エレファント・ソング

エレファント・ソング “Elephant Song”

監督:シャルル・ビナメ

出演:ブルース・グリーンウッド、グザヴィエ・ドラン、キャサリン・キーナー、
   キャリー=アン・モス、コルム・フィオール

評価:★★




 あるイメージがふと思い浮かぶ。青年は湖で溺れている。岸では精神科医がそれを眺めている。普通は主導権を握るのは医師だろう。青年の命は医師の判断に委ねられる。ところが、ここではこの状況下でなお、青年が優位に立つ。何故か。『エレファント・ソング』はこのイメージを膨らませる。

 イメージの浮上は視線の徹底が大きい。医師はブルース・グリーンウッド、青年はグザヴィエ・ドランだ。グリーンウッドがドランより背が随分高いこともあり、ドランは常にグリーンウッドを見上げることになる。グリーンウッドが椅子に腰かけるときは、ドランは床に座っている。その際の下から上へのドランの眼差しがやけに鋭利だ。この千載一遇のチャンスを逃すまいと周到に罠を仕掛ける。失踪中の担当医の部屋は俺が仕切るとばかりに勝負に出る。低い視線は勝負に勝つための無意識の作戦ではないか。上から見下ろすグリーンウッドは気を緩める。

 舞台は精神病院。患者は挑発的。青年はいかなる理由で入所したのか。精神科医も看護師長も過去に何かがありそうだ。いかにもドラン好みのモチーフが散りばめられるも、これはそう深読みするような話ではない。ドランが演じる役柄こそドラン的だけれど、話自体は王道の心理ゲーム映画ではないか。裏を読むのに熱心になるのは健康的ではない。

 問題は映画的なカタルシスからかけ離れていることだ。会話劇で進むストーリーが、ほぼ病院の一室に展開される。そこでドランがグリーンウッドを、回りくどい言い回しや意味あり気なエピソードの披露で翻弄する画が並べられる。最初こそドランの楽しそうな立ち居振る舞いに見入るものの、次第にそれしかないことが分かる。画面も陰影や抑揚に乏しい。

 これは多分、戯曲を原作にしている影響なのだろう。舞台が意識されたプロットを何とか映画的に見せようという気配はあるものの(例:関係者が調べを受ける形で話が進められる)、頭でっかちな印象を取り払うことに失敗する。登場人物が窒息しそうな掛け合いを見せるのは構わない。けれど、作品自体が窒息寸前の窮屈さだ。

 後味は良くない。物語自体はもちろん、グリーンウッドとキャサリン・キーナーがベンチで並んで終わるショットを入れる愚鈍さが嫌だ。無理矢理穏やかなところへ持ち込もうとするのが潔くない。もしかしたら作り手の題材への娯楽映画の意識が端から少ないのかもしれない。だとしたら、芸術性というものを見誤っているのではないか。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ