May 27-29 2016, Weekend

◆5月第4週公開映画BUZZ


X-MEN:アポカリプス “X-Men: Apocalypse”
 配給:20世紀フォックス
 監督:ブライアン・シンガー
 Budget:$234,000,000
 Weekend Box Office:$65,769,562(4150) Good!
 OSCAR PLANET Score:50.4
 Oscar Potential:助演男優賞:マイケル・ファスベンダー
           助演男優賞:ジェームズ・マカヴォイ
           助演女優賞:ジェニファー・ローレンス
           撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           視覚効果賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅 “Alice Through the Looking Glass”
 配給:ディズニー
 監督:ジェームズ・ボビン
 Budget:$200,000,000 - 250,000,000
 Weekend Box Office:$26,858,726(3763) zzz...
 OSCAR PLANET Score:33.4 BIG BOMB!
 Oscar Potential:美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞、視覚効果賞、主題歌賞
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演女優賞:ミア・ワシコウスカ
           助演男優賞:サシャ・バロン・コーエン
           助演男優賞:ジョニー・デップ
           助演女優賞:ヘレナ・ボナム=カーター
           助演女優賞:アン・ハサウェイ


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 メモリアルデイの週末は続編対決。

 『X-MEN:アポカリプス』はもはや何作目なのか分からない「X-MEN」シリーズ最新作。ミュータントの始祖であるアポカリプスが長い眠りから目を覚ます。マグニートーを従えたアポカリプスの企みを、プロフェッサーXやミスティークは阻止しようとするが…。監督を務めるのは高評価を得た前作に引き続きブライアン・シンガー。同様の出来映えを期待されての登板だが、残念無念、批評家の反応はさほど芳しいものではない。マイケル・ファスベンダーやジェームズ・マカヴォイ、ジェニファー・ローレンスら強力なスター俳優陣と考えさせられるテーマが用意されているものの、整理仕切れず胃もたれを誘うばかりのアクションと新味のない悪役が足を引っ張り、締まりのない仕上がりだと言う。長く続くシリーズゆえ、最高水準を維持したまま世界観を展開させていくのは至難の業。これでシリーズが打ち止めになるほどの壊滅的な結果ではないことが救いだろうか。また、先行公開された『デッドプール』がこのシリーズに参戦するようなことがあれば、新しい風を吹かせられるかもしれない。それに興行成績は前作には及ばずとも悪くはない。これまで同様、次週以降は大きく落ち込むだろうが、それでも2億ドル弱までは到達するのではないか。なお、賞レースでは視覚効果賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞あたりにチャンスが残されているだろう。

 『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』は「アリス・イン・ワンダーランド」の続編。メインキャストは皆続投、前回監督を務めたティム・バートンはプロデュースに回っている。悲しい過去に囚われたマッドハッターを救う冒険に出るアリスが描かれる。原作からいよいよ大きく逸脱した世界観になっていると思われるが、お馴染みのキャラクターたちの魅力を存分に生かすことに失敗、ストーリーも詰め込み過ぎが圧迫感を生んでいるとか。前作同様ヴィジュアルには目を見張るものがあるとのことだが…。また、むしろ問題は興行成績にあるだろう。オープニング成績は2,685万ドル。これは前作の1億1,610万ドルの1/4にも満たない数字で、早々と米国内だけでの製作費回収は絶望的となっている。続編の飽和状態、一作目からの長い時間の経過、原作からかけ離れたストーリー等失敗の要因は色々あるだろうが、公開と同時に浮上したジョニー・デップの離婚ゴシップがスケープゴートにされる危険もある。賞レース参戦は『X-MEN:アポカリプス』と同じく、視覚効果賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞に僅かにチャンスを残す。もしかしたらP!nkによる書き下ろし楽曲「Just Like Fire」が主題歌賞に絡む可能性もあるか。同楽曲は現在ビルボードHOT100を順調に上昇している。尤も、より可能性が高いのはラジー賞だろう。とりわけデップは危うい。せっかく「ブラック・スキャンダル」(15年)で本領を発揮したばかりだというのに…。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ