が、母親や弟と共に彼女を助けるべく奮闘する物語。ジェイデン・リーベラーとジェイコブ・トレンブレイという今のハリウッドを代表する子役スターが兄弟に扮し、その母をナオミ・ワッツが演じる。しかも監督が「ジュラシック・ワールド」(15年)を大成功に導いたコリン・トレヴォロウと来れば、期待は大いに高まるというものだが、批評家からは罵声に近い批判を浴びせかけられているから残念無念。野心ある題材であり、それに見合った映画人が集められているものの、感傷からは逃れらず、効き過ぎた捻りが観客を置いてけぼりにしてしまうのだとか。元々は昨年の公開が予定されていたのが今年封切に変更になったのは、配給元も出来に自信がなかったからなのかもしれない。もちろん賞レースチャンスは消滅。興行的にも大惨敗と言って良い数字が報告されている。

 昨年のテルライド映画祭でプレミア上映されていた『Maudie』が、各映画祭を行脚した後、ようやくアメリカ公開へ。若年性リウマチにより幼少期より身体が不自由だったカナダのフォークアート画家、モード・ルイスを描く実話物。いかにも賞レース受けしそうな題材だが、なるほど批評家の反応は極めて温かい。才能ある人物が肉体的に辛いところがあっても、本物の才能と人間性によって未来を切り開く様が美しく綴られる。とりわけタイトルロールを演じるサリー・ホーキンスの功績は大きく、彼女が演じたからこそ説得力が出た役柄との声も出ている。もし賞レースチャンスがあるとするなら、ホーキンスの主演女優賞ということになるだろう。ただ、興行的には完全に不発に終わっていて、BUZZ不足に足を引っ張られる可能性は高い。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ