November 5 - 7 weekend, 2010

November 5 - 7 weekend, 2010

1 127 Hours|$66,213(4)$264,851
2 Fair Game|$14,154(46)$651,082
3 メガマインド|$11,668(3944)$46,016,833
4 デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断|$9,743(3355)$32,689,406
5 For Colored Girls|$9,167(2127)$19,497,324

6 刑事ベラミー|$7,659(2)$47,105
7 Four Lions|$5,189(8)$41,512
8 ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士|$3,888(192)$1,995,841
9 アバター<特別編>|$2,835(9)$10,696,420
10 ソウ ザ・ファイナル 3D|$2,753(2808)$38,331,783

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 ジャスティン・ロングさんが自動車事故に巻き込まれたそうです。…と言っても事故の規模は小さく、軽い脳震盪で済んだそうな。ロングさんはドリュー・バリモアさんと付き合っているんだか付き合っていないんだかはっきりしないと言われていますが、否定しないというのが答えを言っているようなものでありましょう。ちゅーかロング!頭のセンが緩んでいるようなアンポンタン顔なのに、バリモアさんがスパッとお別れできないあたり、実はかなりすごいところがあるのではないかと思い始めているワタクシ。すごいところって、どこ。

 チャートへ。ダニー・ボイル監督の『127 Hours』が堂々第1位へ。岩に腕を挟まれてしまい、その腕を切り落として生還した実在の登山家アーロン・ラルストンを描くもの。切断シーンはかなり生々しいそうで、「ソウ」シリーズ好きの方でも楽しめる…かもしれません。主演を飾るのはジェームズ・フランコ。ここ数年の絶好調ぶりは何なのでしょう。コメディをやり始めてから、俳優としてジャンプアップしたような気がします。やっぱり男はふり幅が大きくないとねー。共演はアンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン。

 2位インは『Fair Game』。CIAのエージェントだったヴァレリー・プレイムが、ホワイトハウスによりその情報をリークされた実話を描くポリティカル・スリラー。ハリウッド中の女優が演じたがったと言われる役柄を射止めたのはナオミ・ワッツ。ふむ、おとなしそうな顔をしながら、実にツボを押さえた人生(&キャリア)を歩んでいるところが素晴らしい。嫌味もないし。気がつけばリーヴ・シュライバーとの間にふたりも子供がいますしね。夫役にショーン・ペン。その他ノア・エメリッヒ、ニコラス・サドラーが出演。監督は出来不出来の差が激しいダグ・リーマン。

 3位に登場したのはドリームワークス製アニメーション『メガマインド』(原題:『Megamind』)。スーパーヒーローを倒したことにより生き甲斐をなくしてしまった悪役男が自ら進んでヒーローを作り出すが、そのヒーローが今度は悪人になってしまい…というストーリー。ウィル・フェレル、ブラッド・ピット、ティナ・フェイ、ジョナ・ヒル、デヴィッド・クロスが声の出演。なんか主人公がピッコロ大魔王を青くしただけにしか見えないんですけど、まあ、いいでしょう。ピッコロと孫悟飯の師弟関係にホロッとしたのは遠い昔です。

 4位はトッド・フィリップス監督によるコメディ『デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断』(原題:『Due Date』)。出産を控えた妻に会うべくアメリカ横断のロードトリップに出る男を描くもの。主演がロバート・ダウニー・ジュニア、ザック・ガリフィアナキスというだけで小躍りしたくなりますが、ポスターを観る限りパグ(?)も活躍しそうで、さらに嬉しくなります。ワタクシ、犬を飼いたい衝動を抑えるのに苦労している昨今なのですが、もし飼うとするならパグかマメシバが良いのです。パグはブサイクなんだけど、可愛いー。世のブサイク男たちが目指すべきところでありましょう。違いますか。共演はミシェル・モナハン、ジェイミー・フォックス、ジュリエット・ルイス、ダニー・マクブライド。

 5位に入ったのは、またまた出ましたタイラー・ペリー作品『For Colored Girls』。8人のアフリカ系女性の人生を描くオビー賞受賞舞台劇の映画化。出演俳優がなかなか豪華で、ロレッタ・ディヴァイン、サンディ・ニュートン、キンバリー・エリス、アニカ・ノニ・ローズ、ウーピー・ゴールドバーグ、ケリー・ワシントン、メイシー・グレイ、そしてジャネット・ジャクソン。今、ジャクソンの最新の顔を見ているのですが、うっ、これ以上は絶対に弄らないほうがいいですよ。お兄ちゃんを思い出して下さい。

 7位デビューは『Four Lions』。イスラム教徒が受けている仕打ちに絶望して自爆テロの計画を練る男4人を描くもの。深刻なドラマかと思いきや、どっこいコメディ仕立てというのが嬉しい一品。やっぱりねー、笑いは大切ですよ。ただ、本当にどシリアスな状況下での笑い爆弾の投下には気をつけて欲しいのです。ワタクシ、一度笑い出したら止まらないタイプなのです…。先日も納棺式でねー(詳細はいずれ…)。クリス・モリスが監督。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ