座席

 最近の映画館は、シネコンが増えたこともあって座席指定されることが大半だけれど、それでもまだ自由に座れるところも存在する。どの席に座るかということは、快適な鑑賞のためにはとても重要だ。

 長らく映画を観続けていると、大体同じようなところに座る。以前は中段ぐらいに座っていたけれど、最近は後方に座ることが多くなった。画面の隅々まで観るためには、やっぱり後ろの方が余裕が出てくるのだ。ただし、3D映画は中段で観るのがベスト、というのをどこかで聞いて以来、3Dに関しては中段を選ぶようにしている(チケット購入の段階で。3D映画は座席を指定されるシネコンで上映される)。その割りに3Dが効果的な映画には全然出合わないけど。

 後方の席でも良い席と悪い席がある。最も良いのが前後左右に誰もいない席であることは言うまでもないけれど、混んでいるときはその条件を満たした席を見つけるのに苦労する。混んでいる映画館には活気というものがあって、決して嫌いではない。嫌いではないけれどしかし、やっぱりゆったりとしたところで観たいというのが本音である。

 その際、どうしてもチェックしたいのは、横に座る人間…ではなく、前に座る人間だ。前に座る人間の背(正確には座高)が高過ぎると、スクリーンを遮られてしまって、鑑賞中身体をズラして観るハメになってしまい、大変だ。「オマエ、座高が高過ぎるだろー」と突っ込んだって、別にその人だって好きでデカくなったワケじゃないし、チェ・ホンマンじゃないだけマシ、とでも思うしかない。だから、予め前の人間の頭で見え難くないか、調べることにしている。注意したいのは、前に座っているのがカップルで来ている内の女である場合だ。ふたりが直前になって席を入れ替わり、前がデカい男になって苦労する場合があるのだ。ビーケアフルである。

 …とこれだけ気をつけていても、それでもうっかり罠にハマってしまうことがある。それは…極端に姿勢が良過ぎる人が前に来てしまった場合だ。上映前はリラックスして浅く椅子に腰掛けていたというのに、上映が始まるやいなや、これから茶道でも始めるのかと思うくらいに背筋をピンと伸ばし、頭の位置が必要以上に高くなって、結果スクリーンを邪魔するというパターン。これはもうどうしようもない。上映前から背筋を伸ばしていてくれれば避けられるけれど、上映前からそんな人はない。運の悪さを恨めしく思いながら、不自然な体勢での鑑賞を強いられる。

 ちなみに…なんとかスクリーンを見易い体勢になろうと身体を動かしていると、自分の後ろに座っている方の邪魔になってしまうことが考えられる。それを考えると思い切って動けない。映画館でも結構気を遣うことがあるのだった。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 戯 言
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ