アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン “Avengers: Age of Ultron”

監督:ジョス・ウェドン

出演:ロバート・ダウニー・ジュニア、クリス・ヘムズワース、
   クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、ジェレミー・レナー、
   スカーレット・ヨハンソン、エリザベス・オルセン、アーロン・ジョンソン、
   サミュエル・L・ジャクソン、ドン・チードル、アンソニー・マッキー、
   コビー・スマルダーズ、ポール・ベタニー、ヘイリー・アトウェル、
   イドリス・エルバ、ジェームズ・スペイダー、リンダ・カーデリーニ、
   トーマス・クレッチマン、ジュリー・デルピー、アンディ・サーキス、
   ステラン・スカルスガルド、キム・スヒョン、スタン・リー

評価:★★




 今のハリウッドはマーヴェルが仕切っている。次から次へとヒーローが登場。公開される度に大ヒット。新ニュースが入ればファンは一喜一憂。TVに進出すれば「エージェント・オブ・シールド」(13年~)が大成功。マーヴェルの狙いはずばり、アベンジャーズの世界観の拡大だ。「アベンジャーズ」(12年)がマーヴェルのヒーロー映画に対する回答だったことは間違いない。

 けれど、世界観の拡大は良いことばかりではない。ヒーローが増えるに連れ、登場人物の関係性が複雑になるに連れ、アクションのスケールが大きくなるに連れ、シャープさは失われる。だってそうだろう。映画という箱の容量は決まっている。詰め込むだけ詰め込めば、中身はぎゅうぎゅう詰めを強いられ、余白がなくなるばかりか、箱自体が無理な膨張を始める。製作前から抱いていた危惧が的中、それが『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』だ。

 大掛かりなアクションが、何の説明もなしにいきなり始まる。名の知れたキャラクターたちが大暴れ。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ホークアイ、そしてブラック・ウィドウ。独立して主演作が作られるほどの人気ヒーローのアンサンブル、瞬きをしている暇などない。こってり濃厚な味のメインディッシュばかり食わされているような腹にもたれる重量感。一作目では世界観の説明が緩急の「緩」に繋がっていた。ここにはそれがない。

 しかも、ふたりのヒーローが加わる。スカーレット・ウィッチとクイックシルヴァーだ。彼らが最初、敵側についているのがくどい。さらにはそれぞれのシリーズの脇役キャラクターも顔を見せる。「アイアンマン」シリーズからはウォーマシーン。「キャプテン・アメリカ」シリーズからはファルコン。ヒーローを除けば、知っているキャラクターはさらに増える。ファンサーヴィスのつもりだろうけれど、箱の膨張は作品の締まりを悪くするだけだ。

 メンバーそれぞれのドラマも進めなければらない。アイアンマンは孤立に追い込まれ、キャプテン・アメリカは彼と対立する顔になる。ソーは途中単独行動に出るし、ハルクとブラック・ウィドウは突然の急接近。ホークアイには家族がいることが判明。何と言うか、ウルトロンなる新たなる脅威である人工知能がいくら暴れても、さほど恐怖をかき立てない。軸となる物語のインパクトが弱いと言い換えることも可能だ。今回用意された各々の新たなる表情で得をしたのはホークアイぐらいではないか。良い父ちゃんのようじゃないか。

 ヒーロー同士の肉体的対決がアイアンマンとハルクぐらいに絞られる。それならば、その穴を埋める呼び物があるべきだった。例えば、ヒーロー同士のコンビネーションを売りにしたアクションなど、それが可能だろう。序盤にキャプテン・アメリカの盾とソーのハンマーが絡んで思いがけない技をキメる。アイアンマンのジェット噴射、ホークアイの弓矢等も、面白いアクションが作り出せそうではないか。

 アベンジャーズは今回、その結束に亀裂が入る。そのためマーヴェル特有の明るさが随分目減りしたような印象だ。もちろんギャグは入るし、ヒーローのボヤキは可笑しい。けれど、天真爛漫なコミックの味は薄くなった。寂しい事態だ。マーヴェルを追いかけるDCコミックほどにはダークな方向には走らないだろうけれど、次回作以降は今回以上の暗さは勘弁願いたい。太陽の明るさはマーヴェルでなければ出せない宝だ。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ