April 21-23 2017, Weekend

◆4月第3週公開映画BUZZ


フリー・ファイヤー “Free Fire”
 配給:A24
 監督:ベン・ウィートリー
 Budget:$10,000,000
 Weekend Box Office:$994,430(1070) zzz...
 OSCAR PLANET Score:62.0
 Oscar Potential:助演男優賞:シャルート・コプリー
           助演男優賞:アーミー・ハマー
           助演男優賞:キリアン・マーフィ
           助演男優賞:ジャック・レイナー
           助演女優賞:ブリー・ラーソン
           撮影賞、編集賞、録音賞、音響効果賞

“The Promise”
 配給:オープンロード・フィルムズ
 監督:テリー・ジョージ
 Budget:$100,000,000
 Weekend Box Office:$4,095,718(2251) zzz...
 OSCAR PLANET Score:50.4
 Oscar Potential:主演男優賞:オスカー・アイザック
           助演男優賞:クリスチャン・ベール
           助演女優賞:シャルロット・ルボン
           撮影賞

“Unforgettable”
 配給:ワーナー・ブラザース
 監督:デニーズ・ディ・ノヴィ
 Budget:$12,000,000
 Weekend Box Office:$4,809,090(2417) zzz...
 OSCAR PLANET Score:40.6
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演女優賞:キャサリン・ヘイグル
           助演女優賞:ロザリオ・ドーソン


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 日本でもほぼ同時公開となる『フリー・ファイヤー』は、昨秋のトロント映画祭のミッドナイト・マッドネス部門で観客賞を受賞した注目作。1970年代のボストン、とある倉庫に集まった二組のギャングの銃取引が決裂、凄惨な銃撃戦が始まる…というほとんどワンシチュエーションで描かれるアクション・スリラー。トロント同様、批評家の反応は上々。小難しくすることも気取ることもなくジャンル映画ならではの高揚感を追求する演出で、ガンアクションファンには堪らない画の連続。集められた個性派キャストも嬉しそうに作品に身を捧げているとのこと。賞レースは端から狙っていないだろうが、後々カルト的な人気を博すことになるかもしれない。本作の製作総指揮にマーティン・スコセッシの名前があるのも気になるところ。ただし、興行的には大惨敗。1,000館以上の上映館を用意されながら、週末3日間で100万ドルを下回る体たらくとなっている。

 同じく昨秋トロント映画祭でプレミア上映された『The Promise』がようやくアメリカ公開。オスマン帝国崩壊直前の20世紀初頭、優秀な医学生、パリ駐在のアメリカ人ジャーナリスト、ふたりに愛される美女の三角関係をアルメニア人虐殺の歴史を交えて描き出す。オスカー・アイザック、クリスチャン・ベールら好調キャストの共演が話題の一作だが、批評家からは冷たい反応が返っている。一流キャストの演技と実話の魅力は具えているものの、ラヴストーリーに関してはフラストレーションの溜まる味気ないもので、作品の全体像もぼんやりしたものに終わっているという。これでは賞レース参戦は望めないだろう。興行的にも3日間で409万ドルという大変寂しい数字が報告されている。製作費が1億ドルもかけられていることを考えると(Really???)、今年を代表する興行的失敗作に認定して良い。

 スリラーのジャンルからは『Unforgettable』が登場。元夫の再婚を知った元妻が新しい妻に悪質な嫌がらせを仕掛けていく様を描く。元妻をキャサリン・ハイグル、新しい妻をロザリオ・ドーソンが演じる。コメディのイメージが強いハイグルが恐ろしい役柄を演じるのがミソ。…なのだが、批評家の反応はよろしくない。ハイグルとドーソンはそれぞれの役柄を的確に演じているものの、ストーリーは予測できるものでしかなく、そこから生まれるサスペンスもありふれたものだという。退屈はしなくとも、既視感あるものでしかないとの意見が多いか。賞レースは端から狙ったものではないが、ラジー賞に好かれているハイグルは注意が必要かもしれない(実際のところ、ラジー賞級の酷評ではないが…)。興行的失敗もそれを後押しする材料になるか。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ